Best of 2011 Year

Posted by in Cinema, Music

Top 10 CDs of 2011

Time Machine 2011:Live in Cleveland

1.Time Machine 2011:Live in Cleveland / Rush
2.Bilateral / Leprous
3.Carbon Based Anatomy / Cynic
4.Heritage / Opeth
5.FREDDIE MERCURY TRIBUTE LOVE OF MY LIFE / 三柴理
6.Road Salt Two / Pain of Salvation
7.Ghost / Devin Townsend Project
8.New Blood / Peter Gabriel
9.Biophilia / Bjork
10. Hymn of a Broken Man / Times of Grace

昨年「今年はこれまでで一番CDを買わなかった年かも。」とか言ってたけど、今年はそれ以上だったという…(苦笑)
ただ単に聞いてないだけなのかも知れないけど、インパクトのある作品が少なかったなぁという印象。
1位はちょっと反則気味かも知れないけど、アメリカまで観に行ったツアーのライヴアルバムというのは思い入れも違うしね。本人たちはあんなにニコニコしながらさらっと演奏してるけど、このアンサンブルはやっぱりちょっと尋常じゃない。
Leprousは今年一番嬉しい出会いだったなぁ。System of A Down + Opeth + Pain of Salvationって感じで完全にツボ。12月に入ってから手に入れたけど相当聴いた。
Cynicは、Cynic以外何者でもない完璧な世界観にノックアウト。不満はミニアルバムということだけ。
Opethの挑戦的な方向転換は次作で花開くような気がする。
PoSはこれを最後に次々にメンバーが辞めてしまって今後が心配…。それにしても、ある意味Opeth(ミカエル)もPoS(ダニエル)と同じルーツに帰りつつ進化するという道を選んだのは興味深いですね。
来年は六合、DREAMSTORIA、ALL IMAGES BLAZINGのアルバムを無事リリースして、沢山の人のランキングに入ることを目指します!


Top 10 Films of 2011

ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

1.ブラック・スワン
2.宇宙人ポール
3.ミッション:8ミニッツ
4.SUPER 8
5.アジョシ
6.127時間
7.モールス
8.ピラニア3D
9.ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
10.スプライス

最後の最後に「宇宙人ポール」という傑作が登場したお陰で、かなり悩んだけど1位はこれで。未だに引き摺る程のインパクトを与えてくれる作品はそうそう出会えるもんじゃない。
ただ、「宇宙人ポール」の突き抜け感と下品さ(褒め言葉)も相当なものでしたね(笑)
「ミッション:8ミニッツ」は派手さはないんだけど、じんわり心に沁みる素晴らしい作品。繰り返し見たくなる。
「SUPER 8」はエイリアンの造形以外は見事に”あの時代”の映画の空気感を再現していて、スピルバーグの偉大さを再確認した。「SUPER 8」にしても、「宇宙人ポール」にしても、スピルバーグの映画界への影響って年々大きくなってきてるよね。
日本の映画界は「アジョシ」を観て負けない作品を作って欲しい。ドラマの特別編を映画と称して上映するのはもうやめませんか?
あと、今年はゾンビものがあまり上映されなかったのが残念だったなぁ…。その代わりエイリアンものが頑張ってたけど。
リメイクや続編じゃなく、オリジナル作品でもっと映画界が盛り上がるますように。
とか言いつつ、来年の「スター・ウォーズ」の3D上映はめっちゃ楽しみにしてるけど!(笑)



来年も素晴らしい作品と沢山出会えますように。


Similar Posts