チャーリーとチョコレート工場

charlie_and_the_chocolate_factory1.jpg1964年に出版されて以来、世界中で愛され続けているロアルド・ダールの大ベスト・セラー「チョコレート工場の秘密」を、1971年の「夢のチョコレート工場」に続き映画化した作品。

出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デイビッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、クリストファー・リー、ノア・テイラー、アンナソフィア・ロブ、ジュリア・ウィンター、ジョーダン・フライ、フィリップ・ウィーグラッツほか
音楽:ダニー・エルフマン
脚本:ジョン・オーガスト
監督:ティム・バートン



ティム・バートン&ジョニー・デップ作品に外れなし。

オープニングから一気に目くるめく夢の世界に引き込まれ、エンディングまでがアッという間。
ティム・バートンらしさ全開の毒々しい(勿論良い意味で)までのカラフルでファンタジックな映像、「ネバーランド」とは正反対のまさに本領発揮と言えるジョニー・デップのエキセントリックな演技、フレディ・ハイモアの一点の曇りも無く輝いた笑顔、そしてダニー・エルフマンによる映像と一体化したファニーでコミカルな音楽。
全てがまるでアトラクションに乗っているかのような驚きと楽しさ、オリジナリティに満ちていて、社会への様々な批判や皮肉をブラック・ユーモアとして盛り込みながらも、見事にあくまで子供から大人まで楽しめる一大エンタテインメントに仕上がっています。

天国の口、終りの楽園。

51qad565hhl.jpg若さ溢れる2人の青年が美しい人妻とともに、それぞれの思いを胸に幻のビーチ”天国の口”へと向かうひと夏の旅を描いた青春ロード・ムービー。

出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ、マリベル・ヴェルドゥ、フアン・カルロス・レモリーナ、アナ・ロペス・メルカード、マリア・アウラほか
脚本:アルフォンソ・キュアロン、カルロス・キュアロン
監督:アルフォンソ・キュアロン



2人の少年と1人の人妻の旅。
お互いの身の上を話し、くだらない事で笑い、そして距離を縮めていく。
思春期特有の性に対しての貪欲な興味や、全てに対して立ち向かい、また逃げ出したくなる衝動を、アルフォンソ・キュアロンはこの刹那的な旅の中で見事に描いています。
“天国の口”へと向かう途中で様々な表情を見せるメキシコの風景描写も美しく、その移り行く風景はまるで人生のよう。
一度しかない人生、一度しかない瞬間。
有限だからこその貴さと切なさをリアルに感じさせてくれる作品です。

ドーン・オブ・ザ・デッド

dawnofthedead.jpgジョージ・A・ロメロのリビングデッド3部作の第2作である歴史的傑作「ゾンビ」をリメイクしたサバイバル・ホラー・ムービー。

出演:サラ・ポーリー、ヴィング・レームズ、ジェイク・ウェバー、メキー・ファイファー、タイ・バーレル、スコット・H・ライニガー、ケン・フォリー、トム・サヴィーニほか
音楽:タイラー・ベイツ
脚本:ジェームズ・ガン
監督:ザック・スナイダー


リメイクというものは、オリジナルを継承しつつも新しい何かを加えなければ意味がありません。
単に映像が綺麗だとか、ヴィジュアル面がリアルになったとか、それだけならリメイクとしての価値はゼロ。
最近はホラーの世界でもリメイク・ブームですが、成功しているとは言い難い作品が殆どです。
しかし、この作品はその中でも珍しい成功例の一つ。

オリジナルの「ゾンビ」が大量消費社会への批判を織り込みながら、滅びゆく人間社会を緩やかに描いていたのに対し、この「ドーン・オブ・ザ・デッド」が描いたのは救いなど皆無の絶対的な絶望感。
とにかく展開もゾンビも速い。
襲い来るゾンビの大群とその感染力をゾンビ映画史上最速で描く事で、生き残る事など絶対不可能に思える世界の終焉と言える状況を作り出し、しかしその中でも尚生き延びようとする人間の無力さと強さを圧倒的な迫力で見る者に突きつけてきます。
オリジナルにあった社会批判などのメッセージ性はほぼ原形を留めていませんが、ゾンビという得体の知れないものが襲ってくるという、ある意味恐怖の原点に立ち返った作風には潔さすら感じます。

デス・プルーフ in グラインドハウス

death-proof.jpg元スタントマンが愛車を凶器にセクシー美女たちを次々に血祭りに上げるさまと、そんな恐怖の殺人鬼に敢然と立ち向かうスタントウーマンとの壮絶な死闘をCGに頼らない迫真のカー・アクション満載で描く痛快スラッシャー・ムービー。

出演:ゾーイ・ベル、カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シドニー・ターミア・ポワチエ、マイケル・パークス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ヴァネッサ・フェルリト、ジョーダン・ラッドほか
脚本:クエンティン・タランティーノ
監督:クエンティン・タランティーノ


本編の前にはニセ予告編3本。

まずはロブ・ゾンビが監督した「ナチ親衛隊の狼女」。
最近ではすっかり見なくなったナチス女囚もの。
シェリ・ムーン・ゾンビがいつものようにビッチな役で登場したり、ニコラス・ケイジが嬉々としてゲスト出演してたり、作りが敢えて超チープだったりするものの、残念ながら本編を見たいとは思いませんでした(苦笑)
次は「ショーン・オブ・ザ・デッド」のエドガー・ライトが監督した「Don’t/ドント」。
「ヘルハウス」のパロディで、「こういう怖そうな家に入るのは、Don’t!」「地下室に入るのは、Don’t!」と、やたらめったら「Don’t!」を連呼する予告編ならではのフォーマットを利用した傑作。
最後は「ホステル」のイーライ・ロス監督の「感謝祭」。
「ハロウィン」とか「血のバレンタイン」とかはあるのに何で感謝祭のスラッシャー映画はないんだ!と、ただそれだけの理由で作った懐かしい雰囲気満載のスラッシャー予告編。
イーライ・ロスの悪趣味っぷり全快でしたね(笑)

そんな3本のニセ予告編でテンションがあがったところで、いよいよ「デス・プルーフ」がスタート!

タワーリング・インフェルノ

51u2ij5pvrl.jpg135階建ての超高層ビル”グラス・タワー”で発生した大火災からの脱出劇を描いたパニック超大作。

出演:スティーヴ・マックィーン、ポール・ニューマン、ウィリアム・ホールデン、フェイ・ダナウェイ、フレッド・アステア、O・J・シンプソン、リチャード・チェンバレン、ロバート・ヴォーンほか
音楽:ジョン・ウィリアムズ
脚本:スターリング・シリファント
監督:アーウィン・アレン、ジョン・ギラーミン


「ポセイドン・アドベンチャー」と並ぶ、パニック映画の金字塔。

160分もの長尺にも関わらず、見る度にその凄さを見せつけられる恐ろしい作品です。
どんなに遅い時間に見始めても、一度スタートボタンを押したが最後、決して眠る事を許してくれません。
これが30年以上も前に作られた作品とは…。

最近の作品とは違ってヴィジュアルに頼らない、あくまで脚本とカメラワーク、編集によって生み出されるスリリングな展開と、幾つもの人間ドラマによって一気に最後まで見せきってしまう構成の上手さ、そして全編に漂う、まるで自分もその場にいるかのような緊迫感はとにかく圧巻の一言。
特に後半のガス爆発によって崩れてしまった階段を捩れた手摺りをつたって下りていくシーンや、ゴンドラで隣のビルへ移動するシーン、ビルの外壁から落ちそうになるエレベーターの救出シーンなどは、後のパニック・ムービーに多大な影響を与えた屈指の名場面です。
この作品にはパニック映画に必要なものが全て詰まっていると言えるでしょう。

Scroll to top