勝手にゾンビ映画祭

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=tOBjbkMGYlQ]

わずか約5,850円(45ポンド)という超低予算が話題になっている映画『コリン LOVE OF THE DEAD』の公開を記念して、伝説の傑作ゾンビ映画の数々を一挙上映する東京国際ゾンビ映画祭2011がヒューマントラストシネマ渋谷で開催されることが明らかになった。劇場初上映、日本初公開作を含む16本が2月26日~3月4日に上映される。(1ポンド130円計算)

東京国際ゾンビ映画祭で上映されるのは映画『ゾンビ』『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』などジョージ・A・ロメロ監督作品6作、『サンゲリア』のルチオ・フルチ監督作品4作を含めた16本。ゾンビ映画好きなら観ているに違いないロメロ監督の映画『ゾンビ』も、ダリオ・アルジェント監修版に加え、日本では劇場初公開となる米国劇場公開版が上映される。そのほか、日本初公開となるイタリア産ゾンビ映画『アイランド・オブ・ザ・デッド』、これが本邦初披露となる映画『デッドランド』といった、これを逃したらスクリーンで観られるチャンスはまずないであろう作品がめじろ押しだ。

シネマトゥデイ

正直なところ「コリン LOVE OF THE DEAD」にはそれほど期待してないんですけど、ゾンビ好きとしては東京国際ゾンビ映画祭はその名前だけで相当テンション上がります。
ただ、その名の通り東京のみ。何故関西でもやってくれないのかとゾンビ姿でじわじわと問いつめたいですね。殆どがロメロとフルチ作品ってのも個人的には残念。どっちも好きなんですけど。

という事で、僕に「ゾンビ映画祭」の上映作品を選ぶ権利があったと過程して10本選んでみました。
どれも傑作ばかり!我ながら素晴らしいチョイスだと思うんですけど、どうでしょうか?
新たな傑作ゾンビ映画に出会いたい今日この頃です。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド [Blu-ray]
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
ゾンビ映画の金字塔。人間の恐ろしさを見事に描いたラストの衝撃は未だに忘れられません。

ゾンビ ディレクターズカット版 HDリマスター・バージョン [DVD]
ゾンビ
これぞゾンビ映画。絶対に外せない名作。

バタリアン [DVD]
バタリアン
パロディであってもこれは傑作。ラストシーンを見てアメリカの怖さを知りました。

バタリアン・リターンズ [DVD]
バタリアン・リターンズ
史上最も泣けるゾンビ映画。

ブレインデッド [DVD]
ブレインデッド
史上最も血の量が多いゾンビ映画。これが無ければ「ロード・オブ・ザ・リング」もなかった。

死霊のはらわた [Blu-ray]
死霊のはらわた
ブルース・キャンベルのキレっぷりが最強。これが無ければ「スパイダーマン」もなかった。

サンゲリア 25th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION [DVD]
サンゲリア
鮫と格闘するゾンビが見られるのは「サンゲリア」だけ。

28週後… [Blu-ray]
28週後…
ひたすら続く途方もない終末感とヘリコプターのシーンが素晴らし過ぎる。サントラも最高。

ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット プレミアム・エディション [DVD]
ドーン・オブ・ザ・デッド
走るゾンビを常識にしてしまった功罪はあるにせよ、これは傑作。珍しいリメイクの成功作。

ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
ショーン・オブ・ザ・デッド
最初から最後までゾンビ愛がたっぷり詰まった傑作コメディ。

ブレインデッド

braindead.jpg未知の生物ラット・モンキーから感染していくゾンビ騒動を描いたスプラッター・ホラー。

出演:ティモシー・バルム、ダイアナ・ペニャルヴァー、エリザベス・ムーディ、イアン・ワトキンほか
音楽:ピーター・ダゼント
脚本:ピーター・ジャクソン、スティーヴン・シンクレア、フランシス・ウォルシュ
監督:ピーター・ジャクソン


スプラッター・ムービーの極北。

この作品ほどストーリーや登場人物など通常作品の重要なファクターになるべきものが、そのヴィジュアルの前に霞んでしまう作品もないでしょう。
恐らく、この作品を見た全ての人の脳裏に焼き付くのは画面一杯に広がる血の海だけ。
クライマックスで延々と続く、プール一杯分の血糊を使ったというゾンビ大量殺戮(って元々死んでるけど)シーンは凄過ぎて笑うしかありません。
散々色んな方法で殺しておいて、最後にまだ芝刈り機が出てきますからね。
クライマックスだと思ってたシーンが、実は更に壮絶なクライマックスの盛り上げ役でしかなかったという衝撃的なバトル・シーンは映画史に残る名場面。
主人公ライオネルを演じたティモシー・バルムの狂気に取り憑かれた異様なテンションと引き攣った笑顔の不気味さも必見です。

28週後…

51yei0fde8l.jpg世界的にスマッシュ・ヒットしたゾンビ・アクション・ホラー「28日後…」の続編。ウイルス感染発生から28週後、米軍主導のNATO軍監視の下、復興が始まったばかりのロンドンを再びウイルスの脅威が襲う様を描く。

出演:ロバート・カーライル、ローズ・バーン、ジェレミー・レナー、ハロルド・ペリノー、キャサリン・マコーマックほか
音楽:ジョン・マーフィ
脚本:フアン・カルロス・フレスナディージョ、ローワン・ジョフィ、ヘスス・オルモ、E・L・ラビニュ
監督:フアン・カルロス・フレスナディージョ


「ドーン・オブ・ザ・デッド」「ショーン・オブ・ザ・デッド」以来のゾンビ映画の傑作!(厳密に言うと”ゾンビ”ではなくて、レイジ・ウイルスに感染してしまった”感染者”ですが、前作も含めこのシリーズは明らかにゾンビ映画)

全編に漂う圧倒的な絶望感と悲壮感、画面を覆う暗澹とした色彩と人間を突き放すかのような冷たさと美しさを放つ音楽。
この世界観はハリウッドではまず作れないでしょう。
前作も従来のホラー映画的手法とは違う形で終末の恐怖や、人間の孤独や恐ろしさ、家族の絆といったものを描いた見事な作品でしたが、その中にも僅かに救いはありました。
しかし、今回はそれすらも皆無。
ほっと一息つけるようなシーンすらもなく、 徹底して危機的状況下における人間の、群衆の、そして国家の恐怖を描いています。
そういった意味では、ロメロが描いた名3部作の遺伝子を最も受け継いでいるゾンビ映画かも知れません。

ドーン・オブ・ザ・デッド

dawnofthedead.jpgジョージ・A・ロメロのリビングデッド3部作の第2作である歴史的傑作「ゾンビ」をリメイクしたサバイバル・ホラー・ムービー。

出演:サラ・ポーリー、ヴィング・レームズ、ジェイク・ウェバー、メキー・ファイファー、タイ・バーレル、スコット・H・ライニガー、ケン・フォリー、トム・サヴィーニほか
音楽:タイラー・ベイツ
脚本:ジェームズ・ガン
監督:ザック・スナイダー


リメイクというものは、オリジナルを継承しつつも新しい何かを加えなければ意味がありません。
単に映像が綺麗だとか、ヴィジュアル面がリアルになったとか、それだけならリメイクとしての価値はゼロ。
最近はホラーの世界でもリメイク・ブームですが、成功しているとは言い難い作品が殆どです。
しかし、この作品はその中でも珍しい成功例の一つ。

オリジナルの「ゾンビ」が大量消費社会への批判を織り込みながら、滅びゆく人間社会を緩やかに描いていたのに対し、この「ドーン・オブ・ザ・デッド」が描いたのは救いなど皆無の絶対的な絶望感。
とにかく展開もゾンビも速い。
襲い来るゾンビの大群とその感染力をゾンビ映画史上最速で描く事で、生き残る事など絶対不可能に思える世界の終焉と言える状況を作り出し、しかしその中でも尚生き延びようとする人間の無力さと強さを圧倒的な迫力で見る者に突きつけてきます。
オリジナルにあった社会批判などのメッセージ性はほぼ原形を留めていませんが、ゾンビという得体の知れないものが襲ってくるという、ある意味恐怖の原点に立ち返った作風には潔さすら感じます。

プラネット・テラー in グラインドハウス

planet_terror_box_art_2d.jpg謎の化学兵器でゾンビと化した感染者が溢れかえる田舎町を舞台に、ゾンビに片脚を奪われたセクシー・ヒロインの怒りの“片脚マシンガン”が炸裂する近未来バイオレンス・アクション・ホラー。出演:ローズ・マッゴーワン、ブルース・ウィリス、フレディ・ロドリゲス、ジョシュ・ブローリン、マーリー・シェルトン、ステイシー・ファーガソン、ナヴィーン・アンドリュース、マイケル・ビーン、トム・サヴィーニほか音楽:ロバート・ロドリゲス脚本:ロバート・ロドリゲス監督:ロバート・ロドリゲス
本編上映前にまずは「スパイ・キッズ」の登場人物であるダニー・トレホ演じるマチェーテを主役に据えた復讐ヴァイオレンス・アクション「マチェーテ」(まんま)のニセ予告編!もうここから既に爆笑。ガトリング砲付きバイクで大ジャンプですよ。ロドリゲス、分かってます。肝心の「プラネット・テラー」の方はと言うと、もう本当にバカバカしい内容で終始笑いっぱなし。ストーリーなんて破綻しまくりなんですけど、「B級映画にそんなものは必要ねぇ!」とばかりの潔さで、畳み掛けるようなスピーディな展開で、実に爽快に笑わせてくれます。特にクライマックスの銃撃戦(と呼べるのか?)は必見。片脚マシンガンでシッコ(ゾンビではないらしい)を撃ちまくるローズ・マッゴーワンは、片脚なのに大ジャンプしたり、ブリッジでミサイル避けたりやりたい放題。カッコ良すぎます。無駄に豪華&懐かしいキャスティングも良いなぁ。

Scroll to top