映画音楽と沖縄音楽と永ちゃん

P1060960

ぼじおともっとの「An Evening of Cinema Music Vol.3」無事終了しました!
沢山の方にお越しいただいて本当に感謝感謝です。

今回は映画音楽だけじゃなく、DiceKくんと下地健作くんによるnadaというユニットと一緒のライヴでした。
nadaはヴォーカルと三線のユニット。三線って何であんなに胸にグッと来る音色なんでしょうね。しかもあんなに小さいボディなのに音抜けも抜群。気持ち良かったなぁ。
そんなnadaでもバックを務めさせてもらったのですが、当日リハのみでしかも初見の曲が3曲もあるというなかなか大変なシチュエーション(苦笑)
最初はどうなることかと思ってたのですが、いざ始まってみれば沖縄のリズムにノセられてとても楽しく演奏出来ました。
芳野藤丸さん、金谷こうすけさんとも初共演させていただいて、沢山の経験を得た充実のライヴでした。

ライヴ後は映画音楽のゆかいな仲間達で祇園のPickUpにお邪魔して朝まで打ち上げ。
そこでも全く知らない永ちゃんの曲を1冊のスコアをみんなで見ながら演奏する良い大人たち(笑)
いやぁ、楽しかった。どっぷりと音楽漬けの一日でしたね。

映画音楽の次回ライヴはまだ未定ですが、来年の夏頃にはまたやれたらいいなと思ってます。
ゲストヴォーカルを招いて主題歌コーナーをやったりするのも良いかも。
どうぞお楽しみに。

-映画音楽Set List-
1.Emmanuelle Theme
2.Theme From Mission Impossible
3.Enter The Dragon Theme
4.Battle Without Honor Or Humanity
5.Over The Rainbow
6.Merry Christmas Mr. Lawrence
7.New Cinema Paradise
8.Top Gun Anthem
9.大江戸捜査網のテーマ
10.He’s a Pirate / Pirates Of The Caribbean
11.Star Wars Medley

-nada Set List-
1.命
2.Hana
3.春風
4.境界線
5.なんくるないさ
6.ギフト
7.故郷
8.nada

Encore
9.The Rose

うーん、20曲はやっぱり多いよね(笑)

2012年ラストスパート!

今年も残すところあと僅か。
2012年のライヴはあと4本!のはず(笑)
どれも必見ライヴなので、是非観に来てくださいね。

●11月22日(木) ソロ
ぼじおともっとの「An Evening of Cinema Music Vol.3」
会場:京都 LIVE SPOT RAG
開場:18:00 / 開演:19:30
前売:3,000円 / 当日:3,500円 (1drink, 1food別)
出演:内田伸吾(Dr) / 田辺モット(Ba) / CHIEZO(Key) / 久保健太(Gt)
ゲスト:nada(DiceK+下地健作)
サポートミュージシャン:芳野藤丸(Gt) / 金谷こうすけ(P) / 古谷光広(Sax)

久々の映画音楽ライヴが楽しみすぎる。
今のところ唯一の冠イベント(笑)
古今東西様々な映画のテーマ曲(サントラの方ね)をバンドサウンドでやっちゃおうというライヴの第三弾です。
自分で企画しておいて何ですけど、これってかなり珍しいと思うんですよね。全曲映画音楽、しかもバンド形態でっていうのは少なくとも僕は知らないです。
隙間産業万歳。

今回はnadaという素晴らしいゲストにも出演していただいて、そのバックも務めさせていただきます。
こちらは映画音楽ではないですが、面白いコラボが実現するかも?

●12月4日(火) ソロ
「谷口守ソロライブ at 京都RAG」
会場:京都 LIVE SPOT RAG
開場:18:00 / 開演:19:30
前売:3,000円 / 当日:3,500円 (1drink, 1food別)
出演:谷口守(Vo) / 田辺モット(Ba) / 岡本博文(Gt) / 内田伸吾(Dr) / 古谷光広(Sax) / 佐伯準一(Key)

こちらも毎年恒例、郷ひろみややしきたかじんにも楽曲提供をしているシンガーソングライター谷口守さんのソロライヴです。
すっかりお馴染みとなったメンバーで今回も大人のポップスをお届けします!

●12月29日(土) 六合
「EXTREME AGGRESSION vol.15」
会場:東京 吉祥寺 CRESCENDO
開場:17:00 / 開演:17:30
前売:2,500円 / 当日:2,800円 (1drink別)
出演:YOUTHQUAKE / 五人一首 / AFTERZERO / 六合
※各バンド45分ステージとなります。

2012年を締め括る最後のライヴは六合!クレッシェンドさんの年末恒例イベントです。
メンツは見ての通りのもうとんでもない組み合わせ。絶対に楽しめること請け合いです!
久々の東京で、しかも持ち時間も長いのでお見逃しなく。
東京初披露の曲もやっちゃいますよ。

で、実は東京の前日に京都で毎年恒例の某バンドによるイベントもあるんですが、これはまた改めてお知らせします(笑)

映画音楽ライヴ、終了しました!

ぼじおともっとの「An Evening of Cinema Music Vol.2」、無事終了しました!

日曜ということもあってか、前回以上に沢山のお客さんが来てくれて映画音楽を演奏するライヴとは思えない程盛り上がりました(笑)
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

やっぱり映画音楽は良いですね。
演奏しながらしみじみと感じましたよ。
オリジナル曲を演奏するのも勿論大事だし楽しいんですけど、世の中には語り継がれるべき名曲というのが沢山あるわけで、その中でもなかなか生で聞く機会のない映画音楽を(しかもバンドで!)やるというのは凄く意義があると思ってます。
昨日ライヴに来てくれた人たちが「あの映画もう一度見てみようかな」とか「今度の休みに久々に映画観に行こうかな」とか思ってくれたら、もうこれ以上嬉しい事はないです。
「あぁ、この映画○○さんと観に行ったなぁ」と思い出が甦って来たらもっと素敵ですね。

この企画は昔から僕がひっそりと温めていたものを、素晴らしいメンバーの助けを借りてようやく実現出来た、一つの夢みたいなものです。
モットさん、CHIEZOさん、鉄平くんがいなければ実現出来ませんでした。
本当にメンバーのみんなには心から感謝しています。
また次回もアレンジ作業頑張りましょうね(笑)

昨日のセッティングは割と大人しめで。

447aa51898514cc5867efa9a58110374_7

とりあえずチャイナは外せませんよね。
新アイテムのORIENTAL CRASH OF DOOM(下手一番奥)はセットと上手く混ざるかちょっと心配だったんですけど、なかなか渋い存在感を出してくれました。
これは使えます。他に使ってる人が殆どいないというのもポイント高いし。
ライヴ後、お客さんとして観に来てくれてたマーティが興味津々でした(笑)

次回は多分来年かな?
来年以降は半年に一度のスパンから4ヶ月に一度くらいにしたいなぁと思ってます。
やって欲しい曲があったら早めに言って下さいね。仕込みがとにかく大変なので(苦笑)
個人的には今度こそ「ウエスト・サイド物語」をやりたい!マンボ!

今回のセットリストはこんな感じでお届けしました。

-1stSet-
1.Enter The Dragon Theme「燃えよドラゴン」
2.Kids Return「キッズ・リターン」
3.Merry Christmas Mr. Lawrence「戦場のメリークリスマス」
4.Emmanuelle Theme「エマニュエル夫人」
5.愛のバラード「犬神家の一族」
6.Battle Without Honor Or Humanity「新・仁義なき戦い」

-2nd Set-
7.Peter Gunn Theme「ブルース・ブラザーズ」
8.He’s a Pirate「パイレーツ・オブ・カリビアン」
9.Top Gun Anthem「トップ・ガン」
10.大江戸捜査網のテーマ「大江戸捜査網」
11.New Cinema Paradise「ニュー・シネマ・パラダイス」
12.Theme From Mission Impossible「スパイ大作戦」

-Encore-
13.20th Century Fox Fanfare~Star Wars Main Title~The Imperial March「スター・ウォーズ」

映画のチカラ

最近また映画ブームです。
えっ?「いつも見てるやん」って?
それはごもっとも。
でも、そんな中で面白い作品が続いたりすると更に深みにハマってしまう訳で、気付けば今月は毎週映画館に通ってました。
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」とか再版された「 映画の見方がわかる本」なんかを読んだのも大きかったかも。

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) 映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)

やっぱり映画は良いですね。
これほど非日常を疑似体験させてくれるものは他にはないです。個人的にインスピレーションの大きな源になってます。

今年上半期に映画館で観たのは全部で19本。
2〜5月が忙しくてあんまり観に行けなかったのでこんなもんです。3月にいたってはゼロ…。


1月

  • トロン・レガシー
  • アンストッパブル
  • スプライス
  • クレイジーズ
  • ソーシャル・ネットワーク
  • 完全なる報復
  • GANTZ

2月

  • バック・トゥ・ザ・フューチャー
  • ザ・タウン

4月

  • エンジェル・ウォーズ

5月

  • アンノウン
  • ブラック・スワン
  • スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

6月

  • コリン Love of the Dead
  • アジャストメント
  • X-MEN ファースト・ジェネレーション
  • スカイライン 征服
  • SUPER8
  • 127時間

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が入ってるのは「午前十時の映画祭」で観たから。
これはもう別格の名作なんで外すとして、2011年上半期ベスト3はこんな感じ。

第3位 ソーシャル・ネットワーク

facebook_00

ワクワクするような勢い、スピード感が凄い。サクセスストーリーとして必要な要素全部入りでダレる所もないし、本当に良く出来てた。WEB、ベンチャーに携わる人は必見!
ボートレースのトイカメラ風の映像も素晴らしかったし、クラブのシーンでの音が凄かった。映画館であんな低音聞いたの初めて。
全編にフィンチャーの拘りを感じた。

第2位 SUPER8

www.imdb

初恋みたいな映画。
J.J.エイブラムスとスピルバーグの良さが存分に発揮されてて、80年代のスピルバーグ作品を観て育った人には「あぁ、これこれ」って感じで堪らないはず。
多分大ヒットはしないだろうけど、きっと5年後、10年後でも同じようにワクワク出来る作品。
これぞアンブリン作品。

第1位 ブラック・スワン

img_957875_60604623_2

鳥肌が立つほどの傑作。
ダーレン・アロノフスキー作品の一つのテーマになってる”追い込まれていく人間”を徹底的に儚く、美しく描いた幻想的で残酷な現代のおとぎ話。


「ソーシャル・ネットワーク」以外はまだ公開中。
どちらも本当におすすめですよ。


さて、ここからちょっと宣伝。

「素晴らしい映画は、必ず音楽も素晴らしい」

これは個人的に思ってることなんですけど、逆に言うと「音楽が良くなければ傑作には成り得ない」ということ。
それくらい映画と音楽の関係は重要だと思ってます。
「映画は見た事ないけどテーマ曲は知ってる」なんてのも良くあること。

そんな映画音楽の名曲の数々をバンドサウンドで再現してしまおうという「An Evening of Cinema Music」の第二弾が決定しました!

cinema_110610_ol

●7月24日(日) ソロ
ぼじおともっとの「An Evening of Cinema Music Vol.2」
会場:京都 LIVE SPOT RAG
開場:18:00 / 開演:19:00
前売:2,500円 / 当日:3,000円 (1drink、1food別)
出演:田辺モット(Ba), CHIEZO(Key), 廣瀬鉄平(Gt), 内田伸吾(Dr)

前回やった時は平日だったんですけど、「観に行きたい!」「またやって欲しい」というリクエストを沢山いただいた結果、ありがたい事に今回は日曜にやらせてもらいます。
主題歌じゃなくて、純粋に映画音楽をプレイするライヴ、しかもオーケストラじゃなくてバンド形態で、ってまずないんですよね。ある意味レアなライヴです。
勿論新曲もあり。やたらと好評だったあの曲も再演しますよ(笑)

参考までに、前回のセットリストはこちら!

-1st Set-
1.Peter Gunn Theme「ブルース・ブラザーズ」
2.Theme From Mission Impossible「スパイ大作戦」
3.New Cinema Paradise「ニュー・シネマ・パラダイス」
4.The Big Blue Overture「グラン・ブルー」
5.Twin Peaks Theme「ツイン・ピークス」
6.Romeo & Juliet「ロミオとジュリエット」
7.The Phantom Of The Opera「オペラ座の怪人」

-2nd Set-
8.Battle Without Honor Or Humanity「新・仁義なき戦い」
9.Top Gun Anthem「トップガン」
10.Merry Christmas Mr. Lawrence「戦場のメリークリスマス」
11.愛のバラード「犬神家の一族」
12.大江戸捜査網のテーマ「大江戸捜査網」
13.The Rose「ローズ」
14.Over the Rainbow「オズの魔法使い」

-Encore-
15.Enter The Dragon Theme「燃えよドラゴン」

是非お越し下さい!

大江戸捜査網は超絶プログレ

映画音楽をバンドで演奏するという「ぼじおともっとのAn Evening of Cinema Music」、無事終了しました!
平日にも関わらずお越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

写真

昨日はこんなセッティング



思えば4月にRAGであったExhiVisionのライヴを観た翌日、Twitterでこんなつぶやきをしたのが始まりだったんだよなぁ。

昨日のライヴ観戦中、ふと「映画音楽をライヴでやってみたい」と思って、それからメンバーやら選曲やらを妄想中。

posted at 11:55:59

これを妄想で終わらせないのが自分の良いところ(笑)
予想以上に譜面の準備やアレンジが大変だったけど、こうして自分の名前(あだ名だけど)が付いたイベントをモットさん、CHIEZOさん、鉄平くんという心強いメンバーとやることが出来て本当に幸せです。

実際のところ、映画音楽だけのライヴ、しかもバンドでってのはかなりレアだと思います。
きっとみんな面倒臭いからやらなかったんでしょうね(笑)
そもそも殆どの映画音楽ってオーケストラ用に作られてるし、テーマをそれっぽい雰囲気で繰り返すだけのものが多いんですよね。だからアレンジを固めるのが凄く大変でした…。

でも、苦労の甲斐あって結構良い出来に仕上がったと思ってます。
一番良い出来だったのは”大江戸捜査網”かな。
これはモットさんの熱烈なリクエストでセットリストに入れたんですけど、小節毎に拍子が変わるというキメキメの超絶プログレナンバーで、実は一番不安な曲でもあったんですよね(苦笑)
本番では見事に決まって気持ち良かったなぁ。
あれはクセになりますね。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=buJX6i29ESg]



そんなこんなで、気になるセットリストはこちら!!

-1st Set-
1.Peter Gunn Theme「ブルース・ブラザーズ」
2.Theme From Mission Impossible「スパイ大作戦」
3.New Cinema Paradise「ニュー・シネマ・パラダイス」
4.The Big Blue Overture「グラン・ブルー」
5.Twin Peaks Theme「ツイン・ピークス」
6.Romeo & Juliet「ロミオとジュリエット」
7.The Phantom Of The Opera「オペラ座の怪人」

-2nd Set-
8.Battle Without Honor Or Humanity「新・仁義なき戦い」
9.Top Gun Anthem「トップガン」
10.Merry Christmas Mr. Lawrence「戦場のメリークリスマス」
11.愛のバラード「犬神家の一族」
12.大江戸捜査網のテーマ「大江戸捜査網」
13.The Rose「ローズ」
14.Over the Rainbow「オズの魔法使い」

-Encore-
15.Enter The Dragon Theme「燃えよドラゴン」

この企画はシリーズ化する事を目論んでるんで次回やって欲しい曲があればリクエスト受け付けますよ。
今回来れなかった人も次回は一緒に楽しみましょう!

さぁ、次回のライヴは日曜日!
久々の六合、大阪ライヴです。
ヴァイキング・メタル・バンド、BELLFAST のレコ発ツアーでご一緒させてもらいます。
皆さん、武器持参ですよ〜。くれぐれも忘れないように。

●12月5日(日) 六合
「BELLFAST Insula Sacra Tour 2010」
会場:大阪 心斎橋 club ALIVE
開場:17:00 / 開演:17:30
前売:2,500円 / 当日:3,000円 (1drink)
出演:BELLFAST / SCARLET GARDEN / insense / 六合
※六合の出番は2番目、18時15分を予定しています。演奏時間は45分を予定しています。

Scroll to top