Best of 2010 Year

Top 10 CDs of 2010

イン・ライヴ・コンサート・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール

1.In Live Concert at the Royal Albert Hall / Opeth
2.Razzle Dazzle / BUCK-TICK
3.Never Ending Way of Orwarrior / Orphaned Land
4.Static Impulse / James Labrie
5.The Panic Broadcast / Soilwork
6.Road Salt One / Pain Of Salvation
7.Ithaca / Paula Cole
8.Poetry For The Poisone / Kamelot
9.Grotesca / SoundWitch
10. 真神楽 / Goofy Style、六合、ヴァ乳、蓮母

今年はこれまでで一番CDを買わなかった年かも。そんな中でもここに挙げた作品はリリース時期こそ違えど、どれもかなり聞いたものばかり。
特にOpethの名作「Black Water Park」の完全再現は圧巻でした。ライヴアルバムの歴史的傑作!
BUCK-TICKも「ここに来て、まだそんな冒険するの!?」という驚きと進化し続けるバンドの理想型とも言える在り方に衝撃を受けた作品。
最後に手前味噌ながら自分の参加した作品を入れてますけど、これは本当に自信作です。他のバンドも強力だし是非聞いてみて下さい。


Top 10 Films of 2010

shut_up_kick-ass_poster

1.キック・アス
2.インセプション
3.ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
4.第9地区
5.ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
6.ゾンビランド
7.マチェーテ
8.ぼくのエリ 200歳の少女
9.かいじゅうたちのいるところ
10.ハートロッカー

今年はもう「キック・アス」という傑作に出会えた幸せに尽きる!全映画ファン必見の作品。
ハマり具合では「ミレニアム」も相当でしたね。ミステリー好きは原作も併せて要チェックですよ。
大好きなゾンビ物では「ゾンビランド」が出色の出来。ビル・マーレイのネタが最強すぎる!
今年は所謂大作がイマイチで、単館系の作品で面白い作品が多かった印象。シネコンはもっとその利点を活かすべし!
日本では劇場で観られなかったので入れてないけど、RUSHのドキュメンタリー「Beyond the Lighted Stage」も素晴らしい作品でした!


Top 10 TV Shows of 2010

bsg4

1.バトルスター・ギャラクティカ
2.コールドケース
3.ライ・トゥ・ミー
4.デクスター
5.ウォーキング・デッド
6.LOST
7.NCIS
8.CSI
9.フリンジ
10.メンタリスト

遂に完結した「バトルスター・ギャラクティカ」は全SFファン必見の傑作!
「コールドケース」は相変わらずクオリティが高すぎて、使用楽曲の権利問題で商品化出来ないのが本当に残念。
新しいシリーズでは「ライ・トゥ・ミー」と「ウォーキング・デッド」が完全にツボでした。どっちも早く続きが見たいぞ。
五人一首のあの字さんに薦められて見始めた「NCIS」は、シーズン2の終わり方が余りにも衝撃的すぎて未だに立ち直れてません。
最近のTVシリーズのクオリティの高さは本当に凄くて、もう映画界を脅かすところまで来てると思います。 頑張れ映画!


Top 10 Books of 2010

未来型サバイバル音楽論―USTREAM、twitterは何を変えたのか (中公新書ラクレ)

1.未来型サバイバル音楽論 / 津田大介・牧村憲一
2.小説家という職業 / 森博嗣
3.まだ科学で解けない13の謎 / マイケル・ブルックス
4.ハルシオン・ランチ / 沙村広明
5.キック・アス / マーク・ミラー
6.PRISMTONE RANGE MURATA ANIME WORKS1998-2006 / 村田蓮爾
7.「踊る大捜査線」は日本映画の何を変えたのか / 日本映画専門チャンネル編
8.大槻ケンヂが語る江戸川乱歩 / 大槻ケンヂ・江戸川乱歩
9.ロゴデザインのアイデア!-実例で学ぶ!! プロのデザインルール&テクニック / オブスキュアインク
10.創るセンス 工作の思考 / 森博嗣

今年は色々小説読んだんですけど殆どが今年発売されたものじゃなかったので除外。と言うか、今年発売のものってここに挙げたのでほぼ全て。
「未来型サバイバル音楽論」は音楽に携わる人ならば必読。沢山のヒントを貰えます。
森博嗣の2冊も同様で、小説や工作についての内容ですけど全部自分のやりたい事に置き換えて読めばこれまで見えなかった色んな事が見えて来るはず。
「ハルシオン・ランチ」は「おひっこし」が好きな人なら100%気に入る沙村広明の暴走っぷりを堪能出来る傑作。早く続きが読みたい!



来年も素晴らしい作品と沢山出会えますように。

“真神楽”という旅の終わりと始まり

74694_252423053_32large

TOUR “真神楽 2010″。
17日の京都公演、そして昨日の東京公演、両日とも大盛況の内に終了しました!


とにかく全て出し切りました。
現時点であれ以上のものは出来ません。
全く悔いはありません。


そんなライヴが出来たのは今回一緒に沖縄、京都、東京を廻ったGOOFY STYLE、蓮母、ヴァ乳のお陰です。
サウンドこそ違えど、自分たちのスタイルで世界観を堂々と表現するこの3バンドには本当に沢山の刺激を貰いました。
勿論普段一緒にライヴするバンドからも刺激は貰うんですけど、今回はライヴ以外でも一緒にいる時間が沢山あったので、リハや本番前の楽屋や打ち上げで本当に沢山話をしましたし、その中で感じた各バンドの真摯な姿勢に凄く共感出来たんですよね。


とは言え、いざライヴとなるとライバルでもあるわけで、どの会場でも前のバンドのステージに刺激を受けてテンションアップ、それを観た次のバンドが更にテンションアップ…というイベントかくあるべしという好循環を生み出していました。
その最たるものが昨日の東京公演だったと思います。
ツアーの中で恐ろしい程成長したヴァ乳、神懸かり的なパフォーマンスを見せた蓮母の次が六合の出番。
「絶対に負けない!」という気持ちも当然あったし、「次のGOOFY STYLEにこのテンションを絶対に繋ぐんだ」という使命感のようなものもありました。


今回の「真神楽」に伴う一連の流れは、凄く幸せな事だと思うんです。
素晴らしいバンドと一緒に1枚の作品を作り、3ヶ所だけとは言え一緒にツアーを廻り、ずっと心に残る刺激を貰う事が出来ました。
思い上がりかも知れないけど、CDを聞いてくれた人、ライヴを観てくれた人に必ず何かを感じてもらえたと思っています。
それ程良いツアーだったし、だからこそ今はかなり寂しい気持ちだったりするんですけどね(笑)


最後に。
CDを聞いてくれた皆さん、ライヴに足を運んでくれた皆さん、応援して下さった皆さん、ライヴハウスの皆さん、6ft downの太一さん、今回の仕掛人である413tracksのtetsuさん、大鴉、FAKE KINGZ、curb、Sky Euphoria、militarysniperpinfall、SOLDIER’Z、そして、GOOFYSTYLE、蓮母、ヴァ乳。


本当にありがとうございました!

分子レベルで駆け抜ける脅威の破壊衝動!そして、今週末はTOUR “真神楽2010” 京都&東京公演!

ちょっと前にオフィシャルサイトでは発表したんですけど、六合のヴォーカル晋平がKONAMIのアーケード・ゲーム「pop’n music 19 TUNE STREET」に起用されました。
六合とゲームってあんまり繋がらないかも知れませんけど、結構ゲーマー揃ってますよ(笑)
ただ、僕はさっぱりなんでこのゲームもうっすら名前聞いたことある程度だったんですね、実は…。
所謂、”音ゲー” らしいです。
Wikipediaで調べたらめっちゃいっぱいあってビックリしました。
「マリンバ天国」が気になります。

肝心の参加楽曲なんですけど、その名も”断罪プラズマ”!
奇しくも僕と晋平が参加している冤罪オーケストラと紙一重な素晴らしいネーミング(笑)
BPM=250という今回最速の曲らしいです。
実際に店頭に並ぶのはまだちょっと先らしいんですけど、ロケテスト(デモみたいなものらしい)が何とタイミングの良いことに7月16日(金)から7月20日(火)まで河原町のラウンドワンで行われるそう。
これは行かねば!
という事で、六合メンバーも出没するかも知れません(笑)
一足早く曲が聞きたい方は是非お試しあれ。

真神楽

さてさて、そんな感じであれやこれやと活動の場を広げている六合参加のコンピレーション・アルバム「真神楽」。
そのツアー初日、沖縄公演の珍道中をつい先日レポったわけですが、いよいよ今週末は六合の地元、京都での公演、そして週明け月曜は東京公演ですよ!

とにかくこのツアーは絶対見逃さない方が良いです。
六合は勿論必見なんですけど、他の「真神楽」参加バンドがどれもめちゃくちゃカッコ良い!
どのバンドもほんと個性的で、”和”や”アジアン・テイスト”といった共通点はあるものの、見事に違ったカラーに会場を染め上げていく様子は見応え抜群です。

今はもうこの4バンドでツアーを廻れるのが楽しくて仕方ありません。
叶うならば3公演と言わず、全国津々浦々一緒に廻りたいくらい(笑)
客観的に見てもこのツアーが3カ所でしか観られないってのは凄く勿体ないと思うんですよね。
褒め過ぎ?
いや、でもそれくらい強烈なライヴですよ。
絶対に損はさせないので、是非体感しに来て下さい!

TOUR “真神楽2010″

●7月17日(土)

会場:京都 MOJO
開場:17:00 / 開演:17:30
前売:2,000円 / 当日:2,500円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE / 蓮母 / ヴァ乳 / curb / Sky Euphoria / 六合
※六合の出番は6番目、21時15分予定です。

●7月19日(月・祝)

会場:東京 高円寺MISSION’S
開場:17:30 / 開演:18:00
前売:2,000円 / 当日:2,300円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE / 蓮母 / ヴァ乳 / militarysniperpinfall / SOLDIER’Z / 六合
※六合の出番は5番目、20時50分予定です。

TOUR “新神楽” 2010、沖縄公演終了!

行ってきました沖縄!
これまで旅行でしか行ったことなかったけど、ライヴで行くのもいいなぁ。
観光は全く出来なかったけど、個人的には全然問題なし。
だって、あんなに楽しいライヴが出来たんだしね。
とにかく余りに楽し過ぎるツアー初日だったので、余韻が残ってる内にレポってみたいと思います。



7月3日(土)

沖縄への移動日。
ベースの清貴と共に重い機材を抱えて一路神戸空港へ。
ツアーの度に毎回何かしらのトラブルが起こる事で定評のある六合。
今回もトラブルの神様は放っておいてくれませんでした(苦笑)

三ノ宮へ向かいながらこれからどんな旅になるのかと2人であれやこれやと話していると、突然の異音、そして急停車。
そう、何と人身事故に遭遇…。
多少余裕を持って出発してるとは言え、どれだけ拘束されるのか全く分からない状況。
とりあえず旅行会社に電話して事情を説明するも、「何とか間に合うように頑張って下さい。間に合わなかった場合は、再度航空券をお買い求めいただく事になります。」との無情な答え…。
テンション下がりまくりで待つ事約20分 、ようやく電車が動き出し、結局出発5分前に間一髪で搭乗というハラハラドキドキの展開。
この初日の空港までが今回のツアーで一番スリリングな時間だったのは言うまでもありません(笑)
ほんと、Twitterで応援してくれてるみんなだけが心の支えでした。

その後は大きなトラブルもなく無事那覇空港に到着!
ホテル(と言えるのかあれ?笑)に機材を置いて、別便で同じく前日入りしていたギターの佑介と合流して国際通りをぶらぶら。
余りの暑さに清貴はまず酒屋に飛び込み、早速オリオンビール飲んでました(笑)
この時ばかりはビールが美味しそうに見えたなぁ。

ひとしきり国際通り近辺をうろついて搭乗がギリギリになってしまったお陰で2人とも空腹で倒れそうだったので、沖縄風の居酒屋へ。
すっかり観光客気分で、海ぶどうやらゴーヤチャンプルーやらラフテーやらよく分からない派手な魚やらを食べて大満足。

その後、すっかり夜も更けてきた頃に大鴉の愁空くんと落ち合って、2件目の居酒屋へ移動。
そこへ既にライヴを一本済ませてきたGOOFY STYLEと蓮母、沖縄のLapis Lazuli、ヴァ乳のメンバーも合流し、総勢20名以上の前夜祭に!
まだライヴもしてないのにすっかりライヴ後のような盛り上がりで(半分くらいはそうだったんですが)、結局2時過ぎまで。
でも、この前夜祭のお陰でみんな怖い人たちじゃないと分かって良かったです(笑)

124316818124321021124418442



7月4日(日)

いよいよライヴ当日。
レンタカーを借りに行ってから、午前中は再び国際通りや公設市場をぶらぶら。
公設市場はいつ行ってもあの独特の雰囲気が面白い。
今回は時間なかったから無理だったけど、また1階で買った食材を2階で料理してもらいたいなぁ。
そうそう、この日は日曜ということでトランジットモールなるイベントの為に国際通りは通行止めになってました。
子供たちが国際通りを我が物顔で走り回る光景はなかなか微笑ましかったです。
13時頃にヴォーカルの晋平を空港に迎えに行ってから、愁空くんに先導してもらってHUMAN STAGEへ向けて出発!
昨日に引き続き、本当にお世話になりっぱなし(汗)
ありがとう!

HUMAN STAGEは国道沿いにあるライヴハウスで広さはキャパ150くらい。
ただ、ステージがそこそこ広いのと天井が高いので狭い印象は全然なし。
スタッフの皆さんも凄く良い人ばかりで、リハから気持ち良く演奏出来ました。
リハ後は近くのつけ麺屋さんで腹ごしらえ。
店の名前忘れましたけど、ここはおすすめ。
写真は最近カメラにハマっている俊介(笑)

124684687124767395124838311



そうこうしてる内にライヴがスタート!
1番目は大鴉。
大鴉とはこれまで何度もライヴをしたり、お客さんとして観たりしてるけど地元の沖縄でライヴを観るのは勿論初めて。
何か不思議な感じだったけど、地元のせいか凄く勢いがあってカッコ良いライヴでした。
大鴉はやっぱり曲が良い。
8月にまた共演するのが楽しみ!

2番目は沖縄のFAKE KINGZ。
メタルコアっぽい音楽性でとにかく勢いと煽り方がハンパじゃない!
お客さんもかなりノって大鴉で盛り上がった会場を更に盛り上げてくれました。
本当は客席でがっつり楽しみたかったんだけど、準備があってちょっとしか観られなかったのが残念…。

3番目は東京の蓮母。
いよいよここから「真神楽」の参加バンドによるライヴがスタート。
その一発目からもう衝撃でしたね。
演奏のタイトさは勿論なんですけど、ヴォーカルの際立ち方がもう異常。
まさに全身全霊を込めた歌声。
あれを観て何も感じない人はいないでしょう。
これで更にテンション急上昇。

4番目が六合。
とにかく初めての沖縄、失うものは何もないという気持ちで、あれこれ考えず思い切りやりました。
幾つかミスはあったけど、六合がどういうバンドなのかはお客さんにしっかり伝わったんじゃないかな。
出し切りすぎて終わった後フラフラになったけど(笑)
いつもと同じ30分なのに充実感の高いライヴでした。

5番目は東京のGOOFY STYLE。
タイトなドラムとフレットレスベースの絡みがもう最高。
あれだけでずっと聞いてられるっていうくらいグルーヴィで本当気持ち良かった。
生ホーミーもカッコ良かったなぁ。
帰りの車で清貴がひたすら練習しててうるさかったけど(笑)、あれはマネしたくなるの分かる。
ちなみに、沖縄ではホーミーという言葉は口にしない方が良いらしいです(笑)

そして、トリは沖縄のヴァ乳。
ヴァ乳の魅力は何と言っても予想をことごとく裏切って来る曲そのもの。
あんな曲作れるバンドは滅多にない。
アンコールでやった曲なんてもう凄過ぎて笑うしかなかったもんな。
中毒性高いので要注意です(笑)

21877698_58674858_204large

ライヴ後、思ったのはどのバンドも共通点はあれど、全く違うサウンドだなという事。
そして、どのバンドもめっちゃカッコ良いという事。
トータルで5時間近いライヴ、しかも半分が沖縄以外のバンドっていう状況で、最後まで殆どのお客さんが残ってて、しかもどんどん盛り上がって行くってかなり凄い事だと思うんですよね。
会場での「真神楽」の売上もちょっと普通は考えられない枚数だったし、とにかく最高のツアー初日でした。

機材搬出後は、そのままHUMAN STAGEで3時近くまで打ち上げ。
色んなバンドのメンバーとひたすら喋りまくる。
音楽という共通点だけで幾らでも話せるのはミュージシャンの特権ですね。
宿に戻って寝たのは結局4時でした…(苦笑)



7月5日(月)

9時起きで荷造りして空港へ。
沖縄とももうお別れ。
もっと滞在してたかったけど、もしあと何泊かしてたとしても今日は何もしなかっただろうな(笑)

昼の飛行機に乗って、帰宅したのが夕方17時。
移動だけでほぼ終わってしまったけど、ライヴの余韻にずっと浸ってました。

次は京都、そして東京!
沖縄以上に盛り上がるライヴにするぞ!

TOUR “真神楽2010″

●7月17日(土)

会場:京都 MOJO
開場:17:00 / 開演:17:30
前売:2,000円 / 当日:2,500円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE / 蓮母 / ヴァ乳 / curb / Sky Euphoria / 六合
※六合の出番は6番目、21時15分予定です。

●7月19日(月・祝)

会場:東京 高円寺MISSION’S
開場:17:30 / 開演:18:00
前売:2,000円 / 当日:2,300円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE / 蓮母 / ヴァ乳 / militarysniperpinfall / SOLDIER’Z / 六合
※六合の出番は5番目、20時50分予定です。

NEO JAPANESE TRIBAL ATTITUDE HEAVY ROCK

六合の新音源を収録したコンピレーション「真神楽」が遂にリリースされました!

真神楽

新たなる、日本語によるヘヴィロックの歌舞集
「真神楽」
シンカグラ|NEO JAPANESE TRIBAL ATTITUDE HEAVY ROCK
2010年6月30日発売

品番:FTCS-2274 / 価格:1,800円 (税込)
発売:413TRACKS / 販売:BounDEE
収録バンド:全12曲収録 (※全て新録)

いやぁ、長かった。
リズム隊のレコーディングをしたのが3月の初めだから約4ヶ月を経て、ようやく皆さんにお届け出来ます。
六合の収録曲は”影理路(かげりじ)”、”霧(きり)”、”心愛(しんあい)”の3曲。
発売を機に久々に聞き直したら、めっちゃカッコ良くてビックリしました。
いや、これほんとに。
よくアーティストのインタビューで聞く台詞ですけど、間違いなく過去最高の音源です。

嘘だと思うなら聞いてみろ!
と言う事で、「真神楽」オフィシャルMySpaceで”霧”がフル試聴出来るようになってます。
これは今すぐチェックですよ。
購入はバンドからの通販、もしくはCDショップにて!
コメントに書いてもらってもOKです。

そんなわけで、この「真神楽」発売に伴うレコ発ツアーが今週末から始まります。
どこから?
沖縄から(笑)
そう、六合沖縄上陸ですよ。
不健康そうな六合と、日本で一番健康的なイメージのある沖縄 。
最もありそうでなかった取り合わせがケミストリーを起こす…かも知れません。
まぁ六合一同完全に旅行気分ですけどね(笑)

そして、1週挟んで京都、東京とツアーが続きます。
京都は3月以来、東京も2月以来とどちらもかなり久々のライヴ。
絶対に損をさせない最高のステージを見せるので是非遊びに来て下さい!


TOUR “真神楽2010″

●7月4日(日)

会場:沖縄 宜野湾HUMANSTAGE
開場:18:00 / 開演:18:30
前売:1,000円 / 当日:1,500円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE / 蓮母 / ヴァ乳 / 大鴉 / FAKE KINGZ / 六合
※六合の出番は4番目、20時30分予定です。

●7月17日(土)

会場:京都 MOJO
開場:17:00 / 開演:17:30
前売:2,000円 / 当日:2,500円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE / 蓮母 / ヴァ乳 / curb / Sky Euphoria / 六合
※六合の出番は6番目、21時15分予定です。

●7月19日(月・祝)

会場:東京 高円寺MISSION’S
開場:17:30 / 開演:18:00
前売:2,000円 / 当日:2,300円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE / 蓮母 / ヴァ乳 / militarysniperpinfall / SOLDIER’Z / 六合
※六合の出番は5番目、20時50分予定です。




Scroll to top