「真神楽」絶賛予約受付中!雑誌インタビューもあり

来月6月30日にいよいよ発売となるコンピレーション「真神楽」が、Amazonなど各サイトで予約受付開始されています!

真神楽

六合からは既にライヴでも披露している”影理路(かげりじ)”、”霧(きり)”、”心愛(しんあい)”という渾身の3曲を提供しています。
どの曲もライヴやプリプロ、そして本番のレコーディングを通して見違えるくらい成長しました。
今、六合というバンドが作り上げられる最高のものであることは間違いありません。
まぁ曲を気に入るかどうかは聞く人の好みなので好きじゃないという人もいるかも知れませんけど、少なくとも何かは感じてもらえるはずです。
期待していて下さい!

で、ここだけの話(何で?)、他のバンドさんの音源もめちゃカッコ良いです。
六合とはまた違った日本的・アジア的な要素とToolやKorn系のヘヴィさがズンズン体に響いてきます。
これライヴで聞いたら更に凄いんでしょうね。
一緒に廻る7月のツアーが楽しみです。

そんなわけで、この「真神楽」、7月から始まるツアーに向けていち早く手に入れて聞き込んでおいて下さいね。
六合もライヴ会場での販売や通販をしますので、欲しい方は早めにご連絡を。
コメントに書いてもらってもOKですよ。
勿論、通常のCDショップでも予約出来ますので、ご安心下さい!

そして、6月14日発売の「We ROCK」に六合をはじめ、各バンドのインタビューが掲載されます!
どんな感じで載るのかはまだ分かりませんが、結構頑張って答えましたよ(笑)
インタビューを読んで少しでも六合やこのコンピに興味を持ってくれる人がいたら嬉しいです。
立ち読みでもいいので(笑)、是非チェックしてみて下さい!


新たなる、日本語によるヘヴィロックの歌舞集
「真神楽」
シンカグラ|NEO JAPANESE TRIBAL ATTITUDE HEAVY ROCK
2010年6月30日発売

品番:FTCS-2274 / 価格:1,800円 (税込)
発売:413TRACKS / 販売:BounDEE
収録バンド:全12曲収録 (※全て新録)


goofystyle

GOOFY STYLE (東京)
収録曲:”樹”、”青球の細胞”、”感情”

現在日本の altanative, Heavy Rock シーンに見られる、民族的アプローチを当初よりコンセプトとし、亜細亜民俗音楽と現代ラウドミュージックを融合した先駆者的バンドとして、その世界感、サウンドを進化させ続けている。
「生命、自然、宇宙」を題材にした曲が多く、日本語のみで綴られたKOUMEI独自の世界観を、パワフルかつ正確なリズムのドラム。絡みつくフレットレスベース、どこまでも透き通ったクリアトーンと荒々しい歪みの二面性を持ったギター。日本詩が心に響く「唄」、明暗の表情を使い分ける「叫び」、民族的唱方の「ホーメイ」と様々な表情を見せる、比類なきボーカル。それぞれの個性を併せたGOOFY STYLEとしての音、[Asian soul Heavy Groove]として表現している。



renbo

蓮母 (東京)
収録曲:”慟哭”、”sperm”、”母光”

和ならではの規則性の薄い躍動感と、歌心を大切にする音楽”をコンセプトに2006年5月結成。
サブコンセプトとして、LOUDROCKと歌謡曲との融合も掲げる。音楽に詳しくない一般的なリスナーにも届く、閉鎖感の無いLOUDROCKを提供するBAND。



vanew

ヴァ乳 (沖縄)
収録曲:”雷”、”ダーラ”、”セアカゴケグモ”

05年、沖縄にて結成。
“民俗的″をバンドスタイルで投影し、4人独自の感性から生み出される音楽は他に類を見ない。独創的な世界観を生み出す楽器の音色に、やわらかく、時に繊細なメロディーが心地よく混ざり込む。その音楽ひとつひとつが表情豊かに彷彿され、いくつもの物語を魅せてくれる。



rikugo

六合 (京都)
収録曲:”影理路”、”心愛”、”霧”

京都を中心に活動を続けるダーク・ロック・バンド。
ロック、メタル、民族音楽を独自に昇華した感情の迸りを思わせる激しいサウンドと、愁いを感じさせるメロディ、そして日本語に拘った歌詞を大きな特徴とし、独自の世界観を表現している。六合(りくごう)という言葉自体の意は「東西南北、天地」の六方を指し、宇宙を表す。その空間的な意の裏側に「喜怒哀楽、生死」の六要素を付け加え、物理的、精神的、両側面から「世界」そのものを表す言葉として名付けられた。六合の音楽とは己の精神世界の奥底を探り、見出し、音と言葉で形造る一つの主観の宇宙の結晶である。

「真神楽」オフィシャルMy Space: http://myspace.com/shinkagura666

TOUR “真神楽2010″

●7月4日(日)

会場:沖縄 宜野湾HUMANSTAGE
開場:18:00 / 開演:18:30
前売:1,000円 / 当日:1,500円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE (東京) / 蓮母 (東京) / ヴァ乳 (沖縄) / 大鴉 / 六合 ほか

●7月17日(土)

会場:京都 MOJO
開場:17:00 / 開演:17:30
前売:2,000円 / 当日:2,500円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE (東京) / 蓮母 (東京) / ヴァ乳 (沖縄) / curb / Sky Euphoria / 六合

●7月19日(月・祝)

会場:東京 高円寺MISSION’S
開場:17:30 / 開演:18:00
前売:2,000円 / 当日:2,300円 (1drink別)
出演:GOOFYSTYLE (東京) / 蓮母 (東京) / ヴァ乳 (沖縄) / 六合 ほか





遂に情報解禁!六合、CDリリース&ツアーします!

44999059_1215732489

先月からスタートした六合のレコーディング。
現在ヴォーカル録りの真っ最中で、いよいよ来週にミックスして完成となります。
新しい作品を出す時って大体「これが俺たちの最高傑作だぜ!」みたい事を誰もが言うわけですが、その例に漏れず、今回の六合の作品も曲の完成度やプレイ、サウンド、その全てにおいて過去最高の作品になる事は間違いありません。

そんな六合の新たな作品の情報がようやく解禁となったので発表します!



新たなる、日本語によるヘヴィロックの歌舞集
「真神楽」
シンカグラ|NEO JAPANESE TRIBAL ATTITUDE HEAVY ROCK
2010年6月30日発売

品番:FTCS-2274 / 価格:1,800円 (税込)
発売:413TRACKS / 販売:BounDEE
収録バンド:全12曲収録 (※全て新録)

GOOFY STYLE (東京)
収録曲:”樹”、”青球の細胞”、”感情”

現在日本の altanative, Heavy Rock シーンに見られる、民族的アプローチを当初よりコンセプトとし、亜細亜民俗音楽と現代ラウドミュージックを融合した先駆者的バンドとして、その世界感、サウンドを進化させ続けている。
「生命、自然、宇宙」を題材にした曲が多く、日本語のみで綴られたKOUMEI独自の世界観を、パワフルかつ正確なリズムのドラム。絡みつくフレットレスベース、どこまでも透き通ったクリアトーンと荒々しい歪みの二面性を持ったギター。日本詩が心に響く「唄」、明暗の表情を使い分ける「叫び」、民族的唱方の「ホーメイ」と様々な表情を見せる、比類なきボーカル。それぞれの個性を併せたGOOFY STYLEとしての音、[Asian soul Heavy Groove]として表現している。

蓮母 (東京)
収録曲:”慟哭”、”sperm”、”母光”

和ならではの規則性の薄い躍動感と、歌心を大切にする音楽”をコンセプトに2006年5月結成。
サブコンセプトとして、LOUDROCKと歌謡曲との融合も掲げる。音楽に詳しくない一般的なリスナーにも届く、閉鎖感の無いLOUDROCKを提供するBAND。

ヴァ乳 (沖縄)
収録曲:”雷”、”ダーラ”、”セアカゴケグモ”

05年、沖縄にて結成。
“民俗的″をバンドスタイルで投影し、4人独自の感性から生み出される音楽は他に類を見ない。独創的な世界観を生み出す楽器の音色に、やわらかく、時に繊細なメロディーが心地よく混ざり込む。その音楽ひとつひとつが表情豊かに彷彿され、いくつもの物語を魅せてくれる。

六合 (京都)
収録曲:”影理路”、”心愛”、”霧”

京都を中心に活動を続けるダーク・ロック・バンド。
ロック、メタル、民族音楽を独自に昇華した感情の迸りを思わせる激しいサウンドと、愁いを感じさせるメロディ、そして日本語に拘った歌詞を大きな特徴とし、独自の世界観を表現している。六合(りくごう)という言葉自体の意は「東西南北、天地」の六方を指し、宇宙を表す。その空間的な意の裏側に「喜怒哀楽、生死」の六要素を付け加え、物理的、精神的、両側面から「世界」そのものを表す言葉として名付けられた。六合の音楽とは己の精神世界の奥底を探り、見出し、音と言葉で形造る一つの主観の宇宙の結晶である。



リリース形態はまたもやコンピレーションですが、今回は最近のライヴで定番となっている3曲を収録しています。
そして、アルバムタイトルからも分かる通り、サウンドこそ違えど全バンドがその世界観の中に”和”の要素を持ってるバンドばかり。
絶対必聴の作品です。



そして、更にこの4バンドの地元でレコ発ツアーを行う事も決定しています!
と言う事は?
そう、六合、沖縄に行ってきます。
しかも夏に(笑)
似つかわしくないこの感じもまた良し、です。
その代わりというわけではありませんが、京都でのライヴは祇園祭の山鉾巡行とセットでお楽しみいただけます!
今からスケジュールに入れておきましょう。

TOUR”真神楽2010″
7月4日(日) 沖縄 宜野湾HUMANSTAGE
7月17日(土) 京都 MOJO
7月19日(月・祝) 東京 高円寺MISSION’S



そんな六合は今週末大阪でライヴです!
こちらも是非ともお越し下さい。
レコーディングで成長した姿を余すところなくお見せします。

●4月10日(土)

会場:大阪 西九条ブランニュー
開場:17:00 / 開演:17:30
前売:2,000円 / 当日:2,500円 (1drink別)
出演:ARGUMENT SOUL(名古屋) / WINDZOR(姫路) / TorN(横須賀) / 風里銃 / rogstock / 六合

※六合の出番は2番目。18時過ぎを予定しています。

Scroll to top