Best of 2011 Year

Top 10 CDs of 2011

Time Machine 2011:Live in Cleveland

1.Time Machine 2011:Live in Cleveland / Rush
2.Bilateral / Leprous
3.Carbon Based Anatomy / Cynic
4.Heritage / Opeth
5.FREDDIE MERCURY TRIBUTE LOVE OF MY LIFE / 三柴理
6.Road Salt Two / Pain of Salvation
7.Ghost / Devin Townsend Project
8.New Blood / Peter Gabriel
9.Biophilia / Bjork
10. Hymn of a Broken Man / Times of Grace

昨年「今年はこれまでで一番CDを買わなかった年かも。」とか言ってたけど、今年はそれ以上だったという…(苦笑)
ただ単に聞いてないだけなのかも知れないけど、インパクトのある作品が少なかったなぁという印象。
1位はちょっと反則気味かも知れないけど、アメリカまで観に行ったツアーのライヴアルバムというのは思い入れも違うしね。本人たちはあんなにニコニコしながらさらっと演奏してるけど、このアンサンブルはやっぱりちょっと尋常じゃない。
Leprousは今年一番嬉しい出会いだったなぁ。System of A Down + Opeth + Pain of Salvationって感じで完全にツボ。12月に入ってから手に入れたけど相当聴いた。
Cynicは、Cynic以外何者でもない完璧な世界観にノックアウト。不満はミニアルバムということだけ。
Opethの挑戦的な方向転換は次作で花開くような気がする。
PoSはこれを最後に次々にメンバーが辞めてしまって今後が心配…。それにしても、ある意味Opeth(ミカエル)もPoS(ダニエル)と同じルーツに帰りつつ進化するという道を選んだのは興味深いですね。
来年は六合、DREAMSTORIA、ALL IMAGES BLAZINGのアルバムを無事リリースして、沢山の人のランキングに入ることを目指します!


Top 10 Films of 2011

ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

1.ブラック・スワン
2.宇宙人ポール
3.ミッション:8ミニッツ
4.SUPER 8
5.アジョシ
6.127時間
7.モールス
8.ピラニア3D
9.ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
10.スプライス

最後の最後に「宇宙人ポール」という傑作が登場したお陰で、かなり悩んだけど1位はこれで。未だに引き摺る程のインパクトを与えてくれる作品はそうそう出会えるもんじゃない。
ただ、「宇宙人ポール」の突き抜け感と下品さ(褒め言葉)も相当なものでしたね(笑)
「ミッション:8ミニッツ」は派手さはないんだけど、じんわり心に沁みる素晴らしい作品。繰り返し見たくなる。
「SUPER 8」はエイリアンの造形以外は見事に”あの時代”の映画の空気感を再現していて、スピルバーグの偉大さを再確認した。「SUPER 8」にしても、「宇宙人ポール」にしても、スピルバーグの映画界への影響って年々大きくなってきてるよね。
日本の映画界は「アジョシ」を観て負けない作品を作って欲しい。ドラマの特別編を映画と称して上映するのはもうやめませんか?
あと、今年はゾンビものがあまり上映されなかったのが残念だったなぁ…。その代わりエイリアンものが頑張ってたけど。
リメイクや続編じゃなく、オリジナル作品でもっと映画界が盛り上がるますように。
とか言いつつ、来年の「スター・ウォーズ」の3D上映はめっちゃ楽しみにしてるけど!(笑)



来年も素晴らしい作品と沢山出会えますように。

Best of 2010 Year

Top 10 CDs of 2010

イン・ライヴ・コンサート・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール

1.In Live Concert at the Royal Albert Hall / Opeth
2.Razzle Dazzle / BUCK-TICK
3.Never Ending Way of Orwarrior / Orphaned Land
4.Static Impulse / James Labrie
5.The Panic Broadcast / Soilwork
6.Road Salt One / Pain Of Salvation
7.Ithaca / Paula Cole
8.Poetry For The Poisone / Kamelot
9.Grotesca / SoundWitch
10. 真神楽 / Goofy Style、六合、ヴァ乳、蓮母

今年はこれまでで一番CDを買わなかった年かも。そんな中でもここに挙げた作品はリリース時期こそ違えど、どれもかなり聞いたものばかり。
特にOpethの名作「Black Water Park」の完全再現は圧巻でした。ライヴアルバムの歴史的傑作!
BUCK-TICKも「ここに来て、まだそんな冒険するの!?」という驚きと進化し続けるバンドの理想型とも言える在り方に衝撃を受けた作品。
最後に手前味噌ながら自分の参加した作品を入れてますけど、これは本当に自信作です。他のバンドも強力だし是非聞いてみて下さい。


Top 10 Films of 2010

shut_up_kick-ass_poster

1.キック・アス
2.インセプション
3.ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
4.第9地区
5.ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
6.ゾンビランド
7.マチェーテ
8.ぼくのエリ 200歳の少女
9.かいじゅうたちのいるところ
10.ハートロッカー

今年はもう「キック・アス」という傑作に出会えた幸せに尽きる!全映画ファン必見の作品。
ハマり具合では「ミレニアム」も相当でしたね。ミステリー好きは原作も併せて要チェックですよ。
大好きなゾンビ物では「ゾンビランド」が出色の出来。ビル・マーレイのネタが最強すぎる!
今年は所謂大作がイマイチで、単館系の作品で面白い作品が多かった印象。シネコンはもっとその利点を活かすべし!
日本では劇場で観られなかったので入れてないけど、RUSHのドキュメンタリー「Beyond the Lighted Stage」も素晴らしい作品でした!


Top 10 TV Shows of 2010

bsg4

1.バトルスター・ギャラクティカ
2.コールドケース
3.ライ・トゥ・ミー
4.デクスター
5.ウォーキング・デッド
6.LOST
7.NCIS
8.CSI
9.フリンジ
10.メンタリスト

遂に完結した「バトルスター・ギャラクティカ」は全SFファン必見の傑作!
「コールドケース」は相変わらずクオリティが高すぎて、使用楽曲の権利問題で商品化出来ないのが本当に残念。
新しいシリーズでは「ライ・トゥ・ミー」と「ウォーキング・デッド」が完全にツボでした。どっちも早く続きが見たいぞ。
五人一首のあの字さんに薦められて見始めた「NCIS」は、シーズン2の終わり方が余りにも衝撃的すぎて未だに立ち直れてません。
最近のTVシリーズのクオリティの高さは本当に凄くて、もう映画界を脅かすところまで来てると思います。 頑張れ映画!


Top 10 Books of 2010

未来型サバイバル音楽論―USTREAM、twitterは何を変えたのか (中公新書ラクレ)

1.未来型サバイバル音楽論 / 津田大介・牧村憲一
2.小説家という職業 / 森博嗣
3.まだ科学で解けない13の謎 / マイケル・ブルックス
4.ハルシオン・ランチ / 沙村広明
5.キック・アス / マーク・ミラー
6.PRISMTONE RANGE MURATA ANIME WORKS1998-2006 / 村田蓮爾
7.「踊る大捜査線」は日本映画の何を変えたのか / 日本映画専門チャンネル編
8.大槻ケンヂが語る江戸川乱歩 / 大槻ケンヂ・江戸川乱歩
9.ロゴデザインのアイデア!-実例で学ぶ!! プロのデザインルール&テクニック / オブスキュアインク
10.創るセンス 工作の思考 / 森博嗣

今年は色々小説読んだんですけど殆どが今年発売されたものじゃなかったので除外。と言うか、今年発売のものってここに挙げたのでほぼ全て。
「未来型サバイバル音楽論」は音楽に携わる人ならば必読。沢山のヒントを貰えます。
森博嗣の2冊も同様で、小説や工作についての内容ですけど全部自分のやりたい事に置き換えて読めばこれまで見えなかった色んな事が見えて来るはず。
「ハルシオン・ランチ」は「おひっこし」が好きな人なら100%気に入る沙村広明の暴走っぷりを堪能出来る傑作。早く続きが読みたい!



来年も素晴らしい作品と沢山出会えますように。

2008年 BEST 10-音楽編

2008年はとにかく六合のレコーディングで終わった印象が強くて、あまりCDも買えなかったしライヴにも行けなかったなぁ…と思ってたんですが、実は結構買ってました(笑)
Amazonの注文履歴を参考にしてるんで、ある程度発売された順のはず。
基本的に新作のみですが、リマスターされたOPETHの「Still Life」や2枚組になったKANSASの「Two fo the Show」なんかは入ってます。


Obzen/MESHUGGAH
Rodrigo y Gabriela/RODRIGO Y GABRIELA
GIRLS’ROCK√Hakurai/DEMON KOGURE
Scarecrow/AVANTASIA
Land of the Free II/GAMMA RAY
H.A.A.R.P./MUSE
A Sense of Purpose/IN FLAMES
THE BLACK MAGESIII Darkness and Starlight/BLACK MAGES
Still Life/OPETH
Snakes & Arrows Live/RUSH
Watershed/OPETH
Songs from the Sparkle Lounge/DEF LEPPARD
Revelation/JOURNEY
Super Battle Gargoyle/BATTLE GARGOYLE
ガーゴイズム/V.A.
The Candlelight Years/OPETH
Opeth String Tribute/V.A.
カッシーニ/元ちとせ
アマフェスリポート2007/天野月子
Big Blue Ball/BIG BLUE BALL
Live from the Danger Zone!/DALE BOZZIO & MISSING PERSONS
World’s end wonderland/東京エスムジカ
EINZATS/大鴉
Rhythm, Chord & Melody/THE REIGN OF KINDO
Two for the Show/KANSAS
Nostradamus/JUDAS PRIEST
The Tall Ships/IT BITES
Traced in Air/CYNIC
ZERO/天野月子
Black Roses/THE RASMUS
Trinka Trinka/OLIVIA
ツアーファイナル/筋肉少女帯
Nightmare Revisited/V.A.
Death Magnetic/METALLICA
イリヤ-ilya-/夢中夢
NOIZE/天野月子
United States/PAUL GILBERT & FREDDIE NELSON
Tinnitus Sanctus/EDGUY
Conflict Of Crisis/ARGUMENT SOUL
Distance/PSYCHO kui METALLICS
Restart/AIRY TALK
かくれんぼか鬼ごっこよ/大槻ケンヂと絶望少女達
Superhuman/CINDER ROAD
HEAVEN/BUCK-TICK



この中からさくっとBEST10を選出してみました!
今年はあんまり選ぶのに苦労しませんでした。

OPETH ライヴ@心斎橋 CLUB QUATTRO

opeth.jpg

2年前のLOUD PARKではたった4曲で物足りないどころの騒ぎじゃなかったOPETH。
待ちに待った今回の単独来日は、2年前に感じた物足りなさを十二分に埋めてくれる素晴らしいライヴでした。

まず驚いたのが客入り。
クアトロには何度もライヴ観に行ってますけど、あんなに満員だったのは初めて。
確実にKILLSWITCH ENGAGEよりお客さん入ってたし。
CDはあんまり売れていないと聞いていたのでかなり意外でした。
もしかしてCD買ってないけど、ライヴを観てみたいっていうお客さんが結構いたのかも。
それって結構凄い事ですよね。

盛大なOPETHコールに迎えられてライヴはスタート。
もう最初の1音からアルバムよりも躍動感を増したサウンドに圧倒されっぱなし。
ヴォーカルはやや小さめでドラムが今ひとつクリアに聞こえなかったのが残念でしたけど、そんなのは本当に些細な事で、OPETH以外何ものでもないその世界観を堪能しました。
セットリストは「Orchid」以外から万遍なくプレイ。
日本のファン向けに考えてくれたのかな?
一番好きな「Blackwater Park」から”Bleak”と”The Drapery Falls”の2曲が聞けて幸せでした。

2時間で11曲。
ほぼ1曲毎にチューニングしながらミカエルがジェントルな語り口でMC(殆どジョーク/笑)をするという、普通ならダレて当然の進行にも関わらず一切ダレないのは、曲が持つ世界観が演奏が終わった後も持続してるからなんでしょうね。
それにしてもミカエル、MCまであの声とか反則だし。
メンバー紹介で自分の事を「カルメンマキ。性転換したんだ」って何じゃそりゃ(笑)
女性ファンが虜になるのも分かります。
もしかしてこれが”萌え”なのか?
好きな声に変えられるなら絶対ミカエルかジョン・ウェットンか櫻井敦司。
今日のライヴでミカエル一歩リード中。

あとマーティンのベースが凄かったなぁ。
メタルって大体ベースが一番抜けないのに、今日のライヴではベースだけ明らかに抜けが違いましたからね。
フレーズもリズムも最高。
あんなに気持ち良いベースは久々に聞きましたよ。
OPETHの演奏の要は間違いなくマーティンのベースだと確信しました。
流石ミカエルの恋人(笑)

いやぁ、本当に良い刺激を貰ったライヴでした。
この刺激を持続したまま11月のワンマンまで駆け抜けるぞ!

1.Heir Apparent
2.Master’s Apprentices
3.The Baying Of The Hounds
4.Serenity Painted Death
5.To Rid The Disease
6.The Lotus Eater
7.Bleak
8.The Night And The Silent Water
9.Deliverance
10.Demon Of The Fall

-Encore-
11.The Drapery Falls

OPETH初期3作BOX発売

最新作「Watershed」をリリースした孤高のプログレッシヴ・デス・メタル・バンド、OPETHの初期3作がBOX仕様で発売されたみたいです。
しかも日本盤。
今日まで全然知りませんでした…。

The Candlelight Years
The Candlelight Years

 

収録されているのはCandlelight時代の「Orchid」「Morningrise」「My Arms, Your Hearse」の3枚。
どれも現在のOPETHと比べると洗練はされてませんが、デスメタルのアプローチと幽玄な雰囲気はこの時期の方が堪能出来ます。
そんな初期3作がオリジナル・アートワーク、リマスター、デジパック仕様3枚組で3885円というのはかなりお買い得ですね。
全部持ってるけど、ジャケに惹かれてポチっとしちゃいました。
あと、こんなトリビュート盤も出てたのね。

さぁ、来日公演に向けて気分が盛り上がって来ましたよ!

 

Scroll to top