「A Night at the RAG Vol.9」終了!

27日に開催された「A night at the RAG Vol.9」、無事終了しました!

今回は、Queen結成40周年、Live Spot RAG創業30周年、フレディ没後20年、A Night at the RAG開催10周年という、見事に数字が並んだ年。そして、個人的にはプロデューサー最後の年。
例年以上に大変な準備期間を苦しみながら乗り越え、正直なところ一時はどうなる事かという不安もありましたが、蓋を開けてみれば過去最高の120名を超える動員…!
お越しいただいた皆さん、出演者の皆さん、RAGの皆さん、本当にありがとうございました。
心から感謝します。
これだけの動員、そしてアツい盛り上がりとなったのは皆さんのお陰です。

そして、Queen、フレディ
あんなにも多くの人たちを(本人たちがいないにも関わらず)強く結びつけたのは、あなたたちの力です。
本当にありがとう…。



と、ここで締めてしまいところなんですが(苦笑)、プロデューサーの最後の務めとして、イベント全体を駆け足で振り返ってみたいと思います。
ちなみに、当日の写真が全然ないので持ってる方は是非送ってください(笑)

DOUBLE QUEENS
(担当アルバム:戦慄の王女、クイーンII、Sheer Heart Attack)
img

トップバッターはBrendaさんとちらさんという最強の女王2人が、下僕4名(笑)を従えるDOUBLE QUEENS!
熟練メンバーの安定した演奏で最もロックでドラマティックだった初期ナンバーを聞かせてくれました。
毎年最初のバンドは会場を温めるのに苦労するんですが、一気に会場はヒートアップ!
流石の貫禄でしたね。

1.Keep Yourself Alive
2.Doing All Right
3.White Queen (As It Began)
4.Seven Seas Of Rhye
5.Lily Of The Valley
6.Now I’m Here

BUEEN
(担当アルバム:オペラ座の夜、華麗なるレース、世界に捧ぐ)
img-1

2番手を務めたのはメンバーの総体重400kg超(!)というBUEEN。
端的に言って、非常にずるいですよね(笑)確信犯すぎ。
そんなネタ満載のパフォーマンスで、Queenの最も有名な時期の曲をプレイするんだから盛り上がらないわけがない。
ラストの”Somebody To Love”ではコーラス隊も登場して、本当に楽しいステージでした。

1.Death On Two Legs
2.Sweet Lady
3.Sheer Heart Attack
4.Tie Your Mother Down
5.Somebody To Love

DREAMSTORIA
(担当アルバム:Jazz、The Game、Flash Gordon)
img-4

DREAMSTORIAはLeoさん、綿貫さん、僕に加え、サポートでろくまんさんと辻くんに参加してもらいました。
アルバム「Flash Gordon」をやる以上、”Flash”をやらないわけにいかない→誰がやるの?→自分でやるしかない、というまぁいつもの流れ(笑)
分かっちゃいたけど、みんなやっぱり上手い。ただ、上手いだけじゃなくて”分かってる”から、リハも本番も凄く楽しく演奏出来ましたね。
本番で余裕があるってのは大事です。やっぱり余裕がないと他のメンバーの音を聞けないし、ライヴ自体を楽しめないですから。
どれくらい余裕があったかと言うと、演奏しながらろくまんさんが自分と同じジーンズを穿いてると気付けたくらい。本人に言うの忘れたのでここに書いておきます。

1.Mustapha〜Flash〜The Hero
2.Let Me Entertain You
3.Bicycle Race
4.Crazy Little Thing Called Love
5.Save Me
6.Don’t Stop Me Now

フレディ・エトウ
黙祷を挟んで、ここで現Queeness、元KWEENのフレディ・エトウさんがゲスト出演。
MCでも言いましたけど本当に急遽の参加で、連絡が来たのは何と本番3日前(笑)
でも、無理矢理調整した甲斐あって、見事な歌声、そしてパフォーマンスでしたね。アコギもうますぎ。
会場中が歌った”Love of My Life”は、最高の瞬間の一つだったと思います。

1.I Was Born to Love You
2.Love of My Life
3.No One But You (Only the Good Die Young)

RATTLE SNAKE SHAKE
(担当アルバム:Hot Space、The Works、A Kind of Magic)
img-2

バンド編へ戻っての最初はPSYCHO kui METALLICSの別名プロジェクトRATTLE SNAKE SHAKE。
HIROCKの体調が思わしくなくて、急遽佐藤くんがヴォーカル、ギターには昔のサイコキメンバーにサポートで入ってもらうという状態だったにも関わらず、変わらないロック魂を見せつけてくれましたね。
正直、今回の中で一番難しいアルバムだったと思うんですけど、こっちも驚く「Hot Space」攻めで見事にやりきってくれました。

1.One Vision
2.Put Out The Fire
3.Dancer
4.Under Pressure
5.Radio Gaga

デラみらくるチェーン
(担当アルバム:The Miracle、Innuendo、Made in Heaven)
img-3

バンド出演の最後を飾ったのは毎年恒例の名古屋組。
ここも実は直前になってはじめちゃんがやむにやまれぬ理由で参加出来なくなり、急遽みーのるくんを迎えてのステージだったんですね。それを全く感じさせないパフォーマンスは見事でした。
“The Show Must Go On”でのなおたんの熱唱には胸が熱くなりました。

1.Party
2.I Want It All
3.Headlong
4.Made in Heaven
5.The Show Must Go On

ファイナル・セッション
バンド演奏が終わり、いよいよ恒例のファイナル・セッション!
マダムひかる率いるゴスペル・チームのB.B.マミーや、久々の参加だったYKさん、HIHUMIさん、そして、ずっとこのイベントを支えてくれているTOMさん、舞いさん、よっしぃ、ラリルレさん、潤くん、charlyさんに、出演バンドのヴォーカルさんたちも入り混じって、最後はステージ上に人が溢れる中、大団円。
何回やってもあの瞬間になると苦労が吹き飛んでしまいますね。ステージのちょっと後ろから見るのが良いんですよ。

1.Let Me Live
2.Teo Torriatte
3.Last Horizon
4.Bohemian Rhapsody
5.We Will Rock You
6.We are the Champions



そんなこんなで、トータル38曲、約4時間に渡るイベントは幕を閉じたのでした。
今年で僕がプロデューサーを務めるのは最後になったわけですが、ある意味集大成に相応しい内容になったと思います。
当日も沢山聞かれましたけど、イベント自体は続いていくと思います。多分…(笑)
だって、こんなイベント、日本中どこ探してもないですもんね。これで終わりにしてしまうには余りにも惜しいと思います。
プロデューサー絶賛募集中!



10年前からこのイベントに関わってきて、Queenを通じて、本当に沢山の人に出会うことが出来ましたし、多くの事を学ばせてもらいました。
勿論、良いことも悪いことも、それこそ数えきれないほどありました。
でも、それが人生。
“The Show Must Go On”、人生は続いていくんです。

Queenの音楽から、フレディの歌声から僕はいつも”生”を感じます。
そこがこんなにも愛される理由なんじゃないかなと。
沢山の命が失われた今年はより一層それを強く感じました。

改めて、”A Night at the RAG”に関わった全ての人に心から感謝します。
長い間、ありがとうございました。

来年からは違う形で関わっていきたいと思います。



111127

あっぴー、写真ボケ過ぎ(笑)

Live Spot RAG 3連続ライヴ!

今週末から久々にライヴラッシュ!
しかも、会場は全てLive Spot RAG
いつもお世話になってますが、今月はいつも以上にお世話になります。

どれも必見なんですが、まずは今週末の13日。
ここ数年ご一緒させていただいているベーシストの田辺モットさんのベース教室のライヴに、DREAMSTORIAでその凄さを日々実感している綿貫さんと共にゲスト出演させていただきます。
女子高生バンドでラルクやジャンヌを演奏したり、講師演奏という事でトリオであの超絶ナンバーを演奏してしまいます。

●11月13日(日) 田辺モット
田辺モット「寺子屋 Live」Vol.3
会場:京都 LIVE SPOT RAG
開場:17:00 / 開演:18:00
前売 / 当日:1,200円
出演:サンビキ、Peek a Boo、まるおかきゅ〜、H-AGAIN、カルロス三家本プラス、野村文+平野夏実、芳賀優花+福地美咲
ゲスト:内田伸吾、綿貫正顕

23日はシンガーソングライターの谷口守さん、久々のソロライヴ。
お馴染みの凄腕ミュージシャンの皆さんと共に、谷口さんのソロナンバー、そしてロック、ポップスの名曲をお届けします!

●11月23日(水・祝) 谷口守
谷口守ソロライブ at 京都RAG
会場:京都 LIVE SPOT RAG
開場:18:30 / 開演:19:30
前売:3,000円 / 当日:3,500円 (1drink, 1food別)
メンバー:谷口守(Vo)、田辺モット(Ba)、岡本博文(Gt)、古谷光広(Sax)、佐伯準一(Key)、内田伸吾(Dr)

そして、27日は今年10周年となるQUEENトリビュート・イベント、”A Night at the RAG”にDREAMSTORIAで出演!
今回は全5バンドでオリジナルアルバム15枚全てから演奏して、QUEENの歴史を振り返るというテーマなんですが、DREAMSTORIAの担当は7~9枚目、つまり、「Jazz」、「The Game」、「Flash Gordon」の3枚。
という事は、当然あの曲も…(笑)
乞うご期待!

DREAMSTORIA_RAG

●11月27日(日) DREAMSTORIA
「A Night at the RAG Vol.9」
“History of Queen”
QUEEN結成40周年記念 ~輝かしいQUEENの歴史を振り返る~
会場:京都 LIVE SPOT RAG
開場:16:30 / 開演:17:30
前売:2,000円(学生1,000円) / 当日:2,500円(学生1,500円) (1drink, 1food別)
出演:DOUBLE QUEENS / BUEEN / DREAMSTORIA / RATTLESNAKE SHAKE / デラみらくるチェーン ほか

どのライヴもチケットの予約は絶賛受付中ですので、お気軽にご連絡ください!
みんなで楽しい時間を過ごしましょう♪

映画館とのコラボ企画がスタート!

IMG_1344

Queen結成40周年、フレディの没後20年を記念・祈念して、11月19日より全国の映画館で「QUEEN ROCK MONTREAL cine sound ver.」というライヴムービーが公開されることをご存知でしょうか?
http://www.freddie20years.net/

京都では京都駅前のイオンモール内にあるTジョイさんで公開されるのですが、なんと、そのTジョイさんと11月27日に開催されるQueenトリビュート・イベント(こちらも10周年!)「A Night at the RAG」のコラボ企画がスタートしました!

今日から「QUEEN ROCK MONTREAL cine sound ver.」公開終了までの期間、Tジョイさんの各スクリーンでの上映の幕間とロビーや通路にあるスクリーン、モニターで「A Night at the RAG」の告知ムービーを流していただいています。
ここしばらく四苦八苦しながら取り組んでたのは実はこの告知ムービーだったのです。制作の苦労話は長くなるのでやめておきましょう(苦笑)

早速今日、スクリーンでの最終チェックも含め確認してきたのですが、これがかなり頻繁に流れます(笑)
しかも、恐れ多いことに「QUEEN ROCK MONTREAL cine sound ver.」の前に…。
Tジョイさんに確認したところ、全スクリーン合わせると1日に約120回流れるそうです(ロビーなどのモニターでは恐らくそれ以上)。
まさかこんな展開になるとは思いもしませんでした。
ただただ感謝です。

京都駅付近に行かれる際には是非Tジョイさんに立ち寄ってチェックしてみてください。
勿論、沢山の作品が公開されてますので、この機会に映画も楽しんじゃいましょう。
あまり上映時間ギリギリだと告知ムービーが観られない可能性があるので気をつけてくださいね。

●11月27日(日)
「A Night at the RAG Vol.9」
“History of Queen”
QUEEN結成40周年記念 ~輝かしいQUEENの歴史を振り返る~
会場:京都 LIVE SPOT RAG
開場:16:30 / 開演:17:30
前売:2,000円(学生1,000円) / 当日:2,500円(学生1,500円) (1drink, 1food別)
出演:DOUBLE QUEENS / BUEEN / DREAMSTORIA / RATTLESNAKE SHAKE / デラみらくるチェーン ほか

オフィシャルサイト: http://www.sandy-jp.com/queen/



さて、ここからは映画ファンに向けてのオマケ。

スクリーンでの試写の後、Tジョイさんのご好意に甘えて映写室の見学させてもらいました!
映画好きとしてはテンション上がらないわけがないですよね。「ニュー・シネマ・パラダイス」ですよ。

IMG_1340
Tジョイさんは所謂シネコンなので、全スクリーンの上に長い通路のような形で映写室があるんですね。
勿論、照明は殆ど落とされている状態で、その中を数名のスタッフの方が移動しながら仕事をされてました。

IMG_1343
新しい映画館という事もあり、映写機は基本的に全てデジタル。
今は殆どの場合フィルムではなく、ハードディスクからプロジェクターに流しているそうです。

IMG_1342
稀にフィルムの作品もあるそうで、タイトルを見ると何と「スクリーム4」!!

IMG_1341
フィルムの場合は昔のように2台で切り替えするのではなく、今は大きなリール1台で対応出来るとのこと。
ただ、残念ながら時間が合わず、実際にフィルムで上映してるところは見られませんでした。



これまで足を踏み入れる事のなかった映画館の舞台裏。他にも色々な事を教えてもらってもう興味津々でした。
完全に子供でしたね(笑)本当に貴重な体験をさせてもらいました。

そんなわけで、Tジョイさんともども、「A Night at the RAG」をどうぞ宜しくお願いします!

Queenファン必聴!エディが弾くフレディ・トリビュート

今年はQueen結成40周年、フレディの没後20年。
リマスター含め、色んな関連作品がリリースされてるわけですが、そんな中でも昨日発売されたエディこと三柴理の「FREDDIE MERCURY TRIBUTE / LOVE OF MY LIFE」が素晴らしい出来。

FREDDIE MERCURY TRIBUTE LOVE OF MY LIFE
FREDDIE MERCURY TRIBUTE / LOVE OF MY LIFE

知らない人の為に簡単に紹介しておくと、エディは筋肉少女帯や特撮での活動で知られるロックピアニスト。
一見そっちの筋の人かと思うようなゴツい風体からは想像も出来ない繊細かつ大胆な、まさに神業と呼べるプレイで知られてます。

そんなエディがQueen、特にフレディのピアニストとしての魅力に焦点を当て制作したトリビュートアルバムがこの作品。
ピアノ一台だけであの壮大なQueenの世界観を表現する。
それだけでも凄まじい挑戦なのに、1曲目の”Death On Two Legs”からラストの”God Save The Queen”まで、もう完璧にヤラれました…。
オルゴール的な耳触りの良いアレンジじゃなく、とにかく曲の持つ世界観、Queen、そしてフレディの美的センスに真っ向から対峙して表現してる。
指先だけじゃなく身体全体で弾いてるのを感じる。
ピアノだけなんだけど、めちゃくちゃロック。
これぞエディ!という作品でありながら、紛れも無くQueenでもあるという不思議な感覚を抱かせてくれます。

エディ・ファンは勿論、Queenファンは是非聞いてみて下さい!
近所迷惑にならない程度に(笑)、スピーカーから大音量で聞くことをお薦めします。

あぁ、生で聞きたい!!

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=NttkxqkCrGU]

-TrackList-
1.Death On Two Legs
2.Killer Queen
3.Nevermore
4.We Are The Champions
5.Love Of My Life
6.You Take My Breath Away
7.Bohemian Rhapsody
8.God Save The Queen

「A Night at the RAG Vol.8」終了しました!

DSC00992

もう1週間も経っちゃいましたか…(汗)
去る11月20日、Live Spot RAGにて「A Night at the RAG Vol.8」が開催されました!
観に来て下さった皆さん、出演者の皆さん、RAGの皆さん、本当にありがとうございました!

昨年はスケジュール的な問題やまぁ他にも思うところがあってお休みしてたので、2008年以来2年ぶりの開催でした。
毎度の事ながら本番まではとにかく精神的にしんどいこのイベント(苦笑)
今回も大変でしたけど、これまで以上に沢山の人たちにサポートしてもらって何とか乗り越える事が出来ました。
MCでも話したんですけど、こんなに大変なのに本番がやたらと楽しいっていうのがこのイベントのタチの悪いところで(笑)、 久々にやってみてやっぱり自分はQueenが好きなんだなとつくづく実感しました。
こんなに舞台と客席が一つになれるイベントってそうそうないです。
Queenやこのイベントを通じて広がっていくこの繋がりは本当に大事にしていきたいと思います。


さてさて、本編の感想も忘れない内に書いておきます。

オープニングは僕も参加したBTR+J。
RUSHのコピバンであるBTRもきっかけは実はこのイベントからなんですよね。
ヴォーカルのjazzさんは札幌からの参加なので、リハは前日1回だけ。でも、そこはRUSHで鍛えたBTR。会場を温めるオープニングの役割をしっかり果たせたと思います。
コアなQueenファンの間で話題となった(笑)”More of That Jazz”の中間部のメドレーはオリジナルアレンジで、”Dead on Time”〜”Let Me Entertain You”〜”A Kind of Magic”〜”Sweet Lady”〜”Spread Your Wings”〜”Teo Torriatte”〜”We Will Rock You”〜”Crazy Little Thing Called Love”〜We Will Rock You (Fast)”〜”Mustapha”〜”Fat Bottomed Girls”の11曲を挟み込むというBTRならではのスペシャル・ヴァージョンでした。

2番目は名古屋の名Q会。
事前に「アンプラグド・スタイルでやる!」とは聞いていたものの、実際どんな風に仕上がっているのかは当日のリハを見るまで全く分からなかったんですが、これが素晴らしかった!
ヴォーカル、ギター、ベース、ピアノというシンプルな構成ならではのサウンドで、Queenの持つキャッチーで優しいメロディの魅力が浮き彫りになっていてついつい聞き惚れてしまいました。
実はずっとこういう完コピじゃない、原曲とは別のアレンジでQueenの楽曲を聞かせるバンドに出てもらいたい、もしくは自分でやってみたいと考えていたんです。まさにそんな願望を100%叶えてくれた見事なステージでした。

3番目はBrendaさん率いる三條まんきち&桂川おとき。
京都っぽいそのバンド名とは裏腹に、ツイン・ヴォーカルならではのパワフルなステージングで客席を圧倒してましたね。
若きドラマー、潤くんの成長っぷりも頼もしかったなぁ。もうすっかり一人前。
演奏した曲の中ではやっぱり”Nevermore”〜”The March of the Black Queen”が圧巻。
初期Queenの一つの到達点とも言えるプログレッシヴでドラマティックなこの名曲を見事に再現していました。いやぁ、本当に素晴らしかった。やっぱりQueenはプログレ・バンドです。
後半戦は日本一のコスフレイヤーROYさんによるコスフレ講座を交えた”Now I’m Here”やゴスペルママさんチームによる”Somebody to Love”、堀田有希さんと岡本博文さんによる”Love of My Life”、そして恒例のファイナル・セッションと盛り沢山の内容。
僕は例年通り演奏したり裏方やったりでヘロヘロになってました(苦笑)

ライヴ終了後はQueenのレア映像を見ながら出演者やお客さんたちと打ち上げ。
早めに切り上げるつもりが、そんなはずもなく(苦笑)、結局3時半まで色々話し込んでしまいました。
でも、これがこのイベントの良さなんですよね。
普段はみんな別々のところに住んでいてなかなか会えないけど、年に一回Queenを通してこうして集まって楽しい時間を過ごせる。本当に素晴らしい事だと思います。



来年はフレディの没後20年。
何か特別な事をやらないわけにはいかないですよね…。
うーん、アイデア求む!

-Set List-

We Will Rock You (Fast)
Let Me Entertain You
Fat Bottomed Girls
Crazy Little Thing Called Love
More Of That Jazz

It’s A Beautiful Day
Dreamer’s Ball
My Melancholy Blues
I Was Born To Love You
These Are The Days Of Our Lives
Don’t Stop Me Now

One Vision
Under Pressure
Nevermore
The March of the Black Queen
I Can’t Live With You

Now I’m Here
Somebody to Love
Love of My Life

Bohemian Rhapsody
Tie Your Mother Down
Sheer Heart Attack
We Will Rock You
We are the Champions

Scroll to top