奇蹟/ミラクル

51ne7vcjcjl.jpgフランク・キャプラ監督の「ポケット一杯の幸福」をリメイクした、1989年製作のアクション娯楽大作。

出演:ジャッキー・チェン、アニタ・ムイ、グロリア・イップ、トン・ピョウ、ユン・ピョウほか
音楽:スー・ソン
脚本:エドワード・タン、ジャッキー・チェン
監督:ジャッキー・チェン


「酔拳」や「スパルタンX」、「プロジェクトA」シリーズ、「ポリス・ストーリー」シリーズなどジャッキー作品には数多くの名作がありますが、ゴールデン・ハーベスト社設立20周年記念として製作されたこの作品も、ストーリー、アクション共に最高水準のクオリティを誇る傑作。
熱心なジャッキー・ファン以外にはあまり知られてない作品かも知れませんが、ジャッキー自身が「一番好きな作品」と語っているように、ジャッキー作品の中では異色と言えるほど人情ドラマがメインとなっていて、そのほのぼのとした魅力的なストーリーが見る者の心を温かくしてくれる作品です。

ドラマ部分をメインとしている作品ではありますが、かと言ってアクションが蔑ろにされているかと言うとそんな事はありません。
勿論アクションでも魅せてくれます。
流石に「プロジェクトA」や「ポリス・ストーリー」級の大掛かりなアクションはありませんが、セットや小物を縦横無尽に駆使したジャッキー・アクションの真髄は随所に挿入され、小気味良いテンポを刻んでいます。
そんな中でもクライマックスのロープ工場でのアクション・シーンはジャッキー作品のみならず、アクション映画史に残るベスト・ファイト・シーンの一つと言えるでしょう。
ロープを使ってあれ程多彩なアクションを生み出すのは驚異的。
しかも、その上で笑いまで生み出すんですから、本当に凄いとしか言いようがありません。

ジャッキーのキャラクターとストーリー、凄まじい身体能力とアクションが理想的な形で融合したまさに奇蹟の1本。


Similar Posts