殺人の追憶

韓国で実際に起きた未解決連続殺人事件を映画化した作品で、2003年度韓国No.1作品。

シリアスな映画だと思ってたのに、前半意外にコミカルでビックリ。

でも後半になるにつれその雰囲気は一転。
犯人を追い詰めようとする刑事達が、逆に精神的に追い詰められていく様は前半の雰囲気があるからこそより狂気を倍増させている。
実際の事件も未解決なので、当然映画でも最後まで犯人は捕まらない。

その為、刑事達のやるせなさ、やり場のない怒りが自分の事のように感じられ、後味は正直良くない。
作り手側もそれを分かった上で敢えて撮ったのだろうし、それだけ韓国では人々にとって忘れ得ない事件なのだろう。

エンタテインメントとしての映画ではない事を分かった上で見れば、決して損はしないと思う。


Similar Posts

コメント

  1. 殺人の追憶

    【勝手に評価:★★★★☆】
    これまた良かった~!!旦那は『つまんない・面白くない』って感想でしたが、”そーじゃないのさ!”これは韓国のある田舎で実際に起きた事件の映画化。
    現に韓国の強姦事件発生件数は日本のおよそ8.5倍(2000年)だそうです。
    兵役もあ…

コメントの受付は終了しました。