白いカラス

アンソニー・ホプキンス、ニコール・キッドマン主演の人種問題を軸にした恋愛(?)ドラマ。
主演の2人以上に、ゲイリー・シニーズとエド・ハリスという名脇役の演技が光っていた気がする。
ゲイリー・シニーズがアンソニー・ホプキンス演じる教授の良き友人、エド・ハリスがニコール・キッドマンにしつこく付きまとう危険な元夫と、2人ともこれまでと正反対の役柄を演じているのだが、そこに違和感は全く感じない。
改めてこの2人に惚れ直しました。
肝心の映画としての出来はと言うと…まぁ普通かな。
人種問題と恋愛、どちらに焦点を絞って描きたかったのかが曖昧な気がする。

そのせいか主人公2人の孤独がどうも今ひとつ伝わってこなかった。
分かる事は分かるんやけど…、って感じ。
残念。

最近やたらと映画ネタばかり書いてますが、バイトの仕事上の都合ですので。
やっぱ見ないと何本入荷するか決めにくいし。


Similar Posts