トロイ

やっと見ました。
結論から言うと期待以上でしたね。

もっと“スペクタクル感”を前面に押し出して、むしろ押し付けがましいぐらいの感じかなと思ってたんですけど、全然そんな事なくてあくまでシンプルにドラマとしてのストーリーを大切にしてました。
確かにCGで作られた水平線まで広がる大船団とか土煙をあげて攻めてくる数万の軍勢は単純に壮観でしたが、それがあくまで映画のメインになってない所がこの一大叙事詩の素晴らしい所だと思います。

主人公は一応ブラッド・ピット演じるアキレスですが、トロイの王子ヘクトル(エリック・バナ)とパリス(オーランド・ブルーム)も主人公と言えるでしょう。

ブラッド・ピットは特別好きというわけではないのですが、この作品でのハマリ具合は素晴らしかったです。
かなり鍛えたと思われる肉体美も見事でした。
戦う姿が単純にキレイでしたね。

エリック・バナは「ハルク」の時の感じと全然違ってましたね。
存在感がかなり増してました。
「ラストサムライ」のトム・クルーズとかぶって見えたのは僕だけでしょうか?

オーランド・ブルームはかなり優男な役柄でしたが良く合ってると思いました。
かなりレゴラスなシーンもあって、しかも最後はかなり美味しいとこ取りでしたね(笑)

個人的に残念だったのはショーン・ビーン演じるオデッセウスの出番が少なかった事。
出来れば彼とアキレスの関係や“トロイの木馬”建造シーンなんかを盛り込んで欲しかったです。

トロイに攻め込むシーンではボロミアVSレゴラスか!?と一人色めきたってしまいましたが…。

久々にこんなに長い作品を見ましたが、160分もの長さを全く感じさせない充実した作品でした。
さすがに「ベン・ハー」には及びませんが、過大評価の感がある「グラディエーター」よりは良かったと思います。
歴史物が好きな人は必見です。


こういうスペクタクルものでも思ってしまいますが、やはり戦争ほど愚かな行為はないですね。
特に現代の戦争は。

あれは人間の愚かさを最も象徴している行為です。

確かに平和を永遠に続ける事は不可能な事なのかも知れません。
人間は生来争い合う生き物なのかも知れません。
それでも名前も知らない「誰か」をボタン一つで殺すような戦争はしてはいけない。

どうしてもしたいなら戦争をしたい者同士で勝手にやってくれ。
アキレスとヘクトルのように堂々と戦えばいい。
でも死ぬのは自分達だけにしろよ。
殺す意思のない者を殺すな。


Similar Posts