スクービー・ドゥー2/モンスター・パニック

と言うわけで2作目。

今回はモンスター製造マシンを使ってミステリー社が過去に戦ったモンスターを復活させる仮面の男との戦い。
前作と同じミステリー社のメンバーに加えて、久々の映画出演(?)アリシア・シルバーストーンとセス・グリーンもサブキャラで登場。
前作よりもスピード感がアップし、明らかに焦点が絞れてる為オープニングからラストまでダレることがありません。
これはなかなかやるなと正直思いましたね。
大体2作目っておもしろくないんですけど、このシリーズに関しては断然2作目の方がおもしろいです。

前作で微妙だった主要メンバーの個性も、今回はそれぞれが自分の役割について思い悩むという過程を経る事によってかなりキャラを明確にさせる事に成功しています。
スクービー・ドゥーの動きもパワーアップしてるし。
敵のモンスターが結構かわいいのもネガティヴさが少なくていいですね。
ここらへんは確実に「ゴースト・バスターズ」の精神性を継承してると思います。
映像も技術が進んだお陰で前作と比べてかなりスムーズに実写とアニメの融合が出来てます。

ストーリーは前回同様行き当たりばったりでしたけど…。

シャギー役のマシュー・リラードってジム・キャリー大好きなんでしょうね。
顔の動きとかそのまんま。
普通にしてればあんまり特徴ない顔やのにね。
“芸人”って感じでした。
まだまだ演技が軽いのは否めないですが。
「スクリーム」「13ゴースト」なんかでも良い味出してるし頑張って欲しいです。

あ、あとエンディングテーマでPuffyが使われてるのも大きな話題。
確か監督がPuffyのライヴ行って気に入ったんやったかな。
今アメリカではPuffyのアニメも大ヒットしてるらしいですし、世の中どこでどうなるかわかりませんね。


Similar Posts