A Night At The RAGレポ5

いよいよ怒涛のファイナル・セッションに突入!

<Set List>
Tie Your Mother Down
Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are The Champions

ファイナル・セッションはこれまでの出演者入り乱れてのまさにお祭り状態(苦笑)一体ステージ上に誰がいるのか殆どわかりません。

1曲目は「Tie Your Mother Down」。このファイナルから参加のボスさん(from HONEY FLASH)が早速大活躍。忍者さんとのツインギターでまさにハニフラ・セッション状態(笑)2人で演奏をぐいぐい引っ張っていくのは流石です。それにつられてかバンド全体の演奏もリハの時と比べ見違えるように生き生きしてます。大石社長&むらっちの若手リズム隊も本当に楽しそう。この時舞台袖から見たお客さんの楽しそうな顔が忘れられません。

そしてここからはお決まりの3曲。まずはフレディの美学の集大成とも言うべき名曲「Bohemian Rhapsody」。杏奈さん(from HONEY FLASH)のピアノから曲がスタート。たにさんの感情を込めたヴォーカルがRAGに響きます。今回のアレンジは2コーラス目をお客さんに歌ってもらうという事だったんですが、既に1コーラス目からみんな歌ってます(笑)この曲は僕もドラムで参加。そして勿論叩きながら歌いまくりです。オペラパートのオケが出ないという物凄いハプニングもありましたが、そこはお客さんと共に見事再現(?)し何とかクリア。ほんと冷や汗もんでしたよ…。でもそれによってよりステージと客席との一体感が出たのも確か。ライヴってわからないもんですね。そしてハードロック・パートではボスさんvsTOMさんの東西ギタリスト対決!やっぱり何度演奏してもこのパートは興奮しますね。


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Music