グリーンフィンガーズ

イギリスの実話を基に、囚人達がガーデニングによって人間として成長していく様子を描いたヒューマン・ドラマ。
主演は「キング・アーサー」のクライヴ・オーウェン。

囚人達がガーデニング、その設定だけでもう見たくなって借りた作品ですが、見て正解でしたね。
最初は「ガーデニングなんて…」と言ってた囚人達が植物たちと触れ合う事で、罪への苦しみや劣等感といった縛りから少しずつ解き放たれ、最終的にはイギリスが誇る花と庭園の祭典“ハンプトン・コート・フラワーショー”にまで出場してしまうという、「フル・モンティ」や「ブラス!」にも通じるポジティヴなエネルギーとユーモアに満ちた作品でした。
全編に散りばめられた色彩豊かな植物たちと、登場人物の非常に人間らしい喜びや、悲しみ、苦しみなどがバランス良く絡み合い、まさにこの作品自体が人間味溢れる庭園のような美しさを感じさせてくれました。

クライヴ・オーウェンは「キング・アーサー」よりも断然良かったですね。
この人はああいうヒーロー的な役柄よりも、こういう役の方が合ってる気がします。
あと、見るまで知らなかったんですが「カレンダー・ガールズ」のヘレン・ミレンが出てて吃驚。
ガーデニングの権威みたいな役だったんですが、だいぶ派手な花柄の衣装を違和感無く着ててちょっと笑えました。
でも、この人はほんとにいい女優さんですね。
と言うか、イギリスっていい俳優さん多いですよね。
ハリウッドみたいに美男美女揃いじゃない(失礼)けど、自然で味があると言うか。
そういう方が個人的には好きです。



TEARS FOR FEARSやU2など劇中でかかる音楽もなかなか僕好みで良かったです。
「Sowing The Seeds Of Love」を使うあたりがまた良かった。

僕はガーデニングをやってるわけでも、特別大好きというわけでもありませんが、この作品を見て自然の美しさや力強さといったものを改めて感じました。
この作品は撮り方も上手くて、植物の薫りが今にもしてきそうだったので特にそう感じたのかも。
でもやっぱり自然はいいですね。
こういった自然と触れ合う事の素晴らしさを忘れたくはないです。


Similar Posts