スタスキー&ハッチ

1975年から79年にかけてアメリカで放送され、日本でも人気を呼んだTVドラマ「スタスキー&ハッチ」を、ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソン主演でリメイクした作品。

オリジナル版は見た事ないですが、このリメイク版と同時にリリースされるようです。
内容は、アメリカの刑事もののイメージそのまま。
「リーサル・ウェポン」や「48時間」みたいな、バカなジョーク飛ばして、張り切りすぎてドジって、でも最後には犯人逮捕、っていうお約束のああいうノリです。

きっと80年代以降のアメリカの刑事ものはオリジナル版に影響受けたりしてるんでしょうね。
日本でももしかして「あぶない刑事」とかはこれの影響なんかな。

そんなわけでストーリーが良いとか、アクションが凄いとか、そういう特別な部分はハッキリ言って何にもありません。

ただ、これで何度目の共演か知りませんが、間違いなくしょっちゅう共演してるベン・スティラー&オーウェン・ウィルソンの息の合ったコンビっぷりは間違いなくこの作品の目玉でしょうね。
ベン・スティラーって普通にしてても何かおかしいんですよね。
常に何かしでかしそうと言うか何と言うか。

この作品でもやっぱり笑わせてくれます。
オーウェン・ウィルソンは1人だといまいちインパクトのない俳優だと思うんですけど、この作品でのベン・スティラーや「シャンハイ・ヌーン」シリーズのジャッキー・チェンなど、強力な相棒がいると急にいきいきしてくる気がします。
何でなんでしょう。不思議なもんです。

衣装やセットなど70年代の文化を再現してるらしいですが、当然僕は生まれてないのでそこらへんはよく分かりませんでした。

でも音楽に関しては70年代のヒット曲を上手く使って、作品を盛り上げていたと思います。

エンディングでAEROSMITHの「Sweet Emotion」使うあたりなかなかツボでした。

最後にオリジナル版のスタスキー&ハッチが登場して、ベン・スティラー&オーウェン・ウィルソンにバトンタッチするようなシーンがあるんですけど、もしかすると続編作るつもりなのかも知れませんね。

アメリカでは結構ヒットしたみたいですし、十分その可能性はあると思います。


Similar Posts

コメント

  1. Jet says:

    この作品、おsっしゃるとおり、何てこと無いのですが、「赤い稲妻」のフォード グラントリノと、最後にオリジナルの二人が出てきたことで、全て許す、みたいな。 まあ、オリジナルを懐かしむという作品ですね。
    オリジナルは、TVシリーズでしたが、本当に良かったです。

  2. sin says:

    Jetさん、いらっしゃいませ。
    Jetさんはオリジナルの方もご覧になってるのですね。
    当時、日本でもかなり話題のシリーズだったんですか?
    オリジナルは見てないので推測なんですが、このリメイク版はオリジナルに比べるとやや笑い度が高いような気がしますが、どうでしょう?
    また教えて頂けるとありがたいです。

  3. 先日は六合のライブ行けなくてすみません。
    次回また声かけて下さい。

    『スタスキー&ハッチ』懐かしいです。リメイクされてるんですか、知らなかった。
    TVシリーズが放送されたのは随分昔ですよね。僕はまだ中学生でしたから(苦笑)
    ストーリーもキャラクターもアクションも、全てが秀逸なドラマでしたね。今思うと、ちょっとB級っぽい雰囲気があるのもいいです。久々に見たいな。

    当時の日本語吹き替えも印象強いです。字幕で見たら違和感覚えてしまうかも。

  4. sin says:

    いえいえ、また次回宜しくお願いします。
    ちなみに次回は3月10日です。

    オーナーさんも「スタスキー&ハッチ」御存知なんですね。
    やっぱり有名なんですねぇ。
    オリジナル版もDVD化されるので入荷しようかどうか迷ってるんですよね。
    でも今回はビッグタイトル多いから無理そう…。

    サンプルで全部送ってきてくれれば問題ないんですけどね(笑)

  5. Jet says:

    フォローに来ました。(^^!
    オーナーさんが、おっしゃるように、TVの吹き替えが良かったんです。 (高岡健二、下条アトム)
    通常は、吹き替えはあまり好きじゃないのですが、この作品と「燃えよ!カンフー」は吹き替え版が見たいと思います。

  6. 次の六合のライブは10日ですか、平日は微妙なんですが、調整してみます。また連絡しますね。

    Jetさん、フォローありがとうございます。
    テレビ版の吹き替え、スタスキーが下条アトムで、ハッチが高岡健二でしたね。二人ともハマってました。あと、故富山敬が情報屋の黒人の吹き替えやってましたね。あのキャラも好きでした。

    う~む、スタハチ見たい(笑)

  7. sin says:

    >Jetさん、オーナーさん
    この作品にこれほど反応があるとは思ってもいませんでした(笑)
    富山敬もやってたんですか!
    それはちょっと見たいかも…。
    ヤン・ウェンリーですからね。

    ちなみに「燃えよ!カンフー」の1stシーズンはうちの店ありますが、全然借りられません(苦笑)

  8. Jet says:

    また来ました!

    オーナーさん>頭のところで、「情報屋、アントニオ ファーガスン」ってやってましたね。 富山 タイガーマスク 敬さんでしたか、フォローありがとうございます。

    Sinさん>燃えよ!カンフーは、深夜枠でしたが、当時カルト的な人気を持っていました。 少林寺でのマスターとの回想シーン、必見です。

  9. sin says:

    いらっしゃいませ。

    「燃えよ!カンフー」カルト的人気ですか!
    デビッド・キャラダインの魅力なのかなぁ。
    今や“ビル”ですからね。
    また機会があれば、と言うか時間があれば見てみますね。
    ありがとうございます。

  10. Starsky & Hutch★★☆☆☆

    監督 トッド・フィリップス 主演 ベン・スティーラー 2004年 アメリカ映画 100分 コメディ 採点★★★★ 『白バイ野郎 ジョン&パンチ』派だった私は、このオリジナルTVシリーズは見てなかったんですよ。だって、ハッチの顔コワイんだもん。まぁ中身は、性格の違う二人…

    「スタスキー&ハッチ」

    ■公式サイト 
    ■(IMDb)

    まずは私、
    ベン・スティラーって、(顔といい)実はそんなに好きじゃあないんですよ
    コメディ映画としては、彼の作品はよく観?

    2004年 アメリカ

    出演:
    ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン、ジュリエット・ルイス、スヌープ・ドッグ

    あらすじ:
    カリフォルニアはベイ・シティで、最も優秀な秘密捜査官として活躍するスタスキーは、日夜犯罪に目を光…

    邦題:スタスキー&ハッチ
    『It’s 1975, we witness the birth of the partnership of undercover cops Starsky and Hutch. One is uptight and by-the-book, the butt of hazing by other officers; he runs through a dozen partners in two years. The other steals fr…

  11. rudy1113 says:

    こんばんは♪
    先日レンタルで観ましたw
    きっと当時のドラマを知ってる方が楽しめるんだろうな~
    って気はしましたね。
    (→パロディ部分とか)
    やっぱり、ネイティブの方がウケるんでしょうね。
    でも、そこそこ面白かったし楽しめました(笑)

    (TBいただきますw)

  12. sin says:

    おはようございます~
    そうですね、やっぱり当時見てた人の方が楽しめるんだと思います。
    でも、やっぱりベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンのゴールデンコンビのやり取りは笑えました。
    こちらからもTBさせてもらいますね~

    ありがとうございます♪

コメントの受付は終了しました。