パニッシャー

「スパイダーマン」「X-MEN」「ブレイド」「デアデビル」「ハルク」などで知られるマーベル・コミックの同名作品を映画化したヒーロー・アクション。
家族を殺され、復讐を誓う主人公フランク・キャッスルを演じるのは、「クリスティーナの好きなこと」「ドリームキャッチャー」のトム・ジェーン。
対する悪役セイントにジョン・トラボルタ。
「ダイ・ハード3」「アルマゲドン」などで脚本、「コン・エアー」「60セカンズ」で製作総指揮を務めたジョナサン・ヘンズリーの初監督作品。
「アルマゲドン」「プロフェシー」などのウィル・パットン、「フレンチ・コネクション」「ジョーズ」のロイ・シャイダー、「X-MEN」「ファム・ファタール」のレベッカ・ローミン=ステイモス、「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」のエディ・ジェイミソンなどが脇を固めている。

実はこの「パニッシャー」、1989年にドルフ・ラングレン主演で映画化されてるとか。
全然知りませんでした。
と言うか、この「パニッシャー」自体、この作品見るまで知らなかったし。

アメリカでは有名なんでしょうか。

トム・ジェーンはあんまりガタイの良いイメージがなかったんですが、この作品の為に鍛えたのか、かなりガッシリした体になっててちょっと感心しました。

アクションだけじゃなく、愛する者の死の悲しみと復讐心を併せ持った孤独なヒーロー像を好演してましたね。

ちなみに主人公フランク・キャッスル役は、ヒュー・ジャックマンやヴィン・ディーゼルにもオファーされていたんだとか。

どっちも似合いそう。
ジョン・トラボルタは悪役似合うんですけど、この作品の役はちょっと情けなさすぎでした…。
あんまり見せ場もないし。

もっと極悪なキャラの方が良かったと思います。


この「パニッシャー」の特筆すべき所は、「スパイダーマン」などの他のマーベル作品と違い主人公に超人的な力が無いということ。

つまり普通の人間。

その為、CGやワイアー・アクションもなし。
CGやワイアー・アクションが当たり前になってきてる風潮の中で、なかなか新鮮でしたね。
昔のヴァイオレンス・アクションっぽい感じ。
ただ、「これは復讐ではなく、制裁(Punishment)だ!」なんて言ってましたけど、どう見ても復讐にしか見えません。
敵は全員皆殺し、ジョン・トラボルタに至ってはかなり可哀想(と言うか残酷)な殺し方ですからね。
あのドクロマークにはちょっと笑ってしまいましたが…。
分かり易い勧善懲悪ではあるんですけど、ヴァイオレンス色が強いだけにあんまり気持ち良くは見られませんでした。
設定なんかは「キル・ビル」に近いと思うんですけど、あっちはネタ満載ですからね。

そのヴァイオレンス色を多少薄めてたのが、偶然同じアパートに住む事になった、それぞれ問題を抱える住人達との交流。

この件が個人的には一番良かったです。
心温まるエピソードでした。
ジョン・トラボルタが差し向ける胡散臭い殺し屋たちも、ツッコミ所満載で良かったんですけどね(笑)

ヒーローものと言うより、硬派なアクションものが好きな人には結構オススメ出来る作品です。


Similar Posts

コメント

  1. TOMCAT says:

    はい。硬派なヴァイオレンス系大好きです♪
    まして馬面体育会系は大好き♪

    劇場で見て、気に入りまして即US盤を買いました。
    殊更、難しい内容じゃないので、英語でも十分!!

    ふぇ・・JP盤出たんですね(笑)
    知らなかった(笑)

    劇場へ主人と行ったんですが、感動巨編派の主人にはへヴィだったようです。
    彼女と連れ立って行く映画ではないかも・・まぁうちの場合逆ですが・・
    犬の映画を見たがる主人と、ナショナルトレジャーみたい私と、二手に分かれて見るようになりそうです。

    5月発売のナショトレ@USも頼んじゃいましたよ。
    それと、バッドエデユケーションにセルラーも・・・
    アホやね。

  2. sin says:

    馬面好きですか(笑)
    これを劇場で観るってなかなかやりますねぇ。
    日本盤はまだしばらく先ですよ。
    いつもの如くサンプルで見たんです。

    それにしても相変わらず注文しまくってますねぇ。
    海外ってリリース早いですもんね。
    僕も早く見たいのいっぱいありますよ。
    特に日本公開されるかも分からない「キューブ・ゼロ」が見たくてたまりません。
    あと東京しかやってない「アナコンダ2」とか(笑)

  3. Extremelife says:

    パニッシャー

    DVDで、トム・ジェーン、ジョン・トラボルタ、ウィル・パットン 出演の「パニッシャー」を観ました。

    ●ストーリー
    ある晩、FBI潜入捜査官・フランク(トム・ジェーン)が計画した密輸取引犯逮捕の現場で、思わぬ銃撃戦が勃発し、犯人の一人で裏社会のボス・ハワ…

    スパイダーマンやX-MENなど多数のヒーローを輩出してきたマーベル・コミックスから誕生した異色のアンチヒーローを映画化したサスペンス・アクション。家族を殺されたFBI捜査官が私刑執行人“パニッシャ―”となり、闇の世界で法に代わって自ら悪を裁く姿を描く。主演…

コメントの受付は終了しました。