モンスター

アメリカ犯罪史上初の女性連続殺人犯で2002年10月9日に死刑となり、映画「テルマ&ルイーズ」のモデルにもなったアイリーン・ウォーノスをシャーリーズ・セロンが体当たりで演じ、アカデミー賞主演女優賞を受賞した作品。
アイリーンの恋人セルビー(実際の名はティリア)役にクリスティーナ・リッチ。
監督・脚本はこの作品が初監督となる女性監督パティ・ジェンキンス。
シャーリーズ・セロンは製作も担当している。

この作品を見た人は、まず何よりもシャーリーズ・セロンのあまりの変貌ぶりに目が釘付けになるでしょう。
13キロも体重を増やし、メイクで顔も変え、とても同じ人とは思えません。
勿論、見た目だけでなく喋り方や動きなど全てにおいて異様な雰囲気を漂わせていて、シャーリーズ・セロンのハンパじゃない気迫を感じました。

シャーリーズ・セロン自身、アルコール依存症だった父親が家で銃を乱射し、危険を感じた母親が父親を射殺するという悲劇を経験している(母親は正当防衛が認められた)だけに、どこかアイリーンに感じ入る部分があったのでしょう。

確かにシャーリーズ・セロンやクリスティーナ・リッチの演技は素晴らしいと思いますが、作品としては微妙でした。

まず事実と違う点が結構あるのも気になりましたし、何よりアイリーンをどこか悲劇のヒロイン的な描き方をしています。

アイリーン・ウォーノスをモデルとしたフィクションならこれでも良いと思うんですが、中途半端に事実を脚色してるのはどうかと思います。
なので、この作品を見る人には「これが事実ではない」と念頭に置いた上で見てもらいたいですね。

勿論、真実はアイリーン・ウォーノス本人にしか分かりません。
彼女自身が社会的弱者の立場にあり、犠牲者でもあった事は確かです。
ティリアへの愛も本物だったでしょう。

「殺人はいけない」
当然のように思ってるこの考えも、結局の所恵まれた生活をしているからこそ、なのかも知れませんし、そうじゃないのかも知れません。
でも、分からないなりに考えても、やはり殺人にも死刑にも僕は賛成出来ません。

様々な問題を投げかける作品ではありました。


Similar Posts

コメント

  1. Extremelife says:

    モンスター

    「ともかくシャーリーズ・セロンが凄い!」
    それだけの前情報(笑) 。
    DVDで鑑賞。

    1986年。体を売って生活しているアイリーン・ウォーノスは、
    ある夜立ち寄ったバーで、セルビーと出会う。
    アイリーンは、純粋に自分を慕ってくれるセルビーに魅かれ、
    2人で新し…

    人生を誤ってしまったとき、他人はほかに道はなかったのかと問います。もしかしたら何度も引き返せるチャンスはあるのかもしれません。死にたいと思った瞬間、わずかに見えた光が実は犯罪であったとしたら、死と光とどちらを選ぶのか──私は死を選ぶ自信はありません。

    シャーリーズ・セロンは「モンスター」では、最初からオスカーを狙っていたに違いない。
    それほど「モンスター」での彼女の役作りは、徹底的でまるで別人のようだった。
    これが同一人物に見えるだろうか。

    わたしは、それまで彼女の出演作を観たことがなかった。
    華々し…

    モンスター Monster (2003/アメリカ・ドイツ)
    被害者は誰?

    監督・脚本
    パティ・ジェンキンス Patty Jenkins
    出演
    シャーリーズ・セロン Charlize Theron (Aileen)
    クリスティナ・リッチ C

    原題:Monster  -愛した故に重ねた罪のモンスター-

    実在のストリートガールで女性連続殺人犯(1986年)となったアイリーン(シャーリズ・セロン)と同性愛者の少女セルビー(クリスティナ・リッチ)の、哀しい愛の行方の物語。アイリーンは家庭の境遇から生きる術を…

    私にとって、シャーリーズ・セロンはかなりどうでもイイ女優なので、話題になった変貌ぶり(13kg増量、歯型、特殊メイク)はいまいちピンとこなかったが(そもそも美女バージョンもよく思い出せない)、その気迫あふれる演技に冒頭から釘付けにさせられた。 実際の事件は…

    モンスター
     
    シャーリーズ・セロン の熱演。さすが!2004年アカデミー主演女優賞 です。
    この人は、わざわざ太ったんでしょ?でも、、、
    クリスティナ・リッチ って、、、書くわyo!  奇形??
     
    ちょっと、コメントしにくいです。
    これは、

    『MONSTER』 アメリカ・ドイツ/2003
    監督:パティ・ジェンキンス
    出演:シャーリーズ・セロン クリスティーナ・リッチ ブルース・ダーン
    受賞:アカデミー賞/主演女優賞(2003)
        ベルリン国際映画祭/銀熊賞(2003) 他多数受賞

    「私は神様に対して…

    86年のフロリダを舞台に、アメリカ犯罪史上初の女性連続殺人犯となったアイリーン・ウォーノスの実話を映画化。ハリウッドを代表する美人女優シャーリーズ・セロンが13キロもの体重増加を敢行するなど体当たりでアイリーンを熱演、みごとアカデミー主演女優賞に輝いた。共…

  2. リリー says:

    やっほぉ~~~っ{流れ星}
    なんかいろんな意味で凄かったなぁ~
    sinも言ってるように事実とは少し違うというか、省かれてる・・・アイリーンはもっと無茶な事たくさんしてきてるし、もっと悲惨な事されてる・・・
    でもコレを観てて胸をギュ~って締め付けられたのは事実かな。
    とりあえず観てよかった^^

  3. sin says:

    どもども。
    そうですね、作品としては意味のあるものだと思います。
    ただ、何も知らない人が見てこのまま鵜呑みにしてしまうのは怖いですね。
    僕も見て良かったとは思ってます。

    また遊びに行きまーす♪

コメントの受付は終了しました。