ポリス・ストーリー3

1992年に公開されたシリーズ第3作。
監督はジャッキーではなく、後に「レッド・ブロンクス」「ファイナル・プロジェクト」などを撮るスタンリー・トン。
後にボンド・ガールになるミシェル・ヨーがジャッキーの相棒を務めています。
マギー・チャンもちょっと出番少ないですが、ちゃんと出演。

この作品あたりからジャッキー作品を劇場で観出した気がしますね。
当時劇場でも興奮しましたし、今回久しぶりに見てもやっぱり興奮しました。

ただ、それなりに良く出来た作品だとは思うんですが、前2作には敵わないなというのが正直な所。

まぁ、前2作は「プロジェクトA」と並んで、ちょっとヤバイくらいテンション高いですからね。
比べるのが酷というものかも知れません。

と言っても、決して出来が悪いわけではなく、メジャー感はこの作品の方が上で、より多くの人に通用する娯楽要素の高い作りになっています。

その為か、今回は香港を飛び出して中国本土、タイ、カンボジア、マレーシアとまさに“国際警察”の名に相応しい、ジェームス・ボンド並みの活躍。

アクションもこれまでのカンフー・アクション色はやや弱くなり、車やバイク、ヘリコプター、列車などを使った大掛かりなものになっています。
勿論、だからと言ってジャッキーがそれらに頼るわけはなく、相変わらずハラハラドキドキさせられるアクションが満載。
相棒のミシェル・ヨーもジャッキーに負けじとバイクで走る列車に飛び移ったりとムチャな事してます(それまでバイクを運転した事が無かったと言うから驚き)。

しかし、それ以上に驚いたのが特典映像でスタンリー・トンが語った一言。

「ジャッキーは高所恐怖症なんだよ」

そりゃヘリであんな高い所から吊るされたら誰だって怖いと思いますが、果たして本当なんでしょうか。
もし本当なら、これまでの作品でジャッキーは人一倍の恐怖心と立ち向かいながら数々のスタントを繰り返してきた事になります…。

ジャッキー・チェン恐るべし。


Similar Posts