生カーン日和

昨日のうちから今日はバイト休んで曲作りやら、練習やらしようと思ってたのでついつい惰眠を貪ってしまいました。
起きたら12時…。
休みだと思うとこれです。
反省。

ご飯食べて、色々と雑用を済ませてから、いざ曲作り開始。
と書いてふと思いましたが、今まであまり曲作りしたとか書いてませんね。
実はと言うか、書いてないだけで結構やってます。
ドラム以外の楽器は素人レベルなのでなかなか進まないんですが。
今日はバイト仲間で組んだバンド用の曲作り。
メインコンポーザーはいるんですが、バラードを共作しようということになって僕が基本となるコード進行を作る事になったわけです。
そんなわけで、昔作ったアイデアやらを聴き返したり、新しいアイデアを考えたり、それに手を加えたりして、ほんとに基本の進行だけは作りました。
add9やsus4やら僕の好きなコードが出てくるんですが、これ渡されたらやりづらいかも。
まぁ他のアイデアも出していきます。

そして、KAMELOTのライヴを観る為にいざ大阪へ!
前回の来日はライヴか何かがあって行けなかったので、今回のライヴは本当に待ちに待ったライヴです。
自然とテンションも上がりますとも。
電車の中で一緒に行く友達と盛り上がりながら心斎橋に到着。
ロッテリアで軽く腹ごしらえをしてからクアトロへ。
毎回テンションが下がる入場待ちの階段でやっぱりテンションが下がるも、今回は待ち時間が短かったので良い感じで入場。
次の日レッスンなので、いつもの場所(2段目フロアの真ん中)で観ようと思ってたんですが、入ってみると前の方ガラガラ。
友達とこれは行くしかないと2列目に陣取りました…(ライヴレポに続く)

ライヴ後、今にも倒れそうになりながら帰宅。
勿論即寝でした。

以下、ちょっとムカっときたので。


ライヴで書いておかないといけない事思い出したので書いておきます。
SILENT FORCEのライヴの時に、僕の前あたりにいた女の人が振り返って「押さないでくれます?」って言ってきたんですよ。
それってどうなん?って思いませんか?
僕が押してるわけじゃなくて(そりゃ接触してるのは僕ですけど)、会場にいる人たちが少しでも前に行こうとして押してきてるわけですよ。
そんな事僕に言われても。
確かに言いたい事は分かりますけど、スタンディングはそういうもんですからね。
後ろから押されてるのに僕だけ直立不動でいるのは不可能ですから(もしかすると僕がその人の盾にならないといけなかったのかも知れませんね)。
近い距離でしんどい思いするか、遠くでのんびり見るか、どっちかでしょ。
それはその人自身が選んでるんだから、多少しんどかったとしても近い距離で見ようとするなら我慢しないと。
前で見てる人はみんなしんどい思いしてますよ。
勿論過去に悲惨な事件も起こってますから、みんなが前に行こうとするのを奨励するつもりはありませんし、むしろその場で押されたりせずに見れるのであればその方が嬉しいんですけどね。

あと、ついでにこれも書いておきますが髪の長い女の人(男でもいるかも知れませんが)のヘドバンは迷惑です。
少なくとも髪をゴムでとめるとかはして欲しいですね。
顔に当たるとライヴどころじゃなくなります。

この2つはちょっとその瞬間だけ折角の気分が悪くなったので書いてみました。


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. TOMCAT says:

    コレって解ります。
    前回も同じようなことがあって、泣いてた子が居ました。
    最前線キープの親派がやっぱり押すなどうのと若い子を責めてました。

    ああ・・何処でもあるんでしょうね。
    自分が被害者よってハッキリ物を言うことが出来るのを褒めるべきかしらん。

    せっかく楽しむために集まるのにね。
    ・・でも長髪のヘドバンは迷惑です(笑)

  2. sin says:

    まぁ良く見かける光景、と言うか直接言われなくてもそういう目で見られる事はよくあります。
    だから別に今回が初めてじゃないんですよねぇ。
    いつも書いたような事を思ってたんで、ちょっと書いてしまいました。

    僕から言わしたら最前列とかはまだ柵があるから楽だと思うんですけどねぇ。
    堂々ともたれる場所もあって尚且つすぐ目の前に好きなバンド。
    その上誰にも触れられず快適に観る事を望むのかと。
    いくら何でも都合良過ぎますよね。

    これがなかったらほんとに完璧なライヴだったんですけどねぇ(苦笑)

コメントの受付は終了しました。