モーターサイクル・ダイアリーズ

世界中に多くの信奉者を持つ革命家チェ・ゲバラ。
そのチェ・ゲバラが医学生時代に友人と1台のバイクで南米を縦断した日々を綴った日記を映画化した青春ロードムービー。
主演は「アモーレス・ペロス」「天国の口、終りの楽園」「ドット・ジ・アイ」などに出演し、人気急上昇中のガエル・ガルシア・ベルナル。
監督は「セントラル・ステーション」「ビハインド・ザ・サン」などのウォルター・サレス。

ちなみに、エルネスト(後のチェ・ゲバラ)の友人アルベルト・グラナードを演じたロドリゴ・デ・ラ・セルナはチェ・ゲバラのはとこにあたるそう。

チェ・ゲバラの若き日を描く、と言っても革命云々とか政治的な要素はほぼ皆無。

アルゼンチンからチリやペルーを経てベネズエラまでの約1万kmの旅で描かれるのは、好奇心に溢れ、情熱的で、無鉄砲で、慈しむ心を持った1人の若者と、南米大陸の広大な風景。
そして、行く先々で出会う人々の様々な表情。
印象としては、大人の「スタンド・バイ・ミー」かな。
勿論ストーリーは全然違いますが、どこか通じるものがあるような。
個人的にはストーリーよりも人々の人生を映し出した表情やマチュピチュやアンデス山脈などの南米の風景に素晴らしさを感じましたけど。

「ドット・ジ・アイ」の時は特に思いませんでしたけど、この作品でのガエル・ガルシア・ベルナルはなかなか良いです。
人気が出るのも分かりますね。
エルネストの穏やかな表情の中に秘める情熱を上手く表現していたと思います。
綺麗な瞳が印象的でした。

「旅をする為に旅をする」

こんな台詞が出てきましたが、分かる気がします。
人生の転機となるような旅。
こんな大冒険もいいですが、日々の生活の中で旅を繰り返していきたいですね。


Similar Posts

コメント

  1. 『モーターサイクル・ダイアリーズ』

    ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

    若かれしチェ・ゲバラは、親友とともにおんぼろのバイクで南米大陸を
    縦断する冒険の旅に出る。旅でいろいろな人とふれあいながら、南米の
    実情を目?

    若き日のチェ・ゲバラを描いた映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」は、南米大陸をバイクで旅するロードムービーです。主役のガエル・ガルシア・ベルナルが情熱溢れるゲバラを見事に演じています。この映画依頼、彼の映画を観たくてアルゼンチン映画にはまりました。

    製作総指揮:ロバート・レッドフォード
    監督:ウォルター・サレス
    出演:ガエル・ガルシア・ベルナル 、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 、ミア・マエストロ 、メルセデス・モラーン 、ジャン・ピエール・ノエル

    評価:92点(100点満点)

    公式サイト

    2…

    製作総指揮:ロバート・レッドフォード
    監督:ウォルター・サレス
    出演:ガエル・ガルシア・ベルナル 、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 、ミア・マエストロ 、メルセデス・モラーン 、ジャン・ピエール・ノエル

    評価:92点(100点満点)

    公式サイト

    2…

    ■監督 ウォルター・サレス(『セントラル・ステーション』)
    ■製作総指揮 ロバート・レッドフォード
    ■キャスト ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ
    キューバ革命の指導者として、今も世界中から愛されているエルネスト・チェ…

    遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた
    CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル/ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 他
    ■イギリス/アメリカ産 126分

    チェ・ゲバラって人は名前も何した人かも全然知らないのに借りてきてしまった。だって・・・ガエルくんが見たかったんですも…

    邦題:モーターサイクル・ダイアリーズ(The Motorcycle Diaries)
    『医学生のエルネストは親友アルベルトとともに本でしか知らない南米大陸の縦断旅行に出る。それは、1台の中古バイクにまたがる金も計画も無い旅だった。 』

    director …Walter Salles(Paris, je t’ai…

    チェ・ゲバラとなるきっかけとなった旅を,ラテンの心地良いリズムに乗せて描くロードムービー。

     ちょっと久々の映画日記です{/hiyo_en2/}今回観たのは革命家チェ・ゲバラの若き日を描いた青春映画。ちょこっと映画館で観たかったのですが日本ではミニシアター系だったので近くで上映している所があまり無く残念ながらDVDに{/hiyo_face/}
     チェ・ゲバラは60年代後…

    世界一愛される革命家と呼ばれ、今も南米の愛すべき『チェ』であるエルネスト・チェ・ゲバラの青春ロードムービー。思想だなんだと難しい話ではなく、若者が色々な経験を経てなにかを感じとる描写がすごく爽やかだった。

    ぼろぼろのバイクで、嘘をついたり、女の子を口…

    伝説の革命家としてその名を世界に轟かせることになるチェ・ゲバラが学生時代に行なった南米大陸縦断の旅を、彼が残した日記を基に映画化した青春ロード・ムービー。情熱的で正義心に溢れた青年が、親友と共に大自然を疾走し、様々な人々との出会いを通して人間的な成長を…

    監督 ウォルター・サレス
    出演 ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ

    エルネスト・チェ・ゲバラ「モーターサイクル南米旅行日記」(現代企画室刊)がこの映画の原作です。

    1952年、23歳のエルネスト(…

  2. ぺぺ山田 says:

    はじめまして、こんばんは。{カエル}
    あちこち、TBさせていただきました。
    この映画で、ガエル・ガルシア・ベルナルを知りました。なかなか爽やかな俳優さんですね。
    人気があるのも分かります。
    他の作品も観たいです。

  3. sin says:

    いらっしゃいませ♪
    こちらも色々させて頂きました(笑)
    ガエル・ガルシア・ベルナル男前ですよね。
    同じチェ・ゲバラを演じた、「チェ・ゲバラなんとか」っていう作品も同じ時期にリリースされます。
    あまり大きな作品じゃなく、こういう作品にこれからも出演してもらいたいですね。

コメントの受付は終了しました。