フライト・オブ・フェニックス

1965年に製作された映画「飛べ!フェニックス」のリメイクで、砂漠へ不時着した飛行機に乗っていた10人の男女が力を合わせて生還しようとする様子を描いたサバイバル・ドラマ。
主演は、「オーロラの彼方へ」「デイ・アフター・トゥモロー」などのデニス・クエイド。
共演に「スカイキャプテン/ワールド・オブ・トゥモロー」「コールドマウンテン」のジョヴァニ・リビシ、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのミランダ・オットーなど。
監督は、報道カメラマンの経歴を持ち、アディダス、ギネス・ビール、セガなど数々のCMを手掛けた「エネミー・ライン」のジョン・ムーア。

いやぁ、なかなか見応えのある作品でした。

この手のサバイバル/パニック系作品はやたらと派手になりがちですが、この作品は最初から最後まで一貫して地味。

と言っても、決して悪い意味ではありません。
砂漠が舞台である事も大きな要因だと思いますが、あくまで描かれてるのは極限状況下に置かれた人間たちのドラマ。

そのシンプルさが逆に、最近の派手なハリウッド作品に慣れてしまった目に新鮮に映りました。
ただ、飛行機が墜落するシーンだけは物凄い迫力です。

どうやって撮影したのか分かりませんが、映画史に残る名墜落シーン(そんなものあるのか)と言えるでしょう。

辺りは見渡す限りの砂漠、限られた水と食料、救助も絶望的。
そんな状況で冷静になどいられるはずがありません。
徐々に増していく、飢え、渇き、不安、焦り、怒り。
そんな状況からどうやって脱出するのか。
派手な展開はないものの、それが逆にリアリティを増し、いつの間にか自分もクルーの一員になってしまっていました。


ここにきてようやく大作の主役に抜擢されるようになったデニス・クエイド。
存在感あって良いですねぇ。
好きな俳優さんです。
他の俳優にはない、年輪を重ねた男臭い無骨な感じがこの作品にピッタリ嵌まってました。
「デイ・アフター・トゥモロー」では極寒、この「フライト・オブ・フェニックス」では灼熱。
大変ですね(苦笑)
「ロード・オブ・ザ・リング」でエオウィン姫を演じたミランダ・オットーは今回も結構勇敢な役どころ。
てっきりデニス・クエイドと恋仲になるものと思ってましたが、全く無しでしたね。
いや、でもそれで良かったと思います。

そういう所からもこの作品があくまで“人間”を描こうとしている事が分かります。
次回作の「宇宙戦争」ではトム・クルーズの奥さん役?

謎の青年エリオットを演じるジョヴァンニ・リビシの演技もなかなかキレてて良かったです。
結構童顔だと思うんですが、それだけに何とも言えない不気味な雰囲気を醸し出してたました。
ただ、何故彼がああいう行動・言動をしたのか、そもそも何故彼は石油採掘場に来たのかという部分はハッキリと描いて欲しかったですね。

そこだけが気になって気になって…。

派手なアクションを期待すると肩透かしを食うかも知れませんが、そういったものを期待せずに見ればなかなか楽しめる作品だと思います。
見終わった後、水が美味しく感じられる1本です。


Similar Posts

コメント

  1. フライト・オブ・フェニックス

    【新文芸坐@池袋】 新文芸坐のシネマ・カーテンコール2005「極限状況からの脱出!!」にて。 7月のある日、モンゴルでの石油探掘作業を終えたスタッフと廃材を乗せた貨物運搬機が巨大な砂嵐に遭遇、無線と片方のエンジンを破損しゴビ砂漠のど真ん中に不時着してしまう。こ…

    公式サイト
    監督:ジョン・ムーア
    出演:デニス・クエイド、タイリース・ギブソン、ジョヴァンニ・リビシ、ミランダ・オットー、トニー・カラン

    評価:84点(100点満点)

    そんなもん、飛ぶにきまっとるやないか。
    当然ラストはわかっている。ち…

    本年度の劇場公開作で、観ようかどうしようか迷った作品。
    結局、知ってる人あまり出てなかったので・・・今回のDVD鑑賞に。
    原題は「FLIGHT OF THE PHOENIX」。
    2004年製作のアドベンチャー、115分もの。

    あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード)
    モンゴル…

     閉鎖された石油採掘所のスタッフと廃材を運ぶ運搬機が、巨大な砂嵐に遭遇し砂漠のど真ん中に不時着する。毎度お決まりの仕事を無難にこなすだけだった貨物機操縦士のフランク(デニス・クエイド)は、自分たちの状況が最悪なのを察し、助けを待つしかないと悟る。しか…

    1965年製作の「飛べ!フェニックス」のリメイク版!砂漠に不時着した10人の仲間が、過酷な条件の中、墜落した機体の残骸から新たな飛行機を造り、脱出する方法にすべてを託すサバイバル・アドベンチャー。物資の奪い合いや権力争い、さらには武装集団の出現など、いくつも…

    ★本日の金言豆★ファイナルアンサー:米ABC放送 1999/8/16/開始 Who Wants to Be a Millionaire 2コイチっていう言葉があります。事故車のパーツを組み合わせて、1台の車に組み上げたもののことで、事故車2台から1台を作れば2コイチ、3台からなら3コイチ。いず…

     今やハリウッド映画でオタッキーで風変わりな性格の役が一番似合うリビシ。「飛行機設計士?嘘でしょ?」と疑いつつも、楽しませてくれました。

     序盤からC-119の派手な不時着シーン。音響効果がとてもよくて、重低音がビリビリと響き臨場感は最高潮に達する。砂嵐の…

  2. leo@楽団ひとり says:

    関係ないけどSAWってどうなん?
    友達が熱く語るねん…
    タワレコ入ったらSAWのコーナーがあって焦った…
    売り方が失笑やった…
    久々に映画にはまりソウ…
    家に帰って見入りソウ…
    みたいなダジャレ…(苦笑×5)
    なぜ5かはわからない…(笑)

  3. sin says:

    どうもどうも。
    「SAW-ソウ-」は面白いですよ。
    昨年観た映画の中でもベストの1本。
    そのタワレコの売り方は確かに失笑ものやね…。
    是非事前情報をなるべく入れずに見て下され!!

  4. もうレンタルってされてるのかしら?

  5. sin says:

    3月にレンタル開始されてますよ~

  6. のり says:

    SAW、もう中古で売ってますね(TT)

  7. sin says:

    あるやろねぇ。
    早い店やったら次の日とかでも売ってるよ。
    レンタルで返ってくるのずっと待つより、新品買って見終ったらすぐ売るって方が労力考えたら良いかも知れんし。

  8. リリー says:

    sinの記事見てコレ観る事にしたんだぁ~
    飛べ!フェニックスは観てないんだけど良く出来てたぁ~
    ホント飛行機が不時着するシーンは凄かったねぇ~
    たまにはこういうのも面白いかもぉ^^

  9. sin says:

    あら、そうなんですか(驚)
    お役に立てて良かったです♪
    あの不時着シーン凄いですよねぇ。
    劇場で観たらかなりの迫力だったかも…。
    アクションだらけの映画が多い中なかなか見応えありましたよね。

コメントの受付は終了しました。