予言

つのだじろうの名作コミック「恐怖新聞」を題材にした“J・ホラー・シアター”第2弾。
出演は三上博史、酒井法子、山本圭、吉行和子、小野真弓など。
監督は「案山子 KAKASHI」「リング0 バースデイ」の鶴田法男。

原作の「恐怖新聞」は小学生の頃に何話か読んだ記憶があるのですが、この作品はあくまで「恐怖新聞」をベースにしただけでそのものの映画化ではありません。
まぁ分かりやすく言えば「ファイナル・デスティネーション」「デッドコースター」の日本版といったところでしょうか。
テンポも良くて、個人的には「感染」よりもこっちの方が好みでした。

それにしても、相変わらず三上博史はこういう役やらせたらハマりますね。
逃れられない死の恐怖に憔悴していく演技は見事でした。

1人だけテンション高すぎて浮いてましたけど(苦笑)

まぁそれも裏を返せば、三上博史のテンションに他の役者が付いて来れてないという事ですからね。
貴重な存在だと思います。
酒井法子の細さ、と言うか“薄さ”は違う意味で怖かったですね…。

ホラーよりもむしろ家族愛をテーマにしたドラマ部分がこの作品の本質だと思うので、ホラーが苦手な人でも結構見れる作品だと思います。


Similar Posts