プリキュアには要注意

今日はチーフ会議の為、朝10時出勤。
結局3~4時間しか眠れませんでした。

会議はいつものように店長から先月の売上状況やら、今後の方針などが説明されて、その後今回の最大の議題である「増加傾向にあるCD・DVDのキズ問題をどう解消していくか」を話し合いました。

長期的な視野で見ればCDやDVDもあくまで消耗品なので、多少のキズが付く事は仕方がないですし、通常使用に伴う細かいキズくらいなら研磨すれば問題ないのですが、厄介なのは「どうやったらこんなキズが付くの?」と小一時間ほど問い詰めたくなるような扱い方をするお客さんが結構いる事。
小さい子供が触ってキズだらけにされたり、ジュースか何かでベタベタになってたりというのもよくあります。
勿論、酷いキズの場合は買取してもらいますが、大体のお客さんは「最初から付いてた」とかゴネるんですよね。
うちの店では返却されて店頭に戻す前に全てキズはチェックしてます。
なので、最初から酷いキズがついてるという事態はまず有り得ないわけです。
それを説明してもそういう事をする人で納得して買取してくれる人はかなり少ないというのが現実。
ビデオからDVDへの移行が大幅に進んできてるというのも一つの原因ではありますが、1枚1万円以上するDVDをキズだらけにされては店側としては堪ったもんじゃありません。
そんなわけで、これからは返却処理をする時点で時間は掛かりますが盤面をチェックしていく事にしました。
お客さんの目の前でチェックするだけで抑止効果も狙えますしね。
「自分のCDやDVDでもそんな扱い方するの?」って聞いてみたいですねほんと。

そんな感じで会議は終了。
その後は本社で印刷してもらったパネル用の用紙をひたすら繋げ合わせる作業。
かなりめんどくさい…。
まぁ業者に依頼すると1枚5000円以上するらしいので、それを考えると仕方ないかなって気もしますが。

深夜勤から聞いたんですが、昨日の深夜来たお客さんが「この店のCDの品揃えは凄い」と興奮気味に言ってたそうです。
さらに「CDの担当者はかなりマニアックやな」みたいな事も(笑)
ほんとにこういうお客さんの声は素直に嬉しいですね。
他にも結構遠くからわざわざCD借りに来てくれるお客さんもいるみたいですし。
これからもますますマニアックな品揃えの店にしていきます。
他の店では出来ない事をしないと意味ないですからね。


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life