マルチュク青春通り

70年代、軍事政権下の韓国を舞台に、ブルース・リーに憧れる主人公が高校生活で繰り広げるケンカの日々と同級生の番長との友情、そして他校の女子生徒との淡い恋をノスタルジックに綴った青春ドラマ。
主演は「ひとまず走れ!」「火山高」のクォン・サンウ。
共演にイ・ジョンジン、ハン・ガイン、イ・ジョンヒョク、パク・ヒョジュン、キム・イングォンなど。
監督は「情愛」のユ・ハ。

クォン・サンウの魅力、と言うか人気の秘密は、二枚目じゃない所ではないかと思います。
あくまで僕の視点からですが、二枚目だと結構役柄が限定されてしまう気がするんですよね。

それに対して、クォン・サンウのような二枚目とまではいかないけれど好感の持てる顔立ちだと、ドラマからコメディ、アクションまで幅広い役柄を演じられます。
勿論そこに演技力が伴っているからこその人気なのでしょうが、作品ごとに様々な表情を見せてくれるクォン・サンウは確かに魅力的な俳優だと思います。

そんなクォン・サンウ主演という事でちょっと注目していた作品だったのですが、思ってた以上に良かったです。
一言で言うと、誰しもが体験する恋愛の痛みやもどかしさを見事に表現した作品、となるでしょうか。
見ている間、クォン・サンウ演じるヒョンスに過去の自分が重なって、何度も胸が締め付けられてしまいました。

ストーリーはハッキリ言ってありきたりだし、特別大きな盛り上がりがあるわけでもない。

どちらかと言うと地味な作品なんですが、それにも関わらずこの作品には多くの恋愛モノにはない“何か”がありました。


これは、舞台となっているのが70年代の軍事政権下だというのが大きなポイントでしょうね。
行動、言論、思想、様々な自由が抑圧されていた時代。

その「言いたくても言えない」「行動したくても出来ない」という部分が、恋愛においての葛藤と相俟って、作品全体の色を決定づけていたように思います。

それによってラストのヒョンスの行動は意味を持ち、尚且つ虚しく、痛々しく映りました。
また、現在と過去を描く事によって、「もう戻れない」という事実をハッキリと示している点も良かったですね。
夢物語のような恋愛ドラマではなく、誰もが共感し得る「あの時ああしていれば…」という後悔の念を見事に描いていました。

過去がどれほど美しく素晴らしい思い出に満ちていたとしても、逆に今すぐにでも戻ってやり直したいものであったとしても、「今」を生きるしかないんですよね。

ノスタルジックな感傷に浸るだけではない、ポジティヴに感情を揺さぶられる作品でした。

ところで、ヒロインのウンジュを演じたハン・ガインはこれが映画デビュー作らしいですが相当かわいいですね。
ひと目でファンになりました(笑)

オフィシャルHPによると、今年の4月に結婚予定とのこと…。
身長も169cmもあるようには見えなかったなぁ。
韓国の女優さんはみんな背が高いですね。


Similar Posts

コメント

  1. 火山高

    クォン・サンウ情報
    マルチュク青春通り
    DVD-BOX

    いい韓流作品です。

    クォン・サンウ自身が最も愛着のある作品で韓国で「ブラザーフッド」に次ぐ年間興行収入の第2位を獲得した本作は12月7日に発売されます。

    マルチュク青春通り
    クォン・サンウ…

    ●『火山高』2002年12月14日公開。『僕の彼女を紹介します』のチャン・ヒョク主演。最近知ったけどクォン・サンウが出てるとは思わなかった。日本吹替え公開バージョンは文字がドドンとでるのが印象的だった。面白い要素が一杯あるのになんだか盛り上がら…

コメントの受付は終了しました。