クランク家のちょっと素敵なクリスマス

バカンスの為にクリスマスをボイコットする事に決めた夫婦が近隣の住民たちと巻き起こす騒動を描いたコメディ。
出演は「サンタクローズ」「ギャラクシー・クエスト」のティム・アレン、「トゥルー・ライズ」「フォーチュン・クッキー」のジェイミー・リー・カーティス、「ブルース・ブラザーズ」「ゴースト・バスターズ」のダン・エイクロイド、「ドッジボール」「理想の恋人.com」のジュリー・ゴンザロなど。
監督は「キャデラック/俺たちの1,000マイル」「アメリカン・スウィートハート」のジョー・ロス。
原作は「ペリカン文書」「依頼人」のジョン・グリシャム。
製作・脚本は「ホーム・アローン」「ハリー・ポッターと賢者の石」のクリス・コロンバス。

アメリカ人、というかキリスト教系の人たちはほんとにクリスマスが大好きみたいですね。
この作品を見てそれを実感しました。
「クリスマスをボイコット」するという事が映画のネタになってしまうくらいですから、やはりかなり重要なイベントなのでしょう。
僕はどちらかというとそういったイベントごとがあまり好きじゃないので、この作品の主人公にもご近所さんにも共感するものはなかったのですが、単純に「アメリカの一般家庭にとってのクリスマス」がどういった位置付けなのか、という文化的な側面を垣間見れたのでそれなりに楽しむ事が出来ました。
話自体は割とベタなドタバタコメディなんですけどね。
そこは流石クリス・コロンバスが絡んでるだけあって手堅い仕上がりになっていました。

ジェイミー・リー・カーティスは相変わらず見事なコメディエンヌぶり。

あたふたしてるあの表情がどうにも可笑しくて仕方ありません。
捨て身の水着姿は結構厳しかったですけど(苦笑)

それにしても原作がジョン・グリシャムっていうのは驚きですね。

ジョン・グリシャム=サスペンスというイメージしかないので、こんなのほほんとしたホーム・コメディを書くなんて…。
路線変更したんでしょうか?


Similar Posts

コメント

  1. クランク家のちょっと素敵なクリスマス

    なんかサエない邦題だねぇ。
    あんまり期待しないで観たら、
    だけどこれがまた、
    意外におもしろかった!のよっ!!

    季節は楽しいクリスマス。
    今年は娘が平和部隊に参加するため不在。
    ならば、たまには夫婦水入らずで、
    クリスマス・シーズンのこの時期に
    カリ…

コメントの受付は終了しました。