蝋人形の館

ロバート・ゼメキスとジョエル・シルバー率いるダーク・キャッスル・エンタテインメントの第5作目は、1930年代と50年代にそれぞれ映画化されている「肉の蝋人形」のリメイク。
主演は「24 TWENTY FOUR」「ガール・ネクスト・ドア」のエリシャ・カスバート。
共演に「フォーチュン・クッキー」「シンデレラ・ストーリー」のチャド・マイケル・マーレー、ヒルトン一族の令嬢として有名なパリス・ヒルトン、「ウィンドトーカーズ」「閉ざされた森」のブライアン・バン・ホルト、「12人のパパ」「フライト・オブ・フェニックス」のジャレッド・パダレッキなど。
監督は、これが長編初監督なるスペイン人監督ジャウム・コレット=セラ。

「TATARI」「13ゴースト」「ゴースト・シップ」「ゴシカ」とこれまで作られてきたダーク・キャッスル作品はどれもヴィジュアル・センスが非常に良くて大好きです。
特に「13ゴースト」はかなりお気に入り。

そんなわけでこの「蝋人形の館」も、ダーク・キャッスルのファンとしては観に行かないわけにはいきません。
流石に“See Paris Die”のTシャツは着ませんでしたけど(笑)

感想はと言うと、かなり面白かったです。
久々に王道青春スプラッターを見たなと。
明らかに「悪魔のいけにえ」を踏襲した、かなりベタなお約束通りの内容ではあるんですが、そこは流石ダーク・キャッスル。

ツッコミ所はあるにせよ、二組の双子の対比をはじめ基本的な作りはしっかりしていて、勿論映像にチープさは皆無。
何しろ舞台であるアンブローズの街を街ごと作ってしまう程ですからね。
特に、ある意味この作品の主役とも言える蝋人形館の造形は素晴らしく、館内に展示されている蝋人形一体一体の不気味なほどの完成度の高さが、この作品の雰囲気をよりおどろおどろしいものにしていました。

そして、クライマックスでの壮大なヴィジュアルは「ホラーでここまでやるか!」というほどのクオリティの高さ。

これだけでも個人的には結構満足なんですが、この作品のポイントは過去に数多く作られたティーン・ホラーの単なる焼き直しになっていない事でしょう。



ネタバレになってしまうのであまり詳しくは書きませんが、ホラー好きな人ほど体に染み付いているあるお約束を見事に裏切ってくれます。
これは結構な驚きでした。

しかも、相当痛さそうでしたし…。
それだけに限らずこの作品、メジャー作品の割に「痛い」シーンが多かったですね。
痛いのやグロいのがダメな人はまず無理でしょうけど、中途半端に「キャーキャー」と叫ぶだけのホラーよりも、断然リアルな恐怖とスリルが感じられて良かったです。

主演のエリシャ・カスバートはあまりホラーというイメージはなかったのですが、なかなか健気な感じで頑張ってました。
最後の方は「そこまでしなくても…」と思うくらいキレてましたけど。

ピンチになる度に、ついついジャックが助けに来そうな気がしてしまいました(苦笑)
やっぱりあれだけの人気ドラマに出てしまうとなかなかイメージが抜けないですね。

パリス・ヒルトンの演技は思ってた程酷くなかったです。

まぁ終始ビッチな感じで、イチャついてるか叫んでるかでしたけど。
予想以上に壮絶な最期を遂げて、個人的には大満足(笑)

ホラー・ファンは是非観に行きましょう。

<気になった所>

・あのパクったビデオは帰っても見ない方が良いんじゃ…。
知らなくて良い思い出が出来る事になりますよね(苦笑)

・「Pet Cemetery」を「ペットのお墓」と訳すのはどうなんでしょう。

・ポケット探ったのに指は取り返さなかったのかな。

・何故日本版主題歌に聖飢魔IIの「蝋人形の館」を使わなかったのか。
再結成してタイミングもバッチリだったのに。


Similar Posts

コメント

  1. 蝋人形の館

    2005年製作のアメリカ・オーストラリア映画
    全米初登場2位、興行成績$32,064,800。
    「24?TWENTY FOUR?」シリーズのエリシャ・カスバート主演、ジョエル・シルバーが製作総指揮を務める本格派ホラームービー。大学フットボールの試合観戦のため、田舎町のスタジアムへ向…

    ホラー映画洋画

    オマエも蝋人形にしてやろうかぁ
    ホラー映画初心者のすけきよです。ある程度年齢がいった人ならこう言いたくなるこの映画(笑)、雑板屋のゆきちさんも大好物の「蝋人形の館」見ました。

    あらす

    第252回

    ★★★(劇場)

    (核心に触れる文面を含む「ホラー」視点の文章になっているので、ご注意あそばせ)

    「人形」とは字の如く、「人を模った形をしたもの」だ。

     その「人形」は映画のアイテムとして度々登場するも、どこか「不気味なもの」として扱…

    2005年10月に劇場公開されたホラー映画「蝋人形の館」(原題=House of Wax、05年、米、ジャウム・コレット・セラ監督、ワーナー映画配給)。この映画は、二度目のリメイク作品だが、まるで「ポルター・ガイスト」(82年)や「スペース・バンパイア」(85年)などで…

    蝋人形の館 特別版
    【6人の男女が大学フットボールの試合観戦のためスタジアムへと向かっていた。 しかし、道中のキャンプ場で一夜を過ごした翌朝、何者かの手によって車が故障、途方に暮れた彼らは近くの町アンブローズへと向かう。静か過ぎる町は、閑散として人影もな…

    監督 ジャウム・コレット=セラ 主演 エリシャ・カスバート 2005年 アメリカ映画 113分 ホラー 採点★★ “Curiosity killed the cat” 余計な事に首を突っ込まなくていいのに、突っ込んでいって死んでいくのがホラーの王道。怪しげな器具が並んでようと、奥から悲鳴が聞…

    蝋人形の館 HOUSE OF WAX
    いやぁ、、、結構よかったです。
    1953年の名作ホラー『肉の蝋人形 』を、本作が長編映画デビューとなるジャウム・コレット=セラ監督がリメイクしたサスペンスホラー。 yahoo
    大昔に、こういう映画、あったのね。しかし、蝋人形といえば、、…

    A+  面白い
    A     ↑
    A-
    B+
    B    普通
    B-
    C+
    C     ↓
    C-  つまらない

    『評価』 
    B+ (演技3/演出4/脚本3/撮影3/音響4/音楽2/配役3/魅力4/テンポ3/合計29)

    『?

    33年と53年に映画化された猟奇ホラーをフレッシュなハリウッド・スターを揃えて再リメイク。地図にさえ載っていない小さな町に迷い込んだ学生グループが、不気味な蝋人形館で逃げ場のない恐怖に襲われてゆく。出演は「24」でブレイクしたエリシャ・カスバート、「フォーチ…

    フットボールの試合を観戦しに行こうと2台の車でスタジアムへと向かっていたカーリーを含めた6人は途中でキャンプをすることにした。林のほうからの異臭と不審車が通りかかったことを除けばその夜は楽しく過ごせた6人であったが、翌日なぜか1台の車が動かなくなってしまっ…

    「蝋人形の館」
    久々に怖いのを観ました。ゾンビ映画オールナイト@京都みなみ会館ではゾンビつながりの映画を観てきましたが、その中の「キャビン・フィーバー」に多少似ています。とはいっても部分的に、ですけど。お約束の仕掛けがあちらこちらに……ああこわい。

    「蝋人形の館」
    久々に怖いのを観ました。ゾンビ映画オールナイト@京都みなみ会館ではゾンビつながりの映画を観てきましたが、その中の「キャビン・フィーバー」に多少似ています。とはいっても部分的に、ですけど。お約束の仕掛けがあちらこちらに……ああこわい。

    「蝋人形の館」
    久々に怖いのを観ました。ゾンビ映画オールナイト@京都みなみ会館ではゾンビつながりの映画を観てきましたが、その中の「キャビン・フィーバー」に多少似ています。とはいっても部分的に、ですけど。お約束の仕掛けがあちらこちらに……ああこわい。

    試写会「蝋人形の館」開映18:30@ヤクルトホール

    「蝋人形の館」 HOUSE OF WAX  2005年 アメリカ・オーストラリア
    配給:ワーナー・ブラザース
    監督:ジャウマ・セラ
    製作:L・レヴィン、スーザン・レヴィン、ジョエル・シルヴァー、
       ロバート・ゼメ…

    お待たせしました!

    ホラー専門プロダクションのダークキャッスル作品第5弾
    『蝋人形の館』が先月末より劇場公開されている。
    ダークキャッスルの前作『ゴシカ』は豪華キャストだったが、
    今回は若手成長株中心のフレッシュな配役。

    これまでのダークキャッスル…

    「蝋人形の館」(ワーナー)は、地図に存在しない山奥の小さな町にたどりついた若者たちの、壮絶な恐怖体験を描いたホラー映画!

    これは大好物です!
    盛り上がるまで多少時間を要しますが、後半から一気にグロ度数がUPします。感心したのは、暗闇でのカメラワークと映像の見せ方。じわじわと追い詰める感覚も巧妙だと思います。

    少し残念なのは今風な現代ホラーなノリで、映像にあまり適切でない騒…

    公開当日に劇場で観ました。33年と53年に映画化された猟奇ホラーの再リメイク。ダーク・キャッスル・エンターテイメント製作の第5弾です。とにかく主役のエリシャ・カスバートがめっちゃかわいかった。この映画で一気にファンになりました。エリシャ・カスバートと言えば…

    題名とパリス・ヒルトンが出ているってだけで、B級ホラーの匂いがプンプンしていたのですが、なかなか面白かったです♪

    80年代のホラー界の帝王、ジェイソンやフレディ、ブギーマンなんかを思い出させる感じがとても気に入りました!殺人鬼って大体必ず悲しい幼少期…

    ★本日の金言豆★
    蝋人形は、医学的な研究に使用する死体の保存のため、蝋解剖模型が作られたことから誕生。

    KAZZのこの映画の評価 

    下らないけど、面白い
    アメリカの王道ホラーと言った感じの映画です
    B級映画好きには、たまらない映画だと思うよ
    特殊メイクの技術が凄い

    この映画でパリス・ヒルトン(大金持ちのヒルトン姉妹の片割れ)と、
    24のキム(ジャッ…

    ●大掛かりなセットと手間をかけて作られたアメリカの典型的恐怖劇●「ステルス」の精神的・心理的背景を描いている? ジャパニーズホラー「THE JUON/呪怨(THE GRUDGE)」との類似点やヒットの秘密も明らかに!

    「蝋人形の館」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 感想・批評・

    アメリカ 113分
    監督:ジャウム・コレット=セラ
    出演:エリシャ・カスバート
        チャド・マイケル・マーレイ
        ブライアン・ヴァン・ホルト
        パリス・ヒルトン

    カーリーと親友のペイジら6人の若者たちは長距離ドライブの途中キャンプ場で

    カーリーと親友のペイジら6人の若者たちは、大学フットボールの試合を観戦するため長距離ドライブでスタジアムへと向かう。途中、キャンプ場で一泊した彼らは、翌朝何者かの悪質な悪戯で車が故障してしまったことを知る。仕方なく、この近くにあるという片田舎の町へ向か…

    邦題:蝋人形の館 原題:House Of Wax 監督:ジャウム・コレット=セラ

    —-これって、ロバート・ゼメキスとジョエル・シルバーが作った
    ダーク・キャッスル・エンターテイメントの作品だよね。
    「うん。ホラーばかり。もうこれで5作目にはなるかな。
    リメイクものも含まれていたりするけど、なかでも今回は評判が高い」
    —-出演者も魅力的だ…

    パリスが見たい!!という理由で試写に行ってきた?。 (笑
    ワタシ、ほんとにパリスけっこう好きなのダ★ヒルトンホテルの令嬢、パリスの本格的女優デビュー第一弾。

    1933年代と53年代の「肉の蝋人形」を、
    ロバートゼメキス創立で送り出すリメイクB級ホラー専門の製作…

    「蝋人形の館」

    評価 ★★★★☆

    『あらすじ』

     カーリー(エリシャ・カスバート)は、アメフトの試合を観戦するために友人たちと一緒に車で会場
    まで行くことにする。親友のペイジ(パリス・ヒルトン)や、彼氏のウェイド、ペイジのボーイフレンドの

     何がパリスに起こったか?

     寂れた小さな町アンブローズ。車のファンベルトを買いに来ただけなのに、逃れようのない恐怖に襲われる若者たち。これぞアメリカンホラーの伝統を継承するキワモノ映画なのだ。怖い、痛い、グロいの連続技によって心拍数がかなり上昇します…

  2.  TBありがとうございますm(_ _)m

     最近、往年のホラー映画がリメイクされてますが
    なかなか納得いく作品に出会えない中で、これだけ
    満足出来るモノが観賞出来て嬉しかったです♪

     エリシャ・カスバートもかなり奮闘してましたね。確
    かに、ジャックが助けに来そう感じもしましたがw

     クライマックスはホント圧巻でしたよね。見事に設定
    を活かした演出がたまらなかったです。たましょくもあ
    のビデオは見ない方が良いなぁ~とw

  3. sin says:

    こちらこそありがとうございました!

    そうですねぇ、個人的に良かったのは「ドーン・オブ・ザ・デッド」くらいで、「テキサス・チェーンソー」はダメでした…。

    やっぱりあのビデオは見ない方が良いですよね?
    あれってブラックユーモアなんでしょうか(笑)

  4. リリー says:

    やっほぉ~☆
    こりゃ~面白かったぁ~!
    かなり蝋人形が不気味だったけど良く出来てるねぇ~
    しかもかなり痛いシーンが多くてテンション{アップ}まくってた^^
    蝋人形館が溶けるとこもなかなか迫力あったしさぁ~^^
    続編ないのかなぁ~!?

    聖飢魔II・・・私期待してたんだけど・・・残念でしたぁw

  5. sin says:

    どうも~♪
    これほんと面白いですよねぇ。
    痛いシーン多いし(苦笑)
    ラストとかあそこまで映像に迫力あるホラーも珍しいですよね。
    続編確かに作れそう♪

    聖飢魔IIはほんと残念…。

  6. 悪魔のいけにえファン says:

    マイケル・ベイの映画製作会社プラチナム・デューンが、『悪魔のいけにえ』をリメイクして大ヒットした『テキサス・チェーンソー』。その前日譚にあたる続編をシェルドン・ターナーの脚本のもと製作することが決まった。物語の詳細は明らかにされていないが、軍人の兄弟が殺人鬼レザーフェイスに出会うストーリー展開だそうで、『テキサス・チェーンソー』と同様に想像を絶する恐怖が描かれる予定だ。

  7. sin says:

    悪魔のいけにえファンさん

    みたいですねぇ。
    「テキサス・チェーンソー」があれだったので期待してませんが、きっと観に行ってしまうんでしょうね(笑)

  8. こんばんは、はじめまして。返信トラバありがとうございました。
    この映画は、やはりロバート・ゼメキスのグループの作品というか、かなりセンスのあるホラー映画という感じがしました。また、「悪魔のいけにえ」を意識しているような印象を受けました。
    それでは、今後ともよろしくお願いします。

  9. sin says:

    はじめまして、一瞬ご本人かと思いました(笑)
    ダーク・キャッスルの作品はどれも映像に拘りというか、美的センスが感じられて良いですよね。
    「悪魔のいけにえ」はあれ以降の全てのホラーに影響を与えていると思います。
    こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

  10. ぁき says:

    はじめまして★蝋人形こわかったしかっこよかったしでやばかった★続編でてほしいですねぇぇぇ★ ところで、ブレイクと彼女がいちゃついてるときに流れてるBGMって誰の曲ですかねぇ。。。めっちゃほしいのでだれか知ってる人教えてくらサイ!!!!!!!o(`・ω・´)○ よろしくお願いしまっ★

  11. sin says:

    いらっしゃいませ♪
    ハリウッドのメジャー作品にしてはかなり出来の良い作品でしたよね。
    劇中の曲についてですが、何分観たのがかなり前なので全く覚えてません(苦笑)
    レンタル店なんかでサントラをチェックしてみては如何ですか?

コメントの受付は終了しました。