ムースポート

絶大な人気を誇った元大統領が田舎町に引っ越してきた事から巻き起こる騒動を描いたコメディ。
主演は「エネミー・ライン」「ニューオーリンズ・トライアル」のジーン・ハックマンと「Hey!レイモンド」「アイス・エイジ」のレイ・ロマノ。
共演に「ミスティック・リバー」「モナリザ・スマイル」のマーシャ・ゲイ・ハーデン、「ER 緊急救命室 」「インソムニア」のモーラ・ティアニー、「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」「ルールズ・オブ・アトラクション」のフレッド・サヴェージなど。
監督は「10日間で男を上手にフル方法」「デンジャルス・ビューティ」のドナルド・ペトリ。

ちょっと息抜きのつもりで見たんですが、そこそこ面白かったです。

アメリカのコメディにありがちな作品と言えばそうなんですが、手堅い作りで先が読めるにも係わらず不思議と飽きは来なかったですね。
一応「選挙」というコメディではあまり馴染みのない題材を選んでいるので、確かに新鮮さもありました。
でも、結局表面的なものが違うだけであって、やってる事に目新しさはないんですよね。
まぁそれでもポイントをしっかり押さえた王道といえる作りなので結構笑えます。

この作品でジーン・ハックマンが元大統領を演じてるのですが、アメリカではやはり「大統領」という役職は特別なもので、それが現職を退いていたとしても大きな影響力を持っているという事が良く分かります。
それは現職を退いても「Mr.President」と呼ばれる事に象徴されています。
そういった部分をデフォルメはあるにせよ、コミカルに描いていたのが面白かったですね。
講演会や自伝のギャラが幾らだとか、今後の身の振り方だとか、勿論これはフィクションですが、実際もきっとこんな感じなんでしょう。
そうじゃなかったらこうして映画のネタになったりしないでしょうからね。

軽いタッチの娯楽作なので、ちょっとした時間潰しなんかにはいいかも知れません。


Similar Posts

コメント

  1. ムースポート(特別編)

    モンロー・コール(ジーン・ハックマン)は、
    大統領任期を終え、悠々自適な引退生活を満喫するため、
    生まれ故郷であるメーン州の小さな町、
    “ムースポート”に里帰りをすることにした。
    帰ってくるなり、ムースポートの“町長”になるよう
    要請を受けたモンローは…

コメントの受付は終了しました。