チャイルド・プレイ/チャッキーの種

凶悪犯の魂が乗り移った人形チャッキーが映画の都ハリウッドで甦るシリーズ第5作。
出演は「告発」「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」のブラッド・ドゥーリフ、「バウンド」「ライアーライアー」のジェニファー・ティリー、「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」「マスター・アンド・コマンダー」のビリー・ボイド、「ビー・バッド・ボーイズ」のレッドマンなど。
監督はこれまでシリーズの全脚本を手掛け、本作が劇場映画初監督となったドン・マンシーニ。

「13日の金曜日」や「エルム街の悪夢」と並んで知名度の高いこの「チャイルド・プレイ」シリーズ。
ただ、個人的には特別好きなシリーズではありません。
「13日の金曜日」シリーズのジェイソンにはその謎めいた雰囲気とどれだけダメージを与えても死なない強さが、「エルム街の悪夢」シリーズのフレディには夢の中に現れるという幻想的な部分とコミカルでありながら残忍である性格が、そして両者ともにその類稀なるルックス(笑)が大きな魅力として存在しています。

それに比べると、僕にはチャッキーがあまり魅力的に感じられないんです。
コミカルさが先行してしまってる為か、あまり強そうに見えない為か、これまでの作品もどうも緊張感に欠けていました。

この作品でもそれは同様で、怖さを感じるシーンは皆無。
多少残酷描写は増えていた気がしますが、ホラー・ファンなら普通に見られるレベル。

かと言って、エンタテインメントに徹してるかと言えばそうでもなく、どうにも中途半端な印象が拭えません。

せめてシットフェイスが何故誕生したのかだけでも描いてくれていれば、多少は違った感想になったのかも知れませんが。

ただ、ひとつ良かった点を挙げるとすれば、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでピピンを演じていたビリー・ボイドがシットフェイスの声を演じている事。

これはなかなか良かったです。
性格的にもちょっとピピンに近いし(笑)

そんなわけで、ちょっとホラーな気分を味わいたい人や熱心な「ロード・オブ・ザ・リング」ファンにはオススメかも知れません。


Similar Posts

コメント

  1. DVD「チャイルド・プレイ/チャッキーの種」

    「チャッキーの種」を観ました。そう。あのチャッキーです。わかります?ウィッキーじゃないので、あしからず。それじゃ英会話のおっさんになってしまいますよ。(* ̄m ̄)プッ「チャッキー」といえばホラー映画「チャイルドプレイ」のチャッキーですよ。人形なのに喋るど…

    DVDで観ました。「チャイルド・プレイ」シリーズ第5作。いつまで続くのか?今回、チャッキー2世が登場するので、チャッキーとティファニーの子供がどうやって生まれるのかと思っていましたが、最初から登場していて、なぜ生まれたのかの説明もなく分かったのはただ日本製…

    ついに出た!チャッキーシリーズ第5弾!
    前作「チャッキーの花嫁」のラストで子供が産まれたシーンがあったので、出来るべきしてできたという作品!

    想像では、親子3人で殺戮を繰り返すというものだったのですがチャッキーの子供はあれ?意外といい子っち。チャッキー…

コメントの受付は終了しました。