ティム・バートンのコープス・ブライド

死者の花嫁と、彼女に誤って結婚を誓ってしまった気弱な青年との交流を描いた、ロシアの民話を題材にしたダーク・ファンタジー・ラブストーリー。
ビクターの声を「ネバーランド」「チャーリーとチョコレート工場」のジョニー・デップが、コープス・ブライドの声を「ビッグ・フィッシュ」「チャーリーとチョコレート工場」のヘレナ・ボナム=カーターが演じている。

その他の声の出演は「ライフ・イズ・コメディ!ピーター・セラーズの愛し方」「レッド・ドラゴン」のエミリー・ワトソン、「チャーリーとチョコレート工場」「スター・ウォーズ:エピソード3/シスの復讐」のクリストファー・リーなど。
監督は「ビッグ・フィッシュ」「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン。

「チャーリーとチョコレート工場」とセットの前売り券を買ってたくせに、なかなか時間を作れず観に行けてませんでしたが、やっと観てきました。
人形を使ったストップモーション・アニメというと、やはり思い出すのは傑作「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」。

あれはティム・バートンは原案と製作でしたが、今回は監督。

しかも一足早く公開された「チャーリーとチョコレート工場」が傑作と言える出来栄えだったので期待するなというのが無理ってもんでしょう。
実際、その期待に十分に応える素晴らしい出来でした。

これだけの作品2つを並行して作るとは…。

まず目を惹かれるのは何と言ってもヴィジュアル面。

まるでフルCGかと思うほど、とても人形を使ったストップモーション・アニメとは思えない滑らかで細かな動きに驚きました。

1コマで0.5mmずつ動かして撮影するらしいですが、ほんとに気の遠くなるような地道な作業ですね。

ちょっと想像出来ません…。

ここまでクオリティの高い映像を、敢えて地道な作業で作り上げたスタッフに拍手を送りたいです。
台詞や音楽も勿論非常に重要なファクターではありますが、映像そのものが持つ力がどれ程大きなものかを再確認させられました。



あまりの映像の素晴らしさに感激しっ放しだったのですが、ストーリーもなかなか良かったです。
元々が民話なだけあって比較的単純なストーリーではあるのですが、そこは流石ティム・バートン。
随所に持ち前の毒とユーモアをさり気無く織り込み、決して映像だけではない普遍的な物語に仕上げていました。

ティム・バートン自身が父親になった事で、より父子の関係や家族、そして結婚、子供といったテーマが最近の作品には顕著に表れてきていますが、この作品でもそれは感じ取れましたね。
確かに昔に比べると刺激は減ったと思いますが、それでも唯一無二の世界観を創造するセンスには全く翳りは感じられません。

まさにアーティストですね。

この作品で特に気に入ったのは生者の世界と死者の世界との対比です。
普通、死者の世界というものは暗鬱に描かれるものですが、この作品でダークに描かれるのは生者の世界。
逆に死者の世界は陽気で色彩もカラフル。
戦争や痛ましい事件などが連日報道される現代を、皮肉たっぷりに生者の世界へ投影させたのは間違いないでしょう。

自らの感情や存在を抑えて生きる事がどれほど虚しいものか。
死後の世界で本当の自分を取り戻すのではなく、生きている今こそ本当の自分であるべきです。

いつ骨になるか分からないんですから。


Similar Posts

コメント

  1. コープスブライド

     
     
    評価:★6点(満点10点)
    監督:ティム・バートン マイク・ジョンソン
    主演:ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター エミリー・ワトソン
    2005年 77min

     
     
     
     
     
    19世紀のヨーロッパにある小…

    ヘンリー・セリック監督とのコンビで人形を使ったストップモーション・アニメ「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「ジャイアント・ピーチ」を手掛けたティム・バートン監督が、ロシアの民話を題材に描くダーク・ファンタジー・ラブストーリー。ジョニー・デップ、ヘレ…

    映画「ティム・バートンのコープスブライド」(日本語吹替版)開映14:35@錦糸町シネマ8楽天地

    「ティム・バートンのコープスブライド」 TIM BURTON’S CORPSE BRIDE 
    2005年 イギリス
    配給:ワーナーブラザース
    監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン…

    グレー調で描かれる現世とカラフルな色彩で描かれるあの世。
    ロシア民謡を元に作られているだけあって、ビクトリア調の舞台でとてもロマンティック・・・・とは少々かけ離れたお化けたちの世界。

    ストーリー>>>
    19世紀のヨーロッパ。うらぶれた小さな町に、対照的な二…

    この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?

         ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→
                           0点□□□□□□□□□□10点
         ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推…

    ティム・バートンの前作ストップモーション・アニメ『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』を12年前に見ていないので今回が初になります。予習として見てから行った方がよかった?!見比べた方の記事で1作目は「独特のカクカクした動き」から2作目は「CGアニメかと思う…

    『コープス・ブライド』(2005・イギリス)劇場予告を観た時から、絶対私の好きな世界!と思っていたけど、いや~、やっぱりよかった♪こういう世界、だいすき~~☆とってもとってもティム・バートンらしい世界~~~♪ユーモアもあるし、ちょっとB級っぽさがあるのがまた…

    第251回

    ★★★☆(劇場)

     日本の昔話は時代とともにその内容が変化している。

     鬼を退治した「桃太郎」は鬼を懲らしめるに留まり、「かちかち山」で溺死するタヌキはウサギに助けられて謝るというように、内容は徐々にソフトになっている。

     話題とな…

    「チャーリーとチョコレート工場」に続くティム・バートンXジョニー・デップ。
    しかも、「ナイトメア・ビィフォア・クリスマス」調のストップモーション・アニメ。
    2005年製作のファンタジック・ラブ・コメディ・アニメ、77分もの。

    あらすじ
    成り上がりの金持ち…

    【映画的カリスマ指数】★★★★★

      骨まで愛して。

    CAST:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター 他
    ■イギリス産 77分

    またまたティム・バートンとジョニー・デップの最強タック映画です。
    今回はアニメです。CGじゃないです。ストップモーションアニメです。1?2秒動かすのに12時間かかるらしい!?
    き・・・気…

    ティムバートン監督作品は大好き!だけど、
    「ナイトメアビフォアクリスマス」、それほど好きじゃないんだよね。。。
    このコープスブライド、トロントに住むyueのまわりでの評判ではいまひとつで「映像いいけど、内容が…」
    と言っていたのでさほど期待もしていなかった…

    10月25日(火)TOHOシネマズ木曽川にて

    19世紀ヨーロッパのとある村。お金はあるが家柄が悪く、上流社会に憧れるヴァン・ドール家の息子、ヴィクター(声・ジョニー・デップ)と、上流階級の出で家柄は立派なものの、お金はとうに底を突いていた落ちぶれた貴族のエヴァ…

    ちょっと眠いけれど,涙を誘う場面もあるファンタジックラブストーリー。

    イギリス 77分
    監督:ティム・バートン
    出演:ジョニー・デップ
        ヘレナ・ボナム=カーター
        エミリー・ワトソン
       (声の出演)

    19世紀ヨーロッパのとある小さな村。ビクトリアとの結婚を間近に控えた青年
    ビクターは結婚式の前日、一人…

    数日前に「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(以下”ナイトメア”)
    の感想を書いて、公開を楽しみにしてましたが、
    期待通りの素晴らしい出来栄えで大満足でした。

    ビクター(声:ジョニー・デップ)はお金はあるけど
    品格が伴わない家の息子で、お金は無…

     ウンパ・ルンパも参加!?

     死者の世界からは、人間の世界を「ランド・オブ・ザ・リビング」と呼ぶ。ティム・バートンもジョージ・A・ロメロが好きなんだろうな?と想像できる設定ですね(ジョニー・デップもロメロ好き)。そして、スクラップスという犬を登場させると…

    評価:80点{/fuki_love/}

    ティム・バートンのコープス・ブライド

    以前からかなり期待していたのですが、期待通りの出来と言ってもいいでしょう。

    ストーリーはベタベタで王道を行っていますから、どれだけキャラクターを魅力的に描くか、また、いかに映像を細かく作…

    先月の「チャーリーとチョコレート工場」に続く、バートン作品の登場だ。こんなに仕事する時間、どこにあったんだ?奇才の新作が次々と観られるのは、ものすごく幸せなのかもしれない。公開初日、レイトで観てきた。

  2. とんとん says:

    TB、ありがとうございます♪
    (遅くなりました;)
    死後の世界がカラフルで、生の世界がその逆・・・
    っていう描き方がまず素晴らしかったですよね☆

    私もDVDが出たら欲しいです♪
    (ジョニデの声で観たいですし;)

  3. sin says:

    いえいえ、こちらこそありがとうございます♪
    いつもティム・バートンは世界観を作るのが上手いですよねぇ。
    ほんとに素晴らしい映像作家だと思います。

    吹替はあんまりでしたか?
    ジョニー・デップは声優でも良い演技してましたよ♪

  4. chishi says:

    チャーリー~も、この作品も、
    完成度がとても高いと思うのですけど
    同時進行でそれを成し得ちゃうっていうのが、ホンマすごいですよね…ビックリです。

    折角TBいただいてたのに、伺うのが遅くなって申し訳ありませんです。またよろしくお願いします。

  5. sin says:

    ほんと凄いですよねぇ。
    どっちも作るのかなり大変だったと思うんですけど。
    ティム・バートンのイマジネーションは無限に広がり続けてるんでしょうね♪

    こちらこそいつもありがとうございます!

  6. リリー says:

    やっほぉ~☆
    コレまじでよかったぁ~!!!
    生と死の対照的な世界にはホント驚き
    しかもコレってCGって思っちゃうほどなめらかな動き
    またまたやっちゃったねぇ~バートン^^
    10年という製作年月・・・お疲れ様って感じだね

    コレ買おうと思ってたらサンプルが来たんだぁ~早速GET!

  7. sin says:

    どうも~♪
    良かったですよねぇ。
    バートンにしか作れない世界!
    ほんとあの滑らかな動きは吃驚しましたよね。

    うちの店もサンプル来たけど、これは持っておきたかったから買っちゃいました♪

コメントの受付は終了しました。