Be Cool

ギャングから映画プロデューサーに転身した主人公が、今度は音楽業界を舞台に大騒動を繰り広げる「ゲット・ショーティ」の続編。
主演は前作同様ジョン・トラボルタ。
共演に「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のユマ・サーマン、「ドッジボール」「Mr.&Mrs.スミス」のヴィンス・ヴォーン、「ビッグ・マネー」「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」のダニー・デヴィート、「スモーク」「ナショナル・トレジャー」のハーヴェイ・カイテル、「ワイルド・タウン/英雄伝説」「スコーピオン・キング」のザ・ロック、 「バーバーショップ」「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」のセドリック・ジ・エンターテイナーなど。
音楽界からはクリスティーナ・ミリアン、エアロスミスのスティーヴン・タイラーとジョー・ペリー、KISSのジーン・シモンズ、ブラック・アイド・ピーズらも出演。
監督は「交渉人」「ミニミニ大作戦」のF・ゲイリー・グレイ。

前作「ゲット・ショーティ」もなかなか楽しめましたが、個人的にはこの「ビー・クール」の方が面白かったです。
まぁ舞台が映画業界から音楽業界へと変わった事でよりツボにハマるネタが多かったという事なんですが、前作に比べるとコメディ度はアップしてました。

と言うか、より分かりやすい単純な笑いが増えたって感じかも。
その分会話の妙といった部分が減っていたのはちょっと残念でした。

しかし、今回もストーリーはシンプル(前作よりは凝ってる)で、音楽業界や映画業界の内幕への皮肉たっぷりのネタが満載。
如何にしてアーティストや曲といった「商品」を作るのか。
その過程が垣間見れるだけでも、音楽ファンは楽しめると思います。



ギャングスタ・ラップ連中の危ない行動も実際にそういう事実があるだけにリアリティがあって、「アーティスト面してるけど、やっぱり所詮ギャングなのね」と妙に納得したり。
いきなり「続編ばかりの映画業界に嫌気がさした」なんて台詞が飛び出してきたりと今回は自虐ネタも結構ありましたね。

何と言っても一番の見所はエアロスミスのスティーヴン・タイラーが本人役で出演してる上に、やはりと言うか、当たり前と言えば当たり前なんですが、ジョン・トラボルタやユマ・サーマン以上の存在感をその素の演技から醸し出してる事。
特にクライマックスのライヴ・シーンは圧巻で、クリスティーナ・ミリアンと共に熱唱する”Cryin'”はエアロ・ファンならずとも釘付けになる事間違いなしのカッコ良さです。
クリスティーナ・ミリアンって曲が良いと思えないので大して印象に残ってなかったんですが、これを見てその歌唱力が凄い事は良く分かりました。

今回は前作以上にキャストも豪華になっていて、そういった面でも楽しめました。
ユマ・サーマンはジョン・トラボルタと「パルプ・フィクション」のセルフ・パロディのダンスを見せてくれるし、ヴィンス・ヴォーンは相変わらず胡散臭いチンピラ役が似合ってるし、前作のラストで本人役で出演してたハーヴェイ・カイテルは今回悪徳プロデューサーとして出演してるしと、ニコール・キッドマンとトム・ハンクスは特別出演?(笑)
その中でもザ・ロックにコメディアンの才能があるのには驚かされました。
あのキャラはインパクトありすぎです。

まぁキャスト自身をそのままネタにしてるってのはそれが分かる人にとっては面白い反面、分からない人は全然笑えない危険性もあるわけで、そこらへんでこの作品を楽しめるかどうかが決まってくるでしょうね。

とりあえず音楽好き、エアロ好きは見て損は無い作品だと思います。


Similar Posts

コメント

  1. ★「Be Cool/ビー・クール」

    story
    ジョン・トラボルタ演じるチリ・パーマーが『Be Cool』で再びスクリーンに還って来る!
     『ゲット・ショーティ』(1995)で活躍した、ギャングから映画プロデューサーに転身した、あの男だ。だが今回のチ?

    ビー・クール出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント発売日: 2006/02/01メディア: DVD

    Amazon.co.jpレビュー
    痛快作『ゲット・ショーティ』では、映画プロデューサーに転身したギャングのチリ・パーマー。そのチリが、今度は音楽業界に進出し、自…

    ビー・クール 前作「ゲット・ショーティ」で取りたて屋から映画プロデューサーになったチリ・パーマーが、 今回は音楽業界でプロデューサーとして立ち回る。 続編なのですが、ゲット・ショーティ見てないのです。 まあ見てなくても特に問題なく楽しめました。 音…

    ジョン・トラヴォルタ主演で大ヒットした95年製作のクライム・コメディ「ゲット・ショーティ」の続編。ギャングから映画プロデューサーに転身した主人公チリ・パーマーが、今度は音楽業界を舞台に大騒動を繰り広げる。ユマ・サーマンとの「パルプ・フィクション」以来の再…

    第204回

    ★★★★(劇場)

     ひとりの芸能人には多くの人間がぶら下がっている。

     これは,特に人気があったり一流と呼ばれる人達に会うと実感することだ。その周辺には多くの人間が関わり、「誰?」と言いたくなるようないわゆる「業界人」がたむろする。

    FOX試写室にて。いや?この顔ぶれ、ほんとに豪華{/hikari_blue/}{/hikari_blue/}
    大好きなユマと、パルプフィクションコンビであるトラボルタ、
    ダニーデヴィート。ヴィンスボーンとバーベイカイテルは私的には
    別にどーでもいいが、+ゲストに{/atten/}
    エアロスミスのス…

    ジョン・トラボルタとユマ・サーマン主演。
    友達から「ゲット・ショーティ」(1995)の続編だと教えてもらってた。
    前作は超面白かったらしい・・・ので、先に見ておきたかったけど。
    あと、ひらりんお好みのN・Kちゃんも出てる・・という裏情報もあり。
    今回はチネチッタ…

  2. mig says:

    TBありがとうございます☆
    ユマとトラボルタのダンス最高でした♪
    この監督の作品、けっこう好きです

    今年も宜しくお願いします☆

  3. sin says:

    こんばんは、TBありがとうございます。
    この監督、「交渉人」の監督なんですよねぇ。
    何か意外でした。
    ユマ・サーマンの腰のエアロ・タトゥーかっこ良かったですね♪

    こちらこそ今年もよろしくお願いします!

コメントの受付は終了しました。