人形霊

強い怨念を宿した人形が次々と惨劇を引き起こす韓国ホラー。
出演は「おばあちゃんの家」「品行ゼロ」のイム・ウンギョン、「威風堂々な彼女」「ボイス」のキム・ユミ、「子猫をお願い」のオク・ジヨン、「ビッグ・スウィンドル」「二重スパイ」のチョン・ホジンなど。
監督はこれが初監督となるチョン・ヨンギ。

劇場公開時に観に行こうかどうか迷ってた作品。
結局DVDで鑑賞する事になりましたが、それで正解だったと思います。
人形という題材も良いし、決して面白くないわけじゃないんですが、どうも詰めが甘い作品でした。
基本的に多少の突っ込み所なら大して気にしないのですが、この作品は結構気になる所が多かったです。
怨みの対象である本人じゃなく孫を呪うあたりなんかは、文字通り「末代まで呪ってやる~」なわけですが、韓国の文化的には結構普通なんでしょうか。
確かに主人公たちからすれば不条理極まりない怖さというものはあるでしょうけど、見てる側としてはちょっとピンと来なかったです。

あと地下室の男は必要だったんでしょうか。

それに加え、キャストの演技がオーバーリアクション過ぎだったのもマイナスでした。
ちょっと日本のホラーみたいでしたね。

ミナ役のイム・ウンギョンのかわいさは思わぬ収穫でしたが。

人形というのは文字通り人に似せた形をしてるせいか、それがリアルであればあるほど、どこか不気味さを感じさせるもの。

その点ではこの作品はなかなか上手く人形を使っていたと思います。
客室やトイレにあしらわれた、嫌がらせとしか思えないほどの人形は怖かったです。

と言うか、引きました(苦笑)

あんな部屋やトイレが平気な人っているんでしょうか。

そういう意味での怖さはありましたね。

コックリさん」よりは面白かったです。


Similar Posts