ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

「指輪物語」と並ぶC・S・ルイスの名作ファンタジー小説を、ディズニーが空前のスケールで映像化したファンタジー大作の第一章。
出演はウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、「猟人日記」「コンスタンティン」のティルダ・スウィントン、「デューン 砂の惑星II」「ウィンブルドン」のジェームズ・マカヴォイなど。
アスランの声は「バットマン ビギンズ」「愛についてのキンゼイ・レポート」のリーアム・ニーソンが担当。
監督は「シュレック」シリーズのアンドリュー・アダムソン。

ファンタジーと名の付くものには無条件で反応してしまう身体に生まれてしまったので、当然の如く観に行ってきました。
半年ほど前から劇場へ行く度に予告編を見せられ、焦らしに焦らされたこの作品。
そのせいか、どうも期待し過ぎてしまっていたようです。
暗がりが多い「ロード・オブ・ザ・リング」と違って、殆どのシーンが昼間という難易度の高いヴィジュアルは良く出来てるし、喋る動物や半獣半人の生物盛り沢山の世界観とかも嫌いじゃないんだけど、どうもストーリーに捻りが無くあっさりしすぎていていつの間にやら終わっていた感じでしたね。
展開が簡単に読めてしまうだけにドキドキワクワク感も感じられず、「ロード・オブ・ザ・リング」には到底及びませんでした。
唯一の希望の星(笑)だった弟くんもダークサイドに堕ちずにあっさり戻ってくるし。
うーん、キレイ過ぎるのかな。
もともとが子供向けの本らしいので仕方ないのかもしれませんが、それにしてももうちょっとドロドロとした部分を描いて欲しかったですね。


そんなわけで本編ではずっとティルダ・スウィントンにばっかり目がいってしまいました。
やっぱり良いです。
「コンスタンティン」のガブリエルも良かったけど、この魔女役もピッタリ。
ティルダ・スウィントンがいなかったらこの作品はヤバかったかも知れませんね。
第二章以降が心配です…。

あと、テーマソングがAlanis Morissetteでちょっと驚きました。
こういう作品って主題歌があったとしても「ロード~」みたいな感じの曲っていうイメージが強かったんですが、普通のAlanisの曲でしたね。
あと、予告編で使われてたあのカッコ良い曲が本編で使われてなかったのが残念でした。

一応第一章としてちゃんと完結してるので第二章が公開されても観に行くかちょっと微妙…。


Similar Posts

コメント

  1. ナルニア国物語 -第一章 ライオンと魔女-

    (234)You need it more than I do.
        〔私よりあなたの方が、ハンカチが必要だわ〕

    ナルニア国物語?ライオンと魔女の映画ですが、小説よりも戦闘シーンが長いですし、とにかく特撮が凄く、ライオンやビーバー、オオカミなどが本物に見えるくらいよく出来て…

    今日は3ヶ月ぶりに劇場でお金を払って映画を観た。 と言ってもサービスデイで¥1000なんだけど。 観

    誕生から55年という
    C.S.ルイスの壮大な英国ファンタジーをディズニーが映画化した大作。

     原作本

    ナルニア国ものがたり 児童書

    原作のファンの人、ファンタジー好きの人には前々から楽しみにしていたであろうこの作品、
    どちらにも当てはまらないワタシとしては、…

    【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆

     フウ・・・参った

     

     

    「ナルニア国物語」
    第1章 ライオンと魔女

    評価 ★★★★☆
    (3.5)

    『あらすじ』

     第二次世界大戦まっただ中のロンドン。激化する戦争に4人の子供を疎開させる母親。弟、妹を任さ
    れる長男・ピーター。長女・スーザン、次男・エドマンド、次女・…

    映画館にて「ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女」★★★☆

    C.S.ルイスによるファンタジー「ナルニア国物語」シリーズの第1章:ライオンと魔女の映画化。

    「LotR」や「ハリポタ」でファンタジーブームが巻き起こり、満を持して登場した「ナルニア国物語」。なるほど…

     『E.T.』のドリュー・バリモアをも思い出させるルーシーちゃん。一人だけアフレコ感が溢れていました(字幕版)。

    それは一生に一度だけ出逢える
    「本物」のファンタジー。
    CAST:ジョージー・ヘンリー/ウィリアム・モーズリー/ルパート・エヴェレット/ティルダ・スウィントン/ジム・ブロードベント 他
    ■アメリカ産 140分

    どこでもドアじゃなくて衣装タンスを開くとそこはナルニ…

    童心と想像力を甦らせてくれる空想世界の探訪。

  2. ミチ says:

    こんばんは♪
    こちらにもお邪魔します。
    ちょっと素直すぎる展開が「ロード」や「ハリポタ」を見てきた者としては物足りなく感じましたね~。
    なんだかんだ言いながら第二章も観に行くだろうと思います(笑)

  3.  TBありがとうございますm(_ _)m

     ま~なんか、無難とゆー感じしますよね。やはり、指輪や
    ハリポッターで既にある程度、この手の映画のイメージは、
    固まりつつある中での後発ですからね。

     全7作品が全て映像化されたら、それはなかなか凄い
    と思ってしまいますよねw

  4. sin says:

    >ミチさん
    そうなんですよねぇ。
    あまりにもストレート過ぎて…。
    最近のファンタジー・ブームがなければ面白く感じたのかも知れません。

    >たましょくさん
    7章全部映画化されたら確かに凄いですね。
    でも、何年先になる事やら…(苦笑)

  5. mig says:

    昨夜話したばかりですが(笑 こんにちはー。
    TBありがとうございます。

    昨夜upした新作映画、
    なかなか期待を裏切らなかったです☆
    興味があれば是非お勧めです。
    関西ではいつ公開かなぁ、、、?

    ナルニア、ティルダがすごく良かったですね♪

  6. sin says:

    こんにちは~
    昨夜はどうもです(笑)
    ついついBON JOVIとホラーに反応してしまいました。

    「隠された記憶」ほんと面白そうですね。
    migさんの記事読んでかなり観たくなりました。
    関西でちゃんと公開されるかなぁ…。

    ティルダ・スウィントンは目力が凄いですよね。
    凛としていてカッコ良いです。

コメントの受付は終了しました。