トラフィック

メキシコとアメリカを結ぶ麻薬ルートを巡る様々な人々を描いたサスペンス・ドラマ。
出演は「ブラック・レイン」「ゲーム」のマイケル・ダグラス、「ハイ・フィデリティ」「ターミナル」のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、「ホテル・ルワンダ」「クラッシュ」のドン・チードル、「21グラム」「シン・シティ」のベニチオ・デル・トロ、「コンフィデンス」「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」のルイス・ガスマン、「オーロラの彼方へ」「フライト・オブ・フェニックス」のデニス・クエイドなど。
監督は「セックスと嘘とビデオテープ」「オーシャンズ12」のスティーヴン・ソダーバーグ。

シリアナ」を観た後、無性に見たくなって鑑賞。
うん、やっぱり「シリアナ」はこの作品があったからこそ生まれた作品ですね。
この「トラフィック」は麻薬、「シリアナ」は石油と描かれるものこそ違いますが、根底に流れるものは同じ。

断ち切り難い巨大な悪の循環。

どちらも日本人にはいまひとつピンと来ないものかも知れませんが、今この瞬間、世界の何処かでそれは現実として在るという事を突きつけられます。
それを為すのも人間ならば、救うのも人間。


様々な人種や立場、思想を持つ人々の内面まで描く事で生まれる深みのある人間ドラマと、ざらついたフィルターを通しドキュメンタリー・タッチで描かれるスピーディ且つスリリングなサスペンスが見事に絡み合った傑作です。

ベニチオ・デル・トロが良すぎ。


Similar Posts