プロデューサーズ

メル・ブルックス監督による68年の傑作コメディを2001年にブロードウェイでミュージカル化し、トニー賞史上最多の12部門を獲得した舞台を、再び映画版として完全リメイクしたミュージカル・コメディ。
主演は「バードケージ」「マウス・ハント」のネイサン・レイン、「ラスト・ショット」「ステップフォード・ワイフ」のマシュー・ブロデリック。
共演に「キル・ビル」「Be Cool/ビー・クール」のユマ・サーマン、「ズーランダー」「奥さまは魔女」のウィル・フェレル、ゲイリー・ビーチ、ロジャー・バートなど。
監督は舞台版の演出・振付を担当したスーザン・ストローマン。

うーん、そこそこ楽しめましたが、それほど面白くはなかったですね。
ユダヤ人の多いブロードウェイでヒトラー礼賛のミュージカルを上演するという事自体が既に自虐ネタだと思うんですが、それだけに留まらず、下ネタやゲイネタ、ナチスネタをごり押ししてくるのがちょっとしんどかったです。
確かに笑えるシーンはあるんですけど、あまり笑いのバリエーションは多くなく、しかもベタな笑いばかりで途中で飽きてしまいました。
鳩が敬礼するところが一番意外性があって笑えたかな。
しかもストーリー自体がかなりシンプルなのにやたらと同じ笑いで引っ張るので、130分がやや長く感じました。
それ以上に気になったのが曲の凡庸さで、ミュージカルならではの面白みはあっても、やはり曲が良くないとダメだなと再確認した次第。


キャストではマシュー・ブロデリックとウィル・フェレルが良かったですね。
マシュー・ブロデリックのあのキャラはちょっと意外と言うか、ラブコメ系の好青年の印象が強いだけに新鮮に映りましたし、ウィル・フェレルはやっぱりああいう変なキレキャラの方が断然良いです。
「奥さまは魔女」みたいな割とノーマルな役では持ち味が発揮されないのでダメですね。
ユマ・サーマンは可もなく不可もなく、デカさばかりが目立ってました(笑)

如何にもな古典的な正統派ミュージカルなので、本場の豪華絢爛なエンターテインメントを観た満足感は味わえますが、もう一度観たいとは思いませんね。
ただ、エンドクレジットやその後のカーテン・コールなどでの徹底したサービス精神は見事でした。


Similar Posts

コメント

  1. ★「プロデューサーズ」

    微妙に評価が分かれる作品。
    でもミュージカル好きとしてはおさえておかなくてはね。
    DVDで鑑賞。

    ブロードウェイの大物プロデューサーだったはずのマックスが
    最近出す作品は駄作ばかり。
    ある日、会計士レオが彼の事務所を訪ね、帳簿を調べるうちに、
    最初から…

    >映画『プロデューサーズ』★★★★

    久々に面白いミュージカル映画を観た!!!!!!!!!

    ミュージカル映画は、言葉が分からなくても楽しめるところがあるから、
    面白いですよねー。

    おばあちゃんの集団闊歩とか。

    ネイサン・レインさん、マ…

    監督:スーザン・ストローマン
    主演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン 

    評価:86点

    公式サイト

    (ネタバレあります)
    マシューが186センチあるから、彼より頭一つでかかったユマ・サーマンは210センチくらいか。

    監督 スーザン・ストローマン 主演 ネイサン・レイン 2005年 アメリカ映画 134分 ミュージカル 採点★★★ 野球や格闘技などのスポーツにしろ、コンサートにしろ、生で見るのが一番面白い。テレビにはテレビの面白さはあるし、確かに野球やプロレスを見に行くと「あれ?…

    『プロデューサーズ』
    個人的にミュージカルは“大”が付くほど嫌いです。なので正直この映画は期待どころかいつまで我慢出来るかが心配でした。テーマは“一晩で大コケする史上最低のミュージカル”。失敗作で大儲けを企むペテン師マックスと気弱な税理士レオは、最低の…

    出資者からお金を集めて、大コケ確実のミュージカルを作って出資金を持ち逃げする計画を立てる。

    妄想感想いきます。

    1968年、喜劇王メル・ブルックスの初監督作として話題となり、アカデミー脚本賞を

    本日二本目そしてこの映画は2回目の鑑賞です。前回は睡眠不足のために面白さよりも怒りが先行したのですが、万全の体調で見るとやはり面白かったです。特にゲイのヒトラーにやられました。

    アカデミー賞に輝くメル・ブルックス監督・脚本による1968年の傑作コメディを…

    「プロデューサーズ」★★★★
    ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック主演
    スーザン・ストローマン 監督、2005年アメリカ

    ブロードウェイ・ミュージカルを
    実際には見たことはないが
    度派手な舞台を見ている気分にさせてくれる映画

    ままにならない現実を嘆く…

    「プロデューサーズ」★★★★
    ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック主演
    スーザン・ストローマン 監督、2005年アメリカ

    ブロードウェイ・ミュージカルを
    実際には見たことはないが
    度派手な舞台を見ている気分にさせてくれる映画

    ままにならない現実を嘆く…

    またしても一週間遅れの更新。。
    これもいつものように、ひとりで観にいってきましたが、失敗。
    こういう映画は誰かと共に行き、共に笑えばよかった。後悔。
    ひとりで泣くのは良いんだけど、ひとりで笑うのは結構恥ずかしい。

    何度も書いておりますが、きっと前世は…

     ミュージカル大好き人間の僕にとっては、見逃せない作品だった。「プロデューサーズ」(スーザン・ストローマン監督)。2001年にトニー賞(説明するまでもないが、舞台芸術への賞)の12部門を獲得したブロードウェイ・ミュージカルの映画版。12部門はトニー賞史…

    今日は某雑誌で当選した 『プロデューサーズ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★☆☆

    ☆プロデューサーズ☆(2005)スーザン・ストローマン監督メル・ブルックス脚本ネイサン・レイン・・・・・・・・マックスマシュー・ブロデリック・・・・・レオユマ・サーマン・・・・・・・・・ウーラウィル・フェレル・・・・・・・・フランツゲイリー・ビーチ・・・・…

    メル・ブルックスの「ヤング・フランケンシュタイン」「ブレージング・サドル」
    「新サイコ」あたりの作品はどれも大好きなんですが、
    この映画のオリジナルは観た事がありませんでした。
    50年代のハリウッド黄金時代のミュージカルも好きな自分にとっては
    その…

    監督 : スーザン・ストローマン  脚本 : メル・ブルックス 主演 : ネイサン・レイン /マシュー・ブロデリック /ユマ・サーマン       公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/ 1968年に、メル・ブルックス監督・脚本で製作された映

    プロデューサーズ 公式サイト
    ザッツ・エンターテイメント
    古い言い方かもしれないけど、まさにその言葉がピッタリ!もう本当に楽しい。笑える。見ていてハッピー 落ち目の舞台プロデューサー(ネイサン・レイン)と小心者の会計士(マシュー・ブロデリック)は、…

    Date of birth (location),29 April 1970,Boston, Massachusetts, USA本名 Uma Karuna ThurmanThe Women (2006)
    Bee Movie (2007) (voice)
    My Super Ex-Girlfriend (2006)
    プロデューサーズ The Producers (2005)
    Prime (2005)
    Be Cool ビー・クール Be Cool(2005…

    Date of birth (location),21 March 1962,New York, New York, USAプロデューサーズ The Producers(2005)
    Strangers with Candy (2004)
    ラスト・ショット The Last Shot(2004)
    ステップフォード・ワイフ The Stepford Wives(2004)
    ライオン・キング3 ハクナ・…

    のはずが、の傑作に??? 
    それはブロードウェイの神様のイタズラ。
    CAST:ネイサン・レイン/マシュー・ブロデリック/ユマ・サーマン/ウィル・フェレル/ロジャー・バート 他
    ■アメリカ産 134分

    げっ!!・・・・

    ウィル・フェレルが出てるのか?。この人苦手・・・…

    【映画的カリスマ指数】★★★★☆

    極上のお祭り体感!

     

    【映画的カリスマ指数】★★★★☆

    極上のお祭り体感!

     

    「プロデューサーズ」

    評価 ★★★★★
    (4.2)

    『あらすじ』

     ニューヨークのブロードウェイで演劇プロデューサーとしてもてはやされていたマックス・ビアリ
    ストック。しかし、今やかつての名声は地に墜ち、手掛ける作品はことごとく打ち切り。資…

    http://skywave.asablo.jp/blog/2006/04/15/328628/tb

    —-これってミュージカルの映画なんだって?
    「うん。でもそのまた元をたどれば、
    68年にメル・ブルックスが手がけた映画。
    それがブルックス自身の脚本と作詞・作曲で
    ブロードウェイ・ミュージカルに。
    2001年にトニー賞12部門受賞という
    華々しい記録を作り、
    そして…

    {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/}
    1968年アカデミー賞脚本賞を受賞した、
    メルブルックス脚本の映画「プロデューサーズ」
    その後2001年にブロードウェイでミュージカル化…

    「プロデューサーズ」よみうりホールで鑑賞

    昨年夏、ブロードウェイのオリジナル版が日本初上陸、ほぼ同じ時期にジャニーズV6のイノッチと長野くんの演じる舞台があり私はこちらを鑑賞。半年ほど前のことなのでストーリーはわかっていました。始まると同時にそうそう…

    悪趣味で品が無い人達の,人生という名のショウ。
    耳と体でノリノリ映画体験♪

    映画館にて「プロデューサーズ」★★★★

    これぞまさにエンタテインメント! ブロードウェイでミュージカルを見る機会がない者にとって、この映画はまるで本当の舞台を見ているような気分にさせてくれた。舞台を映画化する際に、“映画ならではの演出”を加えるのもいい…

     1959年、ニューヨーク。かつてはブロードウェイで栄光を極めたものの今やすっかり落ち目のプロデューサー、マックス。ある日、そんな彼のもとに会計士のレオが帳簿を調べにやってくる。やがて彼は、ショウがコケればコケるほどプロデューサーの手元に金が残る不思議なカ…

    ミュージカルのテンションの高さには、いつも拍手です・・・{/hakushu/}
    コメディなら尚更だと思うのだけど、このテンションがなければ観客を引き込めませぬ。
    そこが、イマイチと思う方はなかなか入り込めないでしょうね。
    歌いながら演技、というのは違和感を感じていた…

    評価:80点{/fuki_osusume/}

    プロデューサーズ

    良かったですねえ。

    基本的にミュージカルは苦手なのですが、コメディミュージカルは別。

    泣いて悲しいところから急に歌い始める!みたいなことがないですからね。

    初っ端からとにかくテンションが高い。

    序盤だと…

    第422回

    ★★★☆(劇場)

     近代社会における殆ど全ての物や決まりごとは、誰かが「仕掛けた」ものである。

     自然発生のように思える事象においても、そこにマスコミが介在したり、「口コミ」なる流布がムーブメントの元となっていることは疑いない事実だ。…

    久しぶりの大型ミュージカル映画ということで、楽しみにしていたプロデューサーズを観て来ました。
    ★★★★

    ミュージカル映画の醍醐味であるオープニングの音楽から、一気に魂ごともって行かれてあっという間の2時間。
    面白い!!
    マシュー・ブロデリックがイマイチな点…

     エンドロールが終わるまでじっくり楽しめます。最後に脚本のメル・ブルックスまでちゃっかり登場♪

    ブロードウェイの大ヒットミュージカルを完全映画化。
    でも、元は映画をミュージカル化したらしいけど。。。
    だから、リメイクでもあるらしいね。

  2. ミチ says:

    こんにちは♪
    TBありがとうございました!
    楽曲があまり印象に残る物がないのが残念でしたよね。
    ユダヤ系の自虐ネタや下ネタゲイネタも個人的には結構楽しめました。
    どの俳優さんも芸達者だな~と感心してしまいました。

  3.  TBありがとうございますm(_ _)m

     確かに笑いの質としては、かなりランクは低い
    ですねwたましょくは、ツボでしたが、人によって
    は「生理的にダメ」とゆーのも分かります。

     笑いにも色々なタイプがあると感じますし、何
    より演じている人間たちが楽しんでいるよーに
    感じた部分は大きいです。

  4. sin says:

    >ミチさん
    こんにちは♪
    ほんと曲がもっと良ければ楽しめたと思うんですけどねぇ。
    ネタ自体は僕もそこそこ楽しめました。
    役者さんは確かにみんな芸達者でしたね(笑)

    >たましょくさん
    こんにちは♪
    生理的にダメなわけではなかったんですけど、ちょっとワンパターでしたよね。
    「これぞブロードウェイ!」という華やかさは十分伝わってきました。
    あとはやっぱり曲ですね…。

コメントの受付は終了しました。