オオカミの誘惑

韓国で爆発的人気を呼んだ、転校生の女の子と、敵対する高校のボス2人の三角関係を描いたインターネット小説を映画化した青春ラブ・ストーリー。
出演は「彼女を信じないで下さい」「デュエリスト」のカン・ドンウォン、「4月のキス」「連理の枝」のチョ・ハンソン、「チャ・テヒョンのハッピー☆クリスマス」のイ・チョンアなど。
監督は「ファースト・キス」「火山高」のキム・テギュン。

熱烈なカン・ドンウォンのファンであるUさんに半ば押し付けられて鑑賞。
当然大して期待してなかったんですが、これがなかなか良かったです。
途中までは完全に少女漫画の世界。
あまり冴えない女の子が、絶大な人気を誇る不良グループのリーダー2人に同時に惚れられ、取り合いされるという、まぁある種女の子の夢みたいなストーリーです。
ここらへんはラブコメ風で特別面白くも無かったんですが、ハンギョンとテソンの過去の関係が明らかになる後半からはしっかりとしたドラマになっていて、その移り変わりがやや唐突ではありましたが、そこからは入り込んで見る事が出来ました。
展開的には「猟奇的な彼女」に近いかな。
ラストには不覚にも泣いてしまいましたね。
こういう展開には弱いんです。


カン・ドンウォンは確かにカッコ良いですね。
背もかなり高いし人気あるのも分かります。
ただ、髪が短いと結構太って見えたのがちょっと気になりました。
チョ・ハンソンは元サッカー選手だそうで。
チョン・ウソンにちょっと雰囲気似てますね。
俳優としては2人ともまだまだこれからって感じですが、この作品ではその若々しさが良い方向に作用していたと思います。
ヒロインのイ・チョンアはあまりキレイ系じゃない、韓国にしては珍しいタイプの女優さんでちょっと気になりました。

韓国映画らしい要素満載なので新鮮味は無いかも知れませんが、見て損はしない作品だと思います。


Similar Posts