オリバー・ツイスト

文豪チャールズ・ディケンズの名作を映画化した文芸ドラマ。
主人公のオリバー・ツイスト役には新人のバーニー・クラーク。
共演に「砂と霧の家」「サスペクト・ゼロ」のベン・キングズレー、「ピーター・パン」のハリー・イーデン、「フットボール・ファクトリー」「ブラザー・ハート」のジェイミー・フォアマン、「シャーロック・ホームズ」シリーズのエドワード・ハードウィックなど。
監督は「ローズマリーの赤ちゃん」「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー。

うーん、良くも悪くも普通の作品でしたね。
全体としてはあまり盛り上がらずあっさり終わってしまいました。
まぁ元々そんなに派手な話ではなかったように思うので、仕方ないと言えば仕方ないのかも知れませんけど。
無垢な少年の瞳を通して、人間の良心と残酷さを浮き彫りにするというテーマは現代にも通用し得るものだと思いますが、それをこの作品が描ききれていたかというと疑問が残ります。
ラストにしてもオリバー以外の孤児たちはどうなったの?と思ってしまいましたし、個人的にはドジャーの方がオリバーよりも人間臭くて魅力的に写りました。

ただ、オリバー役のバーニー・クラークの汚れを知らないかの純粋な瞳や、フェイギン役のベン・キングスレーの文字通りの怪演、産業革命の広がる中で貧富の差が激しくなった19世紀のロンドンの街並みを再現したオープン・セットなどは見事と言う他はない素晴らしさ。
細部に至るまで神経の行き届いた作り手の拘りが感じられました。
そういった部分だけでも見る価値はある作品だと思います。


Similar Posts

コメント

  1. 『オリバー・ツイスト』・試写会

    六本木で、今週末に公開される映画「オリバー・ツイスト」のプレミアム試写会。主演のバーニー・クラーク(撮影当時11歳)の舞台あいさつに、小倉優子が応援にかけつけ、映画評論家のおすぎが見どころを解説。

    監督は「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー。主演…

    今日は某出版社で当選した『オリバー・ツイスト』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★☆☆

コメントの受付は終了しました。