つっこ祭りと24時間?耐久労働

今日は8時起きで9時から出勤。
山ほど仕事があるので、恐らく夜中まで仕事でしょう。
最後は耐久レースさながらの地獄絵図になってそう…。

先週の土曜日に夏フェス出演アーティストのCDを大量に(100枚くらい)発注したんですが、いつも仕事の遅い取引先が何故か今回だけ真面目に仕事をして、今日入ってきました。
いつもの仕事の遅さを考えて、6月上旬あたりに入ってくるように発注したつもりだったのに、予算計画狂いまくりです…(汗)

そんな事よりも、今日のメインは何と言っても天野月子の5周年シングル!
「ウタカタ」「烏」「混沌 -chaos-」「風船」「梟」の5枚同時発売です。
天野月子をプッシュしてるうちの店としては当然ランキングに並べました。
しかも結構上位に(笑)
勿論、早速朝からヘヴィ・ローテーション中。
今のところ「烏」がお気に入りです。
早く関西にライヴしに来て欲しいなぁ。



夕方からは先週入ってきたU.K.の「Danger Money」と「Night After Night」(共に紙ジャケ)をプラケースに作り替える作業。
運良くと言うか、当然と言うか(笑)、以前発売されていたプラケース版を持っていたので、そのブックレット及び裏ジャケをスキャンして作りました。
しかし、「Night After Night」の方にはSence Of Wonderのライヴ時に貰った難波さんとそうる透さんのサインが…。
仕方なくブックレットの表のみ紙ジャケの画像を使い、何とか完成。
こういう廃盤になってたという事実が信じられない名盤の再発は大歓迎なんですが、ほんとに紙ジャケだけは勘弁してもらいたいですね。

多くのプログレッシャーはU.K.と言えばAlan HoldsworthとBill Brufordのいた1st「U.K.」なんでしょうけど、僕の中ではU.K.と言えばやっぱりこの2枚なんですよねぇ。
1stも勿論名盤だと思いますが、Terry Bozzio加入以降のタイトで切れ味鋭いロックな演奏のカッコ良さは別格。
その根本的な違いは4人時代にも演奏していた”The Only Thing She Needs”を聴けばハッキリと分かります。
あぁ、ほんと何回聴いてもカッコ良いなぁ。

君たちサイコだよ。

ASIA再結成じゃなくてU.K.再結成してくれた方が嬉しいんだけどなぁ。


現在2時。
棚卸は何とか無事に終わり、今からフリー・ペーパーの作業に入ります。
4時には帰りたいなぁ。

ちなみに明日は12時から六合のスタジオです…(汗)
起きられるのか?


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. みっちゃん says:

    つっこさんの5枚同時発売はmixiのコミュでも話題になっとったな~w

    秋~冬にはアルバム出たりしそうかな?

  2. sin says:

    うんうん、うちの店でも話題にしていこう!
    PVとかガンガン流せたら良いんやけどなぁ。

    アルバムは秋頃かな。
    まだ発注来てないし。

    でも、今回のシングル5枚借りれば、カップリングと合わせて10曲♪
    ほぼアルバム感覚(笑)

コメントの受付は終了しました。