嫌われ松子の一生

山田宗樹原作の奇想天外な女の一生を描いた同名小説を映画化した作品。
出演は中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、榊英雄、谷原章介、甲本雅裕、宮藤官九郎、劇団ひとり、BONNIE PINK、濱田マリ、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田花子などなど。
監督は「Beautiful Sunday ビューティフルサンデー」「下妻物語」の中島哲也。

とりあえず派手でしたね(笑)
ドラマ、コメディ、ミュージカル、ホラー、アニメなど、ありとあらゆるジャンルや要素を思いつくままぶち込んで、アメリカの着色料たっぷりのお菓子のような極彩色の絵の具を塗りたくったとことんケバい世界観に圧倒されます。
夥しい数のキャストも俳優、コメディアン、ミュージシャンと、ジャンルの壁なんてお構いなし。
ここらへんの「やったれ~」的なエネルギーはかなりインパクトありましたし、2~3分に1回くらいの割合で挿入されるネタの数々も予測不可能なものばかりでかなり笑えました。
特に片平なぎさと光GENJI。
何で内海やねん、と(ファンの方ごめんなさい)。
中谷美紀の演技も過去最高のキレっぷりで、監督の中島哲也に罵られ過ぎて女優辞めようかと思ったというエピソードにも多いに納得。
素晴らしい演技でした。


ただ、物語自体はあんまりでしたね。
本当に不幸なだけで何てことありません。
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」みたいなのを予想してたんですが、ほとんど救いも無く終了…。
後味も良くありませんでした。
この作品は松子の主観的な世界を描いているので、松子に共感出来るか否かによって、かなり感じ方が変わるんでしょうね。
残念ながら僕は全く共感出来ませんでした。
そして、この視覚的に濃いストーリーで130分はどう考えても長過ぎ…。
中島哲也という人がこの過剰演出を排除しても作品を作れるのか甚だ疑問です。

物語よりも装飾を楽しむ作品なのかも知れません。


Similar Posts

コメント

  1. 映画「嫌われ松子の一生」

    嫌われ松子は内山が主演したドラマの方は興味が無くて見なかったけども
    映画の方は興味があり見たがチョイ役で色んな人が出演していて悪く無いし
    劇中の歌は良かったし内容も大満足とは言えないけども不満は無いけども
    不幸な人生を送り過ぎと言うか実際に松子の様な人…

    映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。
    映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラ…

    誰に聞いても絶賛のこの作品。
    2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。
    ふぅ。

    平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。
    その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレスのようだった。
    彼女の名は川尻松子。
    彼女は何故殺されなければならな…

    監督:中島哲也
    出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山…

    2006年の春に話題となった映画「嫌われ松子の一生」がDVDになって登場することになったので,再び記事としてピックアップ

    昭和22年に福岡で生まれた川尻松子(中谷美紀)は,教師として赴任した中学校で事件に巻き込まれ,退職.

    作家の八女川徹也(宮藤官九郎)やその友…

    雨が降る中、御堂会館に
    嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。

    監督は、あの前にも笑わせてもらった
    下妻物語の中島哲也監督

    そりゃぁ?笑わせてくれるっしょ

    【STORY】
    女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。
    昭和22年・福岡県大野島生…

    中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにしても観る前からこの映画、主演の中谷美紀が中島哲也監督

    お姫様を夢見る少女の未来は・・!?『嫌われ松子の一生』公式サイト制作データ;2006日本/東宝 ジャンル;ヒューマン 上映時間;130分 監督;中島哲也出演;中谷美紀・瑛太・伊勢谷友介・香川照之観賞劇場:7/22(土)ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ◆STORY◆昭和22年…

    『嫌われ松子の一生』
    “嫌われ松子”と聞くと、最初は誰しも性格ブスな女性をイメージするのではないでしょうか?しかし川尻松子(中谷美紀)は決して人から嫌われていた訳ではなく、本当はむしろ愛されていた気がしました。ただ過剰なまでに愛する事、愛される事に一生…

    前日の日記からのつづき。
    目まぐるしい移動記を(笑)

    まず5時20分頃の中央線に乗り吉祥寺を出る。
    御茶ノ水で総武線に乗り秋葉原へ。
    地下鉄日比谷線に乗り換え新越谷に出てJR武蔵野線に乗り換え。
    地元吉川に7時10分に着く。
    7時15分のバスで自宅近くに行き、

     前評判は高かったものの、大ホームラン『下妻物語』の後だけに、そうたやすく傑作をたてつづけに発表できるものかと疑問視していました。  しかし

    (06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島哲也。出演:中谷美紀、ほか。 先日、4回目を観に行っちゃい…

    「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ
    中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演
    中島哲也監督、2006年

    リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。

    悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、
    「これは映画じゃない」と
    正統派の心の声が叫ぶが、
    「一人になるより…

    「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ
    中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演
    中島哲也監督、2006年

    リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。

    悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、
    「これは映画じゃない」と
    正統派の心の声が叫ぶが、
    「一人になるより…

    ♪ま~げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに父親はい…

    映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっていって見ていて飽きなかったです。もともとの素材とし…

    不幸って何?
    CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他
    ■日本産 130分

    中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな?って思ってたら、濱田マリ本人がカメオ出演してたのが自分の中でも一番のツボだった。

    この…

    やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。

    体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪して…

     正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。

    松子。人生を100%生きた女。
    ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子の…

    たまには邦画でも・・・(なんでーーー)
    たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー)
    下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー)
    見てみることにしてみました。
    そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。

    を梅田HEPで鑑賞しました。

    当初この作品、見るつもりはなかったのですが、
    コミックを購読してから『下妻物語』中島監督がこのストーリーをいかなる具合で映像化するのかと、
    たいへんな期待を寄せてしまったのです。


    観てみて、期待どおり良かったです…

    「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半は…

    平成13年,荒川の河川敷で,松子(中谷美紀)の遺体が発見された.

    松子のアパートの整理を任された松子の甥(おい)の笙(しょう:瑛太)は,

    少しずつ,松子の数奇な一生を知ることになる…….

    昭和22年,福岡県の大野島という街に生まれた,川尻家の長女・松子.

    幸せ…

     映画『嫌われ松子の一生』は、
     ①主人公・松子の堕ちっぷりが見事
     ②その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!
     ③宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス!
     …

    『嫌われ松子の一生』

    あらすじ
    『20代で教師をクビになった川尻松子は、エリート人生から転落。これをきっかけにソープ嬢になり、店のトップになるものの、同棲中の愛人に裏切られ彼を殺害。その後、自殺未遂を起こすが、やがて刑務所に入り服役することにな…

    【新宿ジョイシネマ】
    昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸になっ…

    感動度[:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり)
    笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]
    泣き度[:悲しい:][:悲しい:]
    衝撃度[:!:][:!:][:!:]
    映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:]
    満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]

    【…

    公式サイトはコチラ→

    【制作年】2006
    【制作国】日本
    【監督・脚本】中島哲也
    【原作】山田宗樹
    【鑑賞場所】ユナイテッドシネマキャナル
    【主なキャスト】
    ○中谷美紀(川尻松子)
    ○瑛太(松子の甥:笙)
    ○伊勢谷友介(松子の教え子:龍)
    ○香川照之(松

    映画「嫌われ松子の一生今日封切り・・ということで、早速、今朝見にいきました。一昨年の名作「下妻物語」の中島哲也監督の第二回目作品、とのことで、首を長くして待っていました。中谷美紀さんの体を張った演技と、充実した脇役陣・・というか、ある意味贅沢なキャスト…

    ?思わず、予期せず、何度も泣いてしまった?

    予想に反して、切なさがいっぱい。
    でも、この作品は、人によって感じ方がいろいろあるんだろうナァ・・・。

    ということで、短評でまとめてみました。

    中谷美紀 ★ 少なくとも私には、ヨク演じてたと思います。
    瑛  …

    色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!

    「嫌われ松子の一生」
    MEMORIES OF MATSUKO

    評価 ★★★★☆
    (原作チェック済み評価・★★☆☆☆)

    『あらすじ』

     親元を遠く離れ東京で独り暮らしをする笙。恋人に愛想尽かされ、目指していたハズのミュージ
    シャンとゆー夢も諦め…

    “嫌われ松子”の転落人生をギュッと凝縮した130分!
    試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/}
    面白かった?{/onpu/} {/onpu/}
    長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/}

    原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。

    嶽本野ばら原作のハイパーパ…

    評価:70点

    嫌われ松子の一生

    いや、すごいエンターテイメントしてましたね。

    映像もすごいポップで斬新ですし、どこまでも暗くなってもおかしくない場面をミュージカルにすることで、楽しい雰囲気にしてしまう。

    「深夜のサスペンス」(だっけ?)とか、色々名前を…

    —-『下妻物語』の中島哲也監督の新作。
    前作が大絶賛されただけに注目度も高いよね。
    「う?ん。これはある意味、スゴい問題作だね。
    どう評価していいのか、
    一言で言えばこんな映画観たことがない。
    これまで彼が豊川悦司&山崎努の卓球対決(『サッポロ黒ビール』)な…

    映画館にて「嫌われ松子の一生」

    山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚色によって別印象に仕上がっている。

    ケバケバしい色の映…

  2. ミチ says:

    こんにちは♪
    TBありがとうございました。
    色彩とエンタメの洪水でちょっぴり疲れましたが、やはり一見の価値はありましたね~。
    「下妻」「松子」と来て、次は何を見せてくれるのか楽しみです。

  3. sin says:

    こんにちは~
    こちらこそ早速のコメントありがとうございます。
    そうですね、一見の価値はあったと思います。
    でも、1800円だったらちょっと…だったかも知れません(笑)
    次回作も楽しみではありますけど、過剰な演出なしでどこまでの作品が作れるのか興味ありますね。

  4. mig says:

    こんにちは。TBありがとう♪
    んーダメですかぁ。。。
    ワタシは逆に「レモニースニケット」は期待はずれでした
    {NO}
    sinさんとはボンジョビの好みは一緒だけど
    映画は意見分かれますねー(笑

  5.  TBありがとうございますm(_ _)m

     原作の感慨深さが吹き飛ばすほどの
    演出にちょっと置いてけぼりを喰らった
    感じでしたが、確かにおっしゃる通り、
    この極彩色な世界観をもっと楽しむべき
    だったかもしれないです。

  6. sin says:

    >migさん
    こんにちは♪
    そうなんですか(笑)
    BON JOVI好き以外の共通項を探してみます!
    とりあえずは「隠された記憶」ですね♪

    >たましょくさん
    こんにちは♪
    原作は読んだ事ないんですけど、今度チェックしてみます。
    かなり暗いみたいですね…。

コメントの受付は終了しました。