エミリー・ローズ

実話を基に、悪魔祓いによって少女を死なせたとして法廷に立たされた神父と女性弁護士の真実を巡る緊迫の法廷劇を描いた異色のオカルト・ホラー。
出演は「ミスティック・リバー」「愛についてのキンゼイ・レポート」のローラ・リニー、「エターナル・サンシャイン」「バットマン ビギンズ」のトム・ウィルキンソン、「スウィーニー・トッド」「リトル・ランナー」のキャンベル・スコット、「最凶女装計画」「シャッフル」のジェニファー・カーペンター、「リディック」「陰謀のターゲット」のコルム・フィオールなど。
監督は「ランド・オブ・プレンティ」の原案も手掛けた「ヘルレイザー/ゲート・オブ・インフェルノ」のスコット・デリクソン。

あまり期待してなかったんですけど、これがかなり見応えあって面白かったです。
オカルト・ホラーと法廷劇をミックスするというアプローチの新鮮さもあって、ホラーにしては珍しく2時間を超える長さにも関わらず高い緊張感を保ったまま全くダレませんでした。
メインとなるのはあくまで法廷での争いなんですが、これがオカルト部分よりもよっぽど面白い事がこの作品の成功の大きな要因でしょう。
エミリーの死を病死とするか、悪魔憑きによるものとするかを、検察側・弁護側双方が検証していく様子は予想以上にスリリングで、その都度挿入されるフラッシュバックも緊迫感を見事に演出しています。


そのエミリーの主観を元に描かれるフラッシュバック・シーンも抑え目ながらもツボを見事におさえていて、特にエミリー・ローズを演じたジェニファー・カーペンターの納屋での迫真の演技は圧巻。
近年稀に見る憑依演技に一瞬たりとも目が離せませんでした。
また、この裁判を通して信仰というものの本質を描いている点も見逃せません。

典型的なオカルト・ホラーを期待すると肩透かしをくらうかも知れませんが、非常に興味深く、且つクオリティの高い秀作です。


Similar Posts

コメント

  1. エミリー・ローズ

    監督:スコット・デリクソン
    出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、ジェニファー・カーペンター

    評価:81点

    公式サイト

    (ネタバレあります)
    「お前か!隣のかわいい京子ちゃんを、狐憑きだとか言ってベッドに…

    監督 スコット・デリクソン 主演 ローラ・リニー 2005年 アメリカ映画 120分 ホラー 採点★★★ 幽霊もUFOもUMAも信じたくて信じたくて仕方がないのだが、目の前にドドーンと証拠が現れてくれないとなかなかソチラ側へ踏み込めないのも事実の私。悪魔祓いの話を聞…

    これはホラーではなく実話です・・・らしい。
    あまり興味ないジャンルだけど、ヒマヒマしてたのでついでに観ちゃった。

     ある日、神父ムーアが悪魔に呪われたという19歳の女子大生エミリー・ローズに悪魔祓いを施した末、死に至らしめたとして過失致死罪で起訴された。彼の弁護には、野心的な女性弁護士エリンがあたることに。エミリーは心の病で、薬の服用をやめさせたことが原因だと主張す…

     『エクソシスト』では首が回るシーンが有名だが、この映画ではまるで中国雑技団によるイナバウアーのような決めポーズが印象に残る。

    なんでも毎月第三火曜日は「大和の日」とかで映画観劇料金が¥1000になるそうである。よって私はMOVIX橿原まで映画を見に行った。橿原というと奈良でもだいぶ南のほうのような気がするがドア・トゥ・ドアで一時間くらいだから京都市内よりよっぽど近い。つーか普段ど…

    怖さが勇気と希望に変わる瞬間が感動的な見応えあるドラマ。

コメントの受付は終了しました。