ヴィジョンが見える

昨日は1時頃帰宅して「デッドゾーン」の1巻を鑑賞。
これキャストは地味ですけどそこそこ面白いですね。
タイプとしては「トゥルー・コーリング」系。
交通事故で生死の境を彷徨い6年間の昏睡状態から目覚めた主人公に、触れると未来や過去を見通せる力が備わり、それを使って様々な事件を解決していくというサイキック・サスペンスです。
主人公ジョニーを演じるアンソニー・マイケル・ホールは地味なティム・ロビンスって感じ(笑)
ちなみにアメリカでは既にシーズン5(?)まで作られている人気シリーズみたいです。
クリストファー・ウォーケン主演、デビッド・クローネンバーグ監督の映画版も面白いらしいので、そっちも見てみようかな。

デッド・ゾーン  シーズン1  コンプリートBOX
デッドゾーン デラックス版

寝る前は「ハチミツとクローバー」を読んでみたり。
映画化される前から結構話題になってたので読んでみたかったんですけど、誰も周りに持ってる人がいなかったんですよね。
しかし、何と妹が持ってました(笑)
これぞまさに灯台下暗し!
妹は映画の日を利用して映画版を観に行ってきたらしいですけど、結構酷い出来だったらしいです。
やっぱりアニメの実写化って難しいですよね。
小説と違って、既にヴィジュアルのイメージがあるわけですし。
そんなわけでしばらく胸キュン生活を送ります。


今日も昼過ぎから出勤。
最近全く午前中に起きてませんね。
まぁでもしばらくはこの生活を続けようと思います。
夜働く方が時給も良いしね(笑)

明日はいよいよ「男たちの大和/YAMATO」と「THE 有頂天ホテル」(4日に日付変わってからですが)、「ファイヤーウォール」「PROMISE<無極>」がレンタル開始という事で、今日はランキングのスペースを空けたり、CDの入荷チェックをしたり。
その後はいよいよ明日設置予定の「ほんとにあった!呪いのビデオ勝手にランキング」と「スタッフおすすめ映画100選」のコーナー・ポップ作り。
デザインに結構苦労しましたけど、その甲斐あってなかなか良い感じに仕上がりました。
ランキング含め、また明日アップします。

明日は「ディセント」観に行ってきます!


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. kiyotaka says:

    デッドゾーンの映画版をお客さんに探してくれと言われて忙しい時間に必死に探して見つけてあげたのに借りていかなかった事がある。

  2. sin says:

    そうなんや(笑)
    パッケのデザイン酷いしなぁ。
    昨日借りたよ。

  3. マット says:

    デッドゾーン、20年前に渋谷のユーロスペースという小さな映画館で見ました。(そのとき一緒にデートした女性が今の奥さんです、ってそんなことはどうでもいいですね。。。)当時は普通の映画館では上映されなかったようです。でも、いい映画ですよね?

    ぜひ本も読むことをお勧めします。本はさらに泣けます。本を読んだ後に映画を見てしまうと、多分映画はダイジェスト版に思えてしまうと思います。

    スティーブンキング作品(特にジョンカーペンター監督の)はB級の香りの映画が多いですが、デッドゾーンは映画もいいし本もいい。スタンドバイミーは映画と本が同じレベル、ショーシャンクの空は初めて原作を越えた作品だと思いますです。

  4. sin says:

    映画館で観たんですか!?
    それは凄い。
    あんなB級作品が上映されてたんですねぇ。
    あ、作品は借りましたが時間なくてまだ見てないです(汗)

    スティーヴン・キングは作風が基本的にB級作家ですよね。
    さらにジョン・カーペンターは完全にB級監督なので仕方ありません(笑)
    本はそんなに読んでませんけど、僕は映画の方が好きな場合が多いです。
    「スタンド・バイ・ミー」も「ショーシャンクの空に」も。
    結構スティーヴン・キング原作の映画は見てますね。
    「クジョー」とか(笑)

  5. YK says:

    うわー懐かしい!
    アンソニー・マイケル・ホールってまだ健在(爆)だったのですね~

    昔は青春映画に欠かせない俳優さんだったのに、青春が過ぎるといなくなったような気が・・・

    デッド・ゾーン自体はあまり好きな映画ではなかったけれどアンソニー見たさに見てみようかな。

  6. sin says:

    アンソニー・マイケル・ホールってそんなに有名だったんですか?
    僕は全く記憶にありませんでした(笑)

コメントの受付は終了しました。