輪廻

ジャパニーズ・ホラーを代表する監督たちが世界を視野に競作するホラー・レーベル”Jホラーシアター”の「感染」「予言」に続く、第2弾作品。
出演は優香、香里奈、椎名桔平、杉本哲太、小栗旬、松本まりかなど。
監督は「呪怨」シリーズの清水崇。

だいぶ前に見てたんですが感想書くの忘れてました(苦笑)
と言うか、第一弾から時間があきすぎて、てっきり企画倒れになったのかと思ってました。
確か第五弾までやるんですよね?
ちゃんと最後まで作るんでしょうか。
とりあえず、この作品に関してはあまり詳しく思い出せないので簡単に…。

「感染」「予言」ともに、世間の酷評の割に僕は楽しめたんですが、この「輪廻」もそこそこ楽しめました。
優香も思ってたよりも頑張ってたし。
内容的にはホラーというよりも、むしろ輪廻をツールとして用いたサスペンスでしたね。
誰が誰の生まれ変わりなのか最後まで明かさない見せ方や、「シャイニング」ちっくな演出は良い緊迫感を生み出していて良かったと思います。
ただ、後半で突然ゾンビ映画になってしまうのはどうかと…。
まぁその唐突さは楽しめたんですけど、一つの作品としてはあまり良い演出とは思えませんでしたね。
「ちょっと怖さ足りないから最後派手にしてみようか」みたいな安直な印象を受けました。
清水崇も何か普通になってきましたね。
「呪怨」のTV版の頃は突き抜けていて良かったのに。

ヒンドゥー教や仏教で教義の根幹を成す輪廻という概念は、信じてはいませんが結構好きです。
精神世界の一つの在り方として。
最近では江原なんちゃらとかいうおっさんが人気らしいですが、ああいう胡散臭い輩は到底信じる気にはなりません。
前世や来世がどうであれ、大事なのは今でしょう。


Similar Posts