LOUD PARK06 レポその4

早くもOPETHで燃え尽きた六合リズム隊は、その後はしばらくまったりと観戦。
会場自体がかなり広いので、音は前よりも真ん中以降の方が良かったです。

<HARDCORE SUPERSTAR>

ハードコア・スーパースター

2曲くらいしか観られませんでしたが、予想以上にライヴ慣れした堂々としたパフォーマンスと、ライヴ映えする楽曲に驚かされました。
CDより断然ライヴの方が魅力的。
もういっぺん聴き直してみよう。

<DRADONFORCE>

インヒューマン・ランペイジ

人気急上昇中、噂のスピード違反メタル(笑)
予想通りと言うか何と言うか、かなり酷い演奏と音。
何やってるかさっぱり分かりませんでした。
かろうじて速い事だけは分かるという…(苦笑)
でも、隙あらば走りまわり飛びまくる、あのエネルギッシュなステージ・パフォーマンスは面白かったです。


<CATHEDRAL>

ザ・ガーデン・オブ・アンアースリー・デライツ

リー・ドリアン率いるドゥーム・メタルの総大将。
最近のアルバムはずっと聴いてないし、ライヴは初めてでしたが、数曲観た限りでは1stのようなドゥーミーさよりも、割とオーソドックスでヘヴィなハード・ロック・サウンドを前面に出してましたね。
最近はそういう方向にシフト・チェンジしてるのかな?
そしてベテランらしく演奏が上手い!
最後まで観たかったのですが、OPETHのサイン会に参加する為に途中で離脱。

<DIR EN GREY>

Withering to death.

“フリーウィル”というややこしいレーベル名から作品をリリースしてる彼ら(苦笑)
今回のやや場違いな参戦はかなり叩かれてましたが、観客はそこそこいたような…。
ただ、昨年の”Taste of CHAOS tour”でも思いましたが、ドラムとヴォーカルが下手すぎ。
そして音のバランスも酷かった…。
可愛そうに、他の出演バンドとレベルが違いすぎました。
ヴォーカルの京がメイクしてなかったのは叩かれたからなのか?
“Taste of CHAOS tour”の時は1人だけばっちりメイクしてたけど。


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Music