LOUD PARK06 レポその7

<IN FLAMES>

カム・クラリティ

いよいよIN FLAMESの登場!
いきなり”Pinball Map”からスタートし、会場は一気に大盛り上がり。
バランスもかなり良好。
「Come Clarity」からの”Take This Life”や、古株ファン狂喜乱舞の”Behind Space”もプレイされ、それはもう凄い盛り上がりでした。
IN FlAMESって演奏は危なっかしい所がありますけど、とにかく曲が良いですよね。
約50分という持ち時間では少なすぎます。
ちなみに、Andersは会場の外を普通に歩いてました。

<KILLSWITCH ENGAGE>

As Daylight Dies

IN FLAMESに続いてKILLSWITCH ENGAGEとは何て贅沢なんでしょう。
IN FLAMESも良かったですが、このKILLSWITCH ENGAGEのライヴは更に凄まじかったです。
昨年観た時はイベントそのものがややパンク、エモ系だったせいか、イマイチ観客のノリも悪く、更にAdamが腰痛で来日出来ないというハプニングもあったので、バンドとしては悔いの残る内容だったと思います。
しかし、今回はそれを吹き飛ばすような怒涛のパフォーマンス!
観客もそれに応え、恐ろしいほどの盛り上がりを見せていました。
サークル・ピットも何度も出来てましたね。
それにしても相変わらずこのバンドのタイトさは何なんでしょうね?
メタル・バンドにありがちな直線的なタイトさじゃなくて、うねりのあるタイトさ。
あんなに動きながらあれほどのプレイをするってのはほんとに驚異的です。
Adamに至ってはあのキレたパフォーマンスをしながらですからね(笑)
流石に腕立てこそなかったものの、初めて生で見る奇妙奇天烈な動きと超テクニカルなギター・プレイ、そして美声とのギャップにヤラれました。
ほんとに素晴らしいステージでした。
新曲も良い感じだったのでアルバムが楽しみです!


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Music