六Q合

今日は6時半起床。
HPの更新作業やフライヤーのデザインやらをちょこちょことやってから六合のスタジオへ。
何しろ25日に共演するjazzさんは札幌在住。
その為、本番前の練習は23日の1回だけしかありません。
それまでに演奏もアレンジも固めておかなければいけないわけです。
そんなわけで、今日は六合の曲には一切手をつけず、QUEENの曲のみを3時間かけて練習&アレンジ。
あまり大きなアレンジはしてませんが、細かい所でなかなかニクい事をやってます(笑)
しかし、最後に残った1曲が思いのほか厄介で…。
聞いてるだけだったら割と普通なんですけど、Aメロが21小節というよく分からない(苦笑)構成なんですよ。
まだアレンジ決めかねてますが、とりあえず23日のスタジオで何とか形にはしないと。

一旦電車で帰宅後、半ば強引に清貴を連れて、久々に長岡天一へ。
最近9号線と九条でばっかり食べてるのでちょっと味が薄い印象。

これは結構危険信号かも(笑)

帰りは勿論ブックオフへ!
長岡のブックオフも久々だったんですが、やっぱり久しぶりに行くと色々見つかりますね。
「漂流教室」の1~5、「トーマの心臓」愛蔵版、「刑事が一匹」1~3などなど4000円分くらい購入。
「漂流教室」はずっと欲しかったんですが、いつも歯抜けばかりで、なかなか揃ってるのを見つけられなかったんですよね。
あとは6巻を探すだけ。
「刑事が一匹」は昔絵が好きでよく読んでたきたがわ翔の最新作。
この人って恋愛ものファミリーものばっかり書いてたので、こういうサスペンスを書くのって意外でした。
連載してるのさえ知らなかったし(汗)
たんまり買い込んだので、しばらくブックオフ通いは封印しよう。

漂流教室 (1)
トーマの心臓
刑事が一匹… 1 牙の女王 起の巻 (1)


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. 忍者 says:

    漂流教室は、20年ほど前、友達が全巻揃えたので、みんなで読んで、漂流教室ごっこやってたな~。
    先週の「ふしぎ星のふたご姫」の題が「トーマの辛抱」で、妻が、これは「トーマの心臓」って言うのをもじってるんだと言ってた、それがこれか。

  2. にこ says:

    「トーマの心臓」愛蔵版、同じの持ってるよ♪
    表紙のイラストが素敵やね☆

    >忍者さん
    「トーマの辛抱」・・・いいセンスしてますね(笑)
    気づかれた奥さまもサスガですね!

  3. メリー says:

    へぇ~ sinさんは、「トーマの心臓」なんかも読むんやね~。。。
    これも、私にとっては、やはりリアルタイムで読んでたモノです。(歳が・・・)
    あの時期、今となっては伝説的な少女漫画家が、いっぱい出てきた頃だったし、これも、かなり衝撃的な内容でしたよね。当時はあまり評判良くなかったらしいけど、私たちの中では、望都ブームでしたよ。
    家に昔の本があったかも。。。と探したけど、実家にあるんだった。。。
    「だ~れが殺したクックロビン」っていうパタリロで有名になったのが、この本からだったっけ?と調べたら、「小鳥の巣」っていう「ポーの一族シリーズ」の方でした。 ん~。。。 なんか、全部、読みたくなってきたです~。

  4. sin says:

    >忍者さん
    漂流教室ごっこってどんなのですか?
    「ギャー!」とか「ワー!」とか言いまくってる絵しか浮かんでこないんですが(笑)
    「ふしぎ星のふたご姫」も分かりません…。
    アニメかなんかかな。

    >にこさん
    同じの持ってるんや!
    奇遇やねぇ。
    うん、表紙のイラストにつられて買ってしまった。
    650円也。

    >メリーさん
    僕は割りと何でも読みますよ。
    萩尾望都は絵はあんまり好みじゃないんですけど、ストーリーが独特で、その雰囲気が好きです。
    でも、そんなに読んだ事ないんですよねぇ。
    「ポーの一族」もまだ読んだ事ないですし。
    「パタリロ」は中学の時に出てた分までは全巻読みましたよ♪

コメントの受付は終了しました。