メガネ男子

今日は完全な休み。
予定なし。

ってなわけで昼前に起きて、しばらくダラダラしてから河原町へ。
特に予定もないのに河原町へ行くなんていつ以来やろ。
最近あんまり長居が出来ないんですよねぇ。
たまに友達と行くようになった中学生の頃なんて、行く度に全てが新鮮に感じたのにな。

どこ行こうか電車の中で考えてたんですが、まずは眼鏡を新調する事に。
今使ってる眼鏡、実はもう6年くらい前に作ったやつなんですよね。
当然、視力は落ちてるので全然合ってない…。
物持ちが良いというよりは、貧乏性なんです(苦笑)
そんなわけで、久々の眼鏡作り。
多少気合いも入ります。
お店に入って開口一番、

「Steven Wilsonみたいな眼鏡下さい!」

などとは口走っていません。

でも、どうせ買うならあれくらい知的に見せられた方が得じゃないですか(何が)
そんなわけでSteven Wilson似の眼鏡(違)を物色する事15分。

なかなか良い感じのを見つけ、そのフレームで新しく作ってもらう事にしました。

お店の2階に上がって視力検査をして、レンズの種類を選んで終了。
当然、一番安いレンズです(笑)
防汚加工だけはしてもらいましたが、それでもフレーム込みで7000円ちょい。
5年使うとして、1年1400円。
素晴らしいコスト・パフォーマンスです。

その後はOPA行ったり、LOFT行ったりぶらぶら。

やっぱりOPAの中にはろくな店ないなぁ。

タワレコではDVDやサントラを物色。

とりあえず何も買わずに我慢しましたけど、ここらへんは近々買いそう。
「スタンド・バイ・ミー」は言わずもがなの大傑作だし当然。
こちらも傑作「ワイルドシングス」は別にエロくなくても良いんですが、要はディレクターズ・カット版なので欲しいところ。
「ナイトメア~」のサントラは、2枚目にMarilyn MansonやFiona Appleのカヴァーも収録してるし、更にフィギュア付の初回限定盤。

スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション
ワイルドシングス エロティック・バージョン
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス・スペシャル・エディション・オリジナル・サウンドトラック(初回限定盤)


それから久々にSTAGE行ってシンバルを物色。
ローンもなくなった事だし、六合の復活ライヴに向け、数年振りにシンバルを増やそうかなと考えてます。
ベルとスプラッシュの中間くらいの温かみのあるサウンドが欲しいんですよねぇ。
親切な店員さんに色々調べてもらったんですが、どうやら現行モデルではそういう感じのものはなさそう…。
ただ、あったとしても注文品は試奏出来ないしなぁ。
関西に全種類揃えてて試奏OKなところないんかな。

これといったものがなかったので、知る人ぞ知るコイズミへ。
店のおばちゃん、兄ちゃんにも相談し、一緒に店内の金物を散々叩きまくり、鳴らしまくった末、「京鈸」という楽器を購入。
穴が小さくてシンバル・スタンドに入らなさそうなんですが、ヤスリで削るか、吊り下げるかします。
次のスタジオで試してみて良い感じだったらあと何枚か買おうかな。
タイかどっかの銅鑼も良い倍音出してました。
月曜のスタジオで試すのが楽しみ。


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. YK says:

    眼鏡レンズ込みで7000円とは!
    息子の眼鏡、次回買い換える時に行ってみようかな。。。
    息子は遠視なので、レンズはちょっと高いものでないとコント中の加藤茶(=牛乳ビンの底) OR ケント・デリカットになってしまうのです・・・
    高い眼鏡を壊して学校から帰ってきた日にゃ~般若と化してしまいます。

    コイズミ、ワタクシも好きです。その並びの歩というエスニック屋さんも大好きです。(笑)

    「ワイルドシングス」の終わり方はよかったですね。ケヴィン・ベーコンが好きで観た映画ですが、ケヴィンよりも女の子たちのほうが印象に残ってます。

  2. さも says:

    コイズミ、竿モンはブリッジの接着はがれかけててもそのまま気づかず売ったりしてるので、楽器わかってない人が行くには要注意やで~(笑)

  3. sin says:

    >YKさん
    安いでしょ(笑)
    でもレンズ薄くすると結局2万くらいになります。
    ちなみに四条寺町にあるalook(確か)というメガネ屋さんです。
    コイズミの並びにあるエスニックなお店は僕もよく行きます~
    「ワイルドシングス」は好きな映画の一つですね。
    ケビン・ベーコンとネーヴ・キャンベルが好きな俳優ってのもありますが、ミステリーとして脚本の出来が秀逸です。

    >さもさん
    そういうのは買わないので大丈夫です。

  4. 皇帝 says:

    7000円はやすいなぁ~。いいなぁ~。
    わたしの場合、近視も乱視もかなりきつく、普通のレンズでは、たいへなことになってしまうので、レンズにはコストかかりますねぇ。
    コイズミは笛を買ったりするけど、笛は調律できないので、普通の楽器とあわせるのは難しいかな、と思います。一度、エスニック楽器でアコースティックセッションとかやってみたらおもしろいかも。

  5. ひるるん(リトライ) says:

    これは・・・中国の手持ち式シンバルでしょうか?
    同じ材質でも、「民族楽器」と呼ばれるものは、
    ワタクシには、「独特の音」に聞こえるのですが、
    六合の音にとりこまれる”かも”しれないのですね・・・タノシミ{キラリ}タノシミ
    「京鈸」・・・読み方がわかりませぬ~(汗)

  6. ひるるん(リトライ) says:

    きゃぁぁっΣ(゚Д゚) 「京○」・・・コード化けしてしまいました・・・orz
    申し訳ありません~``m( _ _ )m´´        カサネ(- -;)ガサネ

  7. sin says:

    >皇帝陛下
    しかも全部決定してから30分程度で作ってくれるというお手軽さ!
    サブメガネ作る時なんかは良いと思いますよ♪
    笛とか音程の割とハッキリした楽器は扱いが難しいですよね。
    僕は専ら打楽器ばかりなのであまり苦労はしてません(笑)
    民族楽器適当セッションしましょう。

    >ひるるんさん
    無事投稿出来て何よりです(笑)
    そうです、これは中国のシンバルですね。
    読み方は知らないんですが、日本語読みだと「きょうばち」かな?
    実は「幽遠」にも幾つか民族楽器使ってるんですよ~

  8. mei says:

    おお、京?が取り入れられるんですね~?
    耳慣れたあの音がどう料理されるのか楽しみです♪
    ちなみに読みは「ジンボォ(jingbo)」ですー。

  9. sin says:

    おぉ!流石ですね!
    「ジンボォ」ですか。
    シンバル同士をぶつける正しい使い方ではなく、スティックで叩くので音の印象はだいぶ違ってると思いますよ♪
    お楽しみに!

コメントの受付は終了しました。