ヴェノム 毒蛇男の恐怖

ブードゥーの伝統が色濃く残る田舎を舞台に、悪霊に憑かれた男が”毒蛇男”となって、街の人々を惨殺していく惨劇の物語を描いたパニック・ホラー。
出演は「グラスハウス」「完全犯罪クラブ」のアグネス・ブルックナー、「インソムニア」「ダンシング・ハバナ」のジョナサン・ジャクソン、「ロード・オブ・ドッグタウン」のローラ・ラムジー、「ユー・ガット・サーブド」「ロール・バウンス」のミーガン・グッド、「あの頃ペニー・レインと」「ドア・イン・ザ・フロア」のビジョウ・フィリップス、「BELLY 血の銃弾」「終わりで始まりの4日間」のメソッド・マンなど。
監督は「ラストサマー」「D-TOX」のジム・ギレスピー。

「ラストサマー」のジム・ギレスピー監督と、「スクリーム」のクリエイターたちによる、戦慄のパニック・ホラー!

という帯タタキにつられ、騙されるだろうなと思いながらも手を伸ばしてしまうのがホラー・ファンの性(笑)
まぁ予想通りベタベタな展開のティーン向けスラッシャー・ムービーでした。
ただ、映像にチープさは皆無で、クライマックスの対決あたりはなかなか見応えあり。
濃い霧の漂う沼地を舞台にしてるのも作品に不気味な空気を醸し出していて良かったです。

しかし、毒蛇男になってしまった町の嫌われ者が実は父親だったという事が発覚した登場人物の1人がアッサリと殺されてしまうのは意味不明。
その伏線を張ったなら何かしら展開させないと流石にダメでしょう。

ちょっとした時間潰しには良いかも知れません。


Similar Posts