ザ・ビースト/巨大イカの大逆襲

「ジョーズ」で知られるピーター・ベンチリーの原作を映像化したモンスター・パニック。
主演は「悪魔の恋人」「CSI:科学捜査班」のウィリアム・ピーターセン。
共演に「ダークマン」「パラノイア」のラリー・ドレイク、「イヴの秘かな憂鬱」「アトランティック・マネー」のカレン・サイラス、「アンタッチャブル」「ディープ・インパクト」のチャールズ・マーティン・スミス、「エッジ・オブ・イノセンス」「踊るマハラジャ★NYへ行く」のロナルド・ガットマンなど。
監督は「バニシング・エアー」「アウトブレイク2000」のジェフ・ブレックナー。

これも「スペース・バンパイア」と同じく、日曜洋画劇場か木曜洋画劇場かで見た事があった作品。
この作品本当にタイトルそのまんまの作品です(笑)
そのインパクトが大きすぎて、デカいイカが出てくるという以外殆ど覚えていなかったんですが、今回初めて真剣に見たらこれが意外や意外、なかなか面白いじゃないですか。

まぁどう贔屓目に見てもB級モンスター・パニック以上の作品ではないのですが、イカが無駄にデカい、そして臭い(笑)という設定だけでB級好きは最後まで楽しめます。
海岸沿いに作られた巨大プールに捕獲された子供イカ(それでもデカい)を母親イカ(超巨大!)が助けに来るシーンなんて、モンスター・パニック史上に残る名シーンですよ。
あの泳ぐ気が全く感じられないイカの漂い具合が堪りません。

そして、驚いたことにこの作品の主役を演じているのがウィリアム・ピーターセン!

そう、「CSI:科学捜査班」のギル・グリッソム主任ですよ。
今回発覚したこの事実に、もう大興奮。
あと「アンタッチャブル」でオスカー役を演じたチャールズ・マーティン・スミスも出てるし、個人的には結構豪華キャストでした。

モンスター・パニック好き必見の作品です。


Similar Posts