分刻みのTuesday

何か90年代J-POPの歌詞で出てきそうなタイトルですが…(苦笑)

今日は講習2日目。
今はまだパソコン概論なので、既に知ってる知識が大部分なんですが、それでもやはり独学ではなく、しっかりと人から教えてもらうのは違いますね。
1時間毎くらいに毎回15分程度の休憩が入るので、イスに座り続けるのもそんなに苦じゃありません。
ただ、昼食をとった後の午後の授業の眠さはかなりのもの(笑)
今後はこれをどうクリアしていくかが勝利の鍵となることでしょう。

で、この講習は毎日9時半から16時半までなんですが、今日火曜日は塾がある日なんです。

17時から…。

烏丸御池で16時半に講習を終えて、どうやって17時までに桂駅から徒歩20分の場所まで行くのか?

塾の時間をずらすとか、担当を替えてもらうとかも考えたんですが、担当の生徒の親御さんが色々とうるさい人で、ちょっとそれは無理っぽい。

ならば、原付で講習会場まで行くか。
それも、警察の取り締まりが厳しくて駐禁きられそう。
電車で家に一度帰っていては15分以上遅れる事は確実。

そこで、昨日寝る前にネットの時刻表と睨めっこして、まさに一筋の光明、唯一間に合う経路を見つけ出しました。

その為に必要なのは桂駅まで原付で行き、東口の駐輪場に原付を預け登校する事。

これは余裕。

問題は帰りです。



16:30 講習終了

16:32 烏丸御池駅発の地下鉄に乗車

16:34 四条駅着

16:37 烏丸駅発の阪急に乗車

16:46 桂駅着

16:51 駐輪場到着

17:00 塾到着

講習終了が少しでも遅れたら、当番の受講生の挨拶がのんびりしてたら、はたまた教室の時計が遅れていたら、もう間に合いません。
しかも、昨日の今日でぶっつけ本番…。

果たして、何と全くこのタイム・テーブル通りに塾に間に合ったのです!

この達成感は一体何でしょう?

お陰で今日はいつもよりも生徒に甘くなってしまいました。

しかし、いくら素晴らしい達成感を味わえるとはいえ、毎週これを続けると考えると流石にかなり気が滅入ります…。

まぁそんな滅入った気分は、毎日昼休みに通ってるヴィレッジ・ヴァンガードで幾分癒されるんですけどね(笑)
近所の本屋には絶対並んでいない無節操極まりない「面白ければ何でも良いじゃん」的品揃えは、本のタイトルを眺めているだけでも十分楽しめます。
アート関係の本も割と扱ってるし。
そんなわけで、今日も2冊買っちゃいました。

ゴシック・テイスト―“暗黒世界”への扉
黒のトリビア


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. にこ says:

    「面白ければなんでも良いじゃん」最近趣味がまさにソレやわ(笑)
    う~ん・・どっちの本も面白そう・・・。

  2. のり says:

    僕も数年前に烏丸通りを五条から北大路まで、信号を全部青で通る時間とスピードを割り出しマシタ…(/||| ̄▽)/
     
    なんとチャリで15分━(゚∀゚)━( ゚∀)が、しんどいのでたまにしかしませんwww

  3. sin says:

    >にこさん
    どっちも好きそうやもんね(笑)
    でも、「黒のトリビア」はそんなに面白くなかったなぁ。
    30分くらいで読めてしまうし、そんなに新しい知識もなかった(苦笑)

    >のりやすくん
    おぉ、それも凄いな。
    信号は確か法定速度基準に作られてるから、ちゃんと法定速度守ってる方が青が続く確立高かったと思う。

コメントの受付は終了しました。