Terry Bozzio LIVE@BIG CAT

行ってきました、

Terry Bozzio18年ぶりの来日公演!

※特にネタバレはありませんが、完全にミーハーなファンと化していましたので過度に興奮したレポになっている事をご了承下さい。

もう最高としか言いようがありません。
本当に素晴らしい時間でした。
だってドラムを始めた頃から今まで(そして間違いなくこれからも)ずっと憧れ続けてきた生Terry Bozzioが目の前にいるんですから!
休憩を挟んでの2時間半、一瞬たりとも見逃すまいと凝視し続けてましたよ(笑)

夢にまで見たTerry Bozzioの生演奏は、これまでCDやビデオで感じていたよりも遥かにパワフル(ほんとに56歳?)で繊細、そしてエモーショナル。
正確なスティッキング、驚異的なダイナミクスの振り幅の広さ、その一打一打の説得力が桁違いでした。
フィンガー・ティッキングを殆ど使わず、手首の返しと身体の重心のかけ方であれだけの粒立ちとダイナミクスとグルーヴを出してるんだもんなぁ…。
フットワークはやはりヒール・ダウンで、オープンとクローズを頻繁に使い分けていましたね。
足首だけであの速さはちょっと無いですね(汗)

今回はフルセットではなく、バスドラとチャイナハイハットを減らした縮小セットでしたが、それでも十分過ぎるほど要塞(笑)
そこに複数のゴングやグロッケン、各種民俗打楽器も新たに組み込まれていたので、もうドラムセットを見てるだけで幸せでしたね。
あれだけで御飯何杯でもいけちゃいます。
最近僕が着々と(細々とか)組み上げていってるセットの方向性とかなり近かったですね。
心配してた音の方は、PAで本当に最低限必要な部分を足す程度の適度な音量で、ドラムの音もほぼ素のまま。
すぐにそれと分かる、唯一無二の”あの”音でした。
やっぱりdwは良いですねぇ。

演奏した曲は予想通りBPM~OUT TRIOのものが殆どでしたが、ライヴという事もあってCDよりも数倍激しい難解なキメとインプロヴィゼーションの嵐。
ソロ回しでTerry Bozzioがトレード・マークであるチャイナとスネアの連打や、高速タム回しをする度に会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こってました。
「”Black Page”やってくれないかなぁ」と思ってたら、アンコールでAlex”スペアのギターは持ってきてないよ”Machacekと少しだけやってくれましたね、ネタ的に(笑)
しかも曲中と締めの2回も。
全部やって欲しかったけどあれだけでも十分です。

終演後にはグッズを買った人限定でサイン会も開かれ、遂に本人とご対面。
あの瞬間の緊張といったらもう…。
話したい事は山ほどあったのに、自分がドラマーである事とバンドのCDを渡すだけで精一杯でした(汗)
あ、会場で一緒になった陰陽師@やっさんにちゃっかり写真は撮ってもらいましたけど(笑)

あぁ週末のライヴさえなければ東京まで追い掛けるのに。
ついでにそのままアメリカまで連れて帰って欲しい。
何でもします。

とにかく、今からでも遅くはない!
迷ってる人は絶対に観に行くべきです!

書き忘れ…、

チケット代2万だとしても安い。


Similar Posts

コメント

  1. マット says:

    僕も今日ボトムラインに行ってきます。ぼじおくんのレポ読んだら早く夕方にならないかなぁと今から思っております。今日はフレックスを使って16時には会社を去る予定です。BPM~OUT TRIOを全く聴いていないのですが、きっと楽しめますよね?僕はテリーボジオをUKの時から注目しており、またザッパのシークヤブーティーも好きな作品だったりします。

  2. 念願かなってよかったね。

    Bozzio と ぼじおが一枚の写真に写ってるし(笑)
    文章にうれしさがにじみ出てますぞ。

  3. sin says:

    >マットさん
    ほんとに凄い演奏でしたよ。
    あれはドラマーじゃなくても容易に分かる凄さですね。
    楽しんできて下さい!

    >はじめちゃん
    夢がひとつ叶いました。
    あとはRUSHですね(笑)
    てりいさんも来てたんで、3人で撮れればネタとして最高だったでしょうね(笑)

  4. gori says:

    はじめまして。
    自分も下手糞ながらドラムをやっております。
    昨日のライブいってまいりました。
    興奮の伝わるレポートありがとうございます。
    楽しく読ませていただきました。
    チケット代7000円は、安いですねww

  5. monoji says:

    明日オイラも行くよ~
    超楽しみ♪

  6. Tomo says:

    こんちは!
    今日の名古屋公演行ってきます!
    今日は午後から会社を休んで、臨戦態勢で構えています。
    気がかりが、今回のアルバム全く知らないことなんです。
    僕にとって、伝説のドラマーのプレーを目の前で見れるだけで、
    十分です。

  7. sin says:

    >goriさん
    はじめまして~
    昨日はほんと凄いものを見てしまいましたね(笑)
    あれで7000円ちょっとは絶対安すぎます。
    また遊びに来て下さいね。

    >monojiさん
    おぉ!観に行かれるんですね!
    流石変拍子好き(笑)
    期待しまくっても大丈夫ですよ♪

    >Tomoくん
    うぅ、名古屋も行きたい(泣)
    でも今日はスタジオもあるし、夜行バスで栃木行かないとあかんしね…。
    曲知って無くても全然問題なく楽しめると思うよ。
    また感想聞かせてね!

  8. ジョージ says:

    ずっと前から思てたが、ボジオと君は姿・顔つき似てるな。
    知的ドラマー顔というか。志向が近いと似てくるのか。素敵だ。

    夢がかなってよかったの!!
    平日でなければ俺も行きたかったぜ。

  9. てりい says:

    よかったよね~、ぼじおくん!
    ”UK以来、お会いするのは2回目です”って言ったら、”Oh!Rearly?”って言ってくれて、思ってたよりゴツイ手で握手してくれました。
    天地がヒックリカエルくらいの衝撃のUKライヴから早や28年も経ってしまったんやなあ。あのときTERRYは28やったんかあ。
    翌日が仕事でなかったら、本物TERRY BOZZIOと、てりい・ぼじおで写真におさまりたかった(泣)
    でも、もう一度生でTERRYが見られて、本当によかった!
    それにしてもセットがキレイに撮れたねえ。

  10. テリー・ボジオを見た

    ボトムラインに行ってきました。 テリーボジオと書いてあるかと思っていたら違いました。 今日は会社を16時でフレックスで帰る予定が、帰る支度を始めた16時に営業課長から電話が入り、結局16時半に職場を離れました。 ヤン・アッカーマンの時に知り合ったY…

  11. マット says:

    名古屋は休憩なしで、一気に2時間以上でした。
    ギタリストさんに目がいきつつも、ついついドラムを見てしまいました。
    せっかくドラム見るなら2階席から見たほうが良かったかな?と思いました。

    トラバさせていただきました。

  12. sin says:

    >ジョージくん
    自分ではよく分からんけど、そう言われるのは嬉しいな♪
    次回来日は絶対行った方が良いで!

    >てりいさん
    ほんと良かったですよねぇ。
    ずっと聴いていたかったです。
    またTerry Bozzio談義しましょうね。
    写真はやっさん撮影で~す(感謝)

    >マットさん
    2階からだとシンバルに隠れて見難かったかも知れませんよ?
    あの演奏はパートが違っても、楽器をやってなくても分かる凄さですよね…。

  13. マット says:

    ああ、なるほど。普通のドラムセットと違ってシンバルが上の方からいっぱいぶら下がっていましたものねぇ。ワタクシ、ドラム素人なので、弊ブログに演奏内容について気の利いたレポができなかったのが情けなく残念です。演奏が素晴らしかっただけに。

  14. sin says:

    そうなんですよ、Terry Bozzioのドラムセットはかなり高い位置にシンバルを配置しているので、上からだと恐らく顔とか見えないですね。
    あれで真上からや、足元からのカメラがあってスクリーンに映してたら更に良かったと思います。

  15. how says:

    興味ある方は、、、、詳細はメールにて。

    OUT TRIO
    Dr: Terry Bozzio
    G : Alex Machacek
    B : Doug Lunn

    Date : January 28, 2007 (Sun)
    Venue: STB139
    City : Tokyo, Japan

    2CD-Great audience recording!!

    howhenjp@yahoo.co.jp

コメントの受付は終了しました。